このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

令和2年度 親子ふれあい工房

更新日:2021年2月8日

第1回親子ふれあい工房は新型コロナウイルス感染症予防のため、開催中止となりました。

第2回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年7月11日(土曜)「夏のリースづくり」

講師:「わくわく玉手箱」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室

令和2年度第2回目の今回は、夏をイメージしたリースを親子で作りました。新聞紙を巻いて作った枠組みに、夏ならではの飾りつけをしていきます。リボンやうきわなども自分でつくり、貝にはマニキュアで色を塗りました。参加者の感想には、「楽しかったです。色をぬったり、場所を考えてはったりするのがよかったです。(小1)」、「ひまわりや、かいがらのリースを作って夏につくれるとは、はじめてです。なので冬のリースも作ってみたいなと思いました。(小3)」、「子どもが女の子だったので、カワイイ!!物がいっぱいでとっても楽しそうでした。ありがとうございました。(小1親)」、「子どもと楽しめてよかったです。グルーガンを使った事がなかったので、そちらも楽しめました。(小1親)」と嬉しい感想もありました。完成したリースは、リボンがゆらゆらと揺れ、夏にぴったりの、爽やかな作品となりました。ぜひお家でも、ご家族で工作してみてくださいね。

第3回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年8月9日(日曜)「手焼きせんべいを焼いてみよう」

講師:「豊川市社会教育リーダー」の皆さん / 会場:音羽運動公園 バーベキュー場
第3回目の今回は、音羽運動公園バーベキュー場でせんべいの手焼き体験を行いました。まずは、せんべいの生地を火にかけ、じっくり温めていきます。すると数分で生地が膨らみだし、香ばしい匂いが。好みの焼き色になったら、仕上げをしていきます。スプレーや刷毛を使って、醤油や塩をせんべいに塗ったら完成。出来立てのせんべいはアツアツで、普段とは違う味わいを感じることができました。おまけで子どもたちはマシュマロも焼いていました。参加者の感想には「ぷくぷくしてふくらんできた。やきたてでおいしかった。(小1)」、「あつかったけど、たのしかった。せんべいとマシュマロおいしかった。らい年も、やりたい。(小2)」、「初めて自分で焼いたおせんべいを食べましたが、香ばしくてとてもおいしかったです。(小1親)」、「子どものせんべいを焼く姿をみてとっても笑顔で楽しそうに焼いていたので参加してよかった。(小1親)」とありました。ご家族でまた挑戦してみてくださいね。

第4回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年8月29日(土曜)「理科・科学教室~作って発見!「すごい!」「なんで?」ワクワクものづくり~」

講師:「豊川市小中学校理科サークル」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第4回目の今回は、豊川市内の小中学校の理科の先生方を講師にお呼びし、理科・科学教室を開催しました。今回は歯ブラシで葉肉をとり、透き通った葉っぱに食紅やインクで色を付けた「葉脈標本のしおり」、穴をあけたペットボトルキャップにガラスビーズを詰めて作る「ペットボトル顕微鏡」、蛍光塗料を入れた色水に、洗濯のりとホウ砂水溶液を混ぜて作る「光るスライム」を作りました。参加した子どもの感想には、「ペットボトルをのぞいたら玉ねぎの皮がキラキラしていてすごかった。(小1)」、「スライムのかきまぜることができてうれしかった。えきたいがぷるんぷるんになるのがたのしかった。(小1)」、保護者の感想には、「色々、勉強になるものが、身近なもので子供の興味が出る様に教えてもらえて良かったです。先生も沢山来ていただいて声をかけてもらいやすく、ありがたかったです。(小3親)」、「子どもが少しがんばればできる、ちょうどいいレベルで良かった。玉ネギの細胞がはっきり見られてびっくり!!(小2親)」とありました。身近なモノを使った実験も楽しいですね。ぜひご家族でまた挑戦してみてください。

第5回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年10月4日(日曜)「カラー紙を使ったローズウィンドウづくり」

講師:ローズウィンドウ作家 前田先生 / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第5回目の今回は、「ローズウィンドウ」を作りました。好きな模様と色を2色選んだら工作スタート。写した模様に沿って紙を切り抜いたり、ずれないように色紙を台紙にのり付けしたりなど、難しい工程がいくつかありましたが、親子で協力しながら作り上げていく様子が印象的でした。参加した子どもの感想には、「かんせいしたら、すごくきれいだった。ジャコランタンをむらさきにしてもきれいでした。(小3)」、「とてもたのしくてむちゅうになった。またいえでつくってみたい。(小1)」、保護者の感想には、「細かい作業もありましたが、集中してがんばってとりくんでいました。かわいいハートもようのローズウィンドウができて子どももよろこんでいてよかったです。(小1親)」、「久し振りの“ふれあい工房”でした。学年が進むにつれて、低学年ほど工作に時間を共有することが少なくなっていたので、子どもの成長も感じる良い機会でした。(小3親)」とありました。次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています。

第6回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年10月24日(土曜)「親子で楽しむ・かんたんパステルアート」

講師:パステルアート講師 浦野先生 / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第6回目の親子ふれあい工房は、「パステルアート教室」が開催されました。好きな色のパステルをカッターで削り、紙の上でこすると、普段のお絵かきとは一味違う、淡い色合いに。消しゴムや綿棒でグラデーションや細かい部分も描くことができました。お絵かきが苦手な大人も子どもも、とてもきれいな作品が完成。参加した子どもの感想には、「はじめてだったけど、上手にできてうれしかった。(小3)、「つくってみたらかんたんにできてたのしかったです。(小2)」保護者の感想には、「絵はセンスだと思っていたけど、これならセンスがなくても楽しくできる。お家でもやりたいなと思います。(小3親)」、「集中している間に、あっという間に終わってしまいました。楽しすぎて自宅でもやってみたいと思います。(小1親)」とありました。パステルアートは見ているだけでも癒されそうですね。次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています。

第7回親子ふれあい工房を開催しました

令和2年12月12日(土曜)「たこづくりとたこあげ」

講師:たこづくり講師 杉浦先生 / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室、諏訪公園
第7回目の今回は、和紙と竹ひごを使ってこれから迎えるお正月にぴったりなたこを作りました。まずは、子どもたちが事前に考えてきた、自分の好きな絵を和紙に描いていきます。その後の竹ひごの貼り付けや糸の取り付けは、苦戦しながらも、親子で協力して作成する様子がたくさん見られました。完成後には、たこあげ日和の空の下、諏訪公園でたこあげをしました。参加した子どもの感想には、「竹をボンドではりつけるところがおもしろかった。(小1)」、「糸のつけ方がむずかしかったけど、楽しかったです。(小3)」、保護者の感想には、「丁寧に教えていただけたので、不器用ママでも完成しました。うれしい!(小2親)」、「ものをつくることはたのしいので、それを親子で交流を取りながらできた。すてきな時間だった。(小3親)」とありました。外でたくさん遊んでね。次回もたくさんの方のご参加をお待ちしています。

第8回親子ふれあい工房を開催しました

令和3年2月7日(日曜)「室内で遊べる!親子対抗コリントゲームをつくろう」

講師:「おもちゃコンサルタント」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第8回目の今回は、室内で遊べるピンボールゲームとして「コリントゲーム」を作りました。釘を初めて打つ子どもも多くいましたが、親子で協力して安全に取り組むことができました。参加した子どもの感想には、「楽しかった。くぎをはじめてうったので練習できたからうれしかった。(小3)」、「ハンマーは初めてだからきんちょうしたけどやってみたらなれてたのしかった。(小1)」、参加した保護者の感想には、「親子で対戦できるおもちゃの製作で「つくること」「あそぶこと」の良さがありました。(小2親)」、「一緒に手作りのゲームをつくることができてよかったです。自分たちで作ったっていうのがうれしいですね。(小2親)」とありました。お家でもたくさん遊んでくださいね。次回もたくさんの参加をお待ちしています。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
所在地:441-0292
豊川市赤坂町松本250番地
電話:0533-88-8035 ファックス:0533-88-8038

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る