このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

平成29年度 親子ふれあい工房

更新日:2017年10月11日

第1回目 親子ふれあい工房を開催しました

平成29年6月25日(日曜) 「夏向きのちいさな金魚のモビール作り」

講師:「わくわく玉手箱」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
平成29年度第1回目の今回は、金魚のモビールを親子で作りました。発泡スチロールと厚紙を使い立体的な金魚を作り、ハンガーを輪にした枠に、完成した金魚をつるしました。親子で作業を分担しながら楽しく作ることができたようで、参加した子どもの感想には、「たいへんだったけどできたときは「やったー」と思いました(小2)」、「すごくおもしろくてすごいそうぞうりょくがふくらみました。(小1)」と嬉しい感想もありました。完成したモビールは、風が吹くと金魚が泳いでいるようにゆらゆらと揺れ、夏にぴったりの、涼しげな作品となりました。また今回は七夕が近いということで、わくわく玉手箱の皆さんから、笹と折り紙で作った七夕飾りのプレゼントがありました。ぜひお家でも、ご家族で工作してみてくださいね。

第2回目 親子ふれあい工房を開催しました

平成29年7月15日(土曜) 「段ボールで立体ビー玉迷路を作ろう!」

講師:「にじいろ図工室」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第2回目の今回は、段ボールを使って2階建ての立体ビー玉迷路を作りました。箱を組み立てたり、飾りつけをしたりと様々な工程がありましたが、中でも一番盛り上がったのが、迷路のコース作り!親子で沢山アイデアを出し合い、お父さんも、お母さんも、お子さんも笑顔の、楽しい工作の時間となりました。参加者の感想には、「カッターを使うのが難しかったです。組み立てて、迷路の形になって、すごいなと思いました。(小3)」、「夢中になって一生懸命やっている姿を見て微笑ましかったです。いい経験になりました。(小1親)」とありました。手作りのゲームも良いものですね。夏休み、親子で工作する楽しさを、ぜひ味わってみてください。

第3回目 親子ふれあい工房を開催しました

平成29年8月5日(土曜) 「火おこし器を作って、自分で火を起こしてみよう!」

講師:「豊川市社会教育リーダー」の皆さん / 会場:音羽運動公園 デイキャンプ場
第3回目の今回は、木材とロープを使い、火おこし器を作りました。まず始めに、今回作る火おこし器と同じもので、先生が火を起こす様子を見ました。1、2分もしないうちに、火おこし器の先から白い煙があがり、参加者からは興奮の混じった歓声が!製作へのやる気が出たところで、親子で火おこし器の組み立て作業に入りました。紙やすりで木材を削りながら組み立て、次に火おこしの練習をしました。今回は「舞ギリ式」で火を起こすのですが、コツと体力が必要とのことで、お子さんも親御さんも、皆夢中で火おこしに挑戦していました。また、火おこし器で起こした火と新聞紙で作った薪を使い、空き缶炊飯にも挑戦しました。参加者の感想には「火をつけるのは、とてもむずかしいことがわかりました。(小3)」、「ごはんがとてもおいしくて、とても楽しい日になりました(小2親)」とありました。ご家族でまた挑戦してみてくださいね。

第4回 親子ふれあい工房を開催しました

平成29年8月27日(日曜) 「理科・科学教室」

講師:「豊川市小中学校理科サークル」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第4回目の今回は、豊川市内の小中学校の理科の先生方を講師にお呼びし、理科・科学教室を開催しました。作品は、自分の書いた絵がカタカタと動く、輪ゴムを巻いた電池と紙コップを使った「輪ゴムで動くおもちゃ」、磁石の異なる極の反発を利用し、カエルのイラスト等がピョンピョンと跳ぶ「磁石を使ったおもちゃ」、アルミホイルを巻き付けたプラスチックコップに静電気をためて、電気のビリビリを感じる「ライデンビン」を作りました。参加した子どもの感想には、「楽しかった。わごむのあそびが楽しかった。でんきはドキドキした。(小2)」、「もっとかんたんな、でんきのためかたないのかな(小2)」、保護者の感想には、「理科の実験は楽しいですね。また参加したいです。(小3親)」、「親子で楽しく工作できました。少しでも理科好きになってくれたら嬉しいです。(小2親)」とありました。身近なモノを使った実験も楽しいですね。ぜひご家族でまた挑戦してみてください。

第5回目 親子ふれあい工房を開催しました

平成29年10月8日(日曜) 「磁石で回るお寿司おもちゃを作ろう!」

講師:「愛知教育大学生」の皆さん / 会場:プリオ生涯学習会館 工作室
第5回目の今回は、愛知教育大学の学生さんを講師にお招きし、磁石でくるくる回るお寿司おもちゃを親子で作りました。まず始めに、お寿司をのせる土台作りに挑戦しました。材料はCDやスピンドルケース(CD容器)、画用紙、磁石やスポンジなどで、身近なもので組み立てました。瞬間接着剤を使う場面では、親子でドキドキ緊張しましたが、お父さん・お母さんの力を借り、無事皆さん土台を作り上げることができました。次にお寿司作りですが、シャリには紙粘土を、ネタにはフェルトを使用し、各々マグロやサーモン、たまごやイクラなど好きなお寿司を作りました。完成したお寿司のおもちゃは、土台を回すと磁石のS極同士が反発し合い、上にのったお寿司が逆回転をする、とても動きのあるものになりました。参加者の感想には、「さいしょ見てとてもむずかしそうだったけどそれを自分でつくれたのでうれしかったし楽しかったです。(小3)」、「親子共々とても楽しく工作を作ることができました。特にどんなお寿司を作るか子供と考えるのが楽しかったです。(小2親)」とありました。次回の親子ふれあい工房も多くのご参加をお待ちしています。

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
住所:豊川市赤坂町松本250番地
電話:0533-88-8035 ファックス:0533-88-8038

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る