このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

私立幼稚園就園奨励費について

更新日:2018年7月31日

私立幼稚園就園奨励費

 豊川市では、お子さんを私立幼稚園に就園させている保護者の経済的負担を軽減するため、「私立幼稚園就園奨励費補助金」を交付しています。

対象

  • 豊川市に住民票があること
  • 下記(1)または(2)の減免限度額表に適応する世帯及び(3)や(4)に該当する場合

平成30年度補助金の額

  • 住宅借入金等特別控除等適用前の所得割額で判定します。
  • 途中入退園や休園により、授業料が在園期間に応じて支払われている場合の補助金額は、次の算式により減額して適用します。

(1)今年度入園料を負担している場合
  【 減免限度額 ×(授業料の支払い月数+3)÷ 15 (百円未満を四捨五入) 】
(2)今年度入園料を負担していない場合
 【 減免限度額 ×授業料の支払い月数÷ 12 (百円未満を四捨五入) 】

  • 下記の表の区分に複数該当する園児を有する場合は、該当する世帯全体の授業料等の総負担額を比較し、保護者の負担が低い方の条件を適用します。ただし、同世帯での両条件の組み合わせはできないものとします。
  • 補助対象経費(入園料及び授業料)が減免限度額を下回る場合は、補助対象経費を補助額とします。

(1)減免限度額表

平成30年度
市町村民税課税額等区分
(注釈1)

出生順位(備考1)
第1子 第2子 第3子




生活保護世帯

308,000円

308,000円 308,000円




市町村民税所得割課税額非課税世帯

272,000円

308,000円

308,000円




市町村民税所得割課税額非課税世帯

272,000円

308,000円

308,000円




市町村民税所得割の額が77,100円以下の世帯

187,200円

247,000円 308,000円




市町村民税所得割の額が77,100円を超え、211,200円以下の世帯

62,200円 185,000円 308,000円




市町村民税所得割の額が211,200円を超える世帯

0円

154,000円 308,000円

注釈1:市町村民税課税額等の区分

 父母の課税額の合計で判定します。ただし、父母以外に家計の主宰者がいる場合は、その方の所得割課税額も合算して判定します。

備考1:出生順位の算定方法について

  • 第1、第2、第3、第4階層世帯:姉または兄の多子計算の算定対象に年齢制限はありません。(ただし、「生計を一にする(注釈2)」方に限ります。)
  • 第5、第6階層世帯:小学校1から3年生までの姉または兄及び「幼稚園等(注釈3)」に在園している姉または兄のみ多子計算の算定対象となります。

注釈2:生計を一にする

 同居している場合や生活費、学資金、療養費等の送金が常に行われている場合等

注釈3:幼稚園等

 幼稚園の他に保育所、認定こども園、特別支援学校幼稚部、児童心理治療施設通所部に入所又は児童発達支援、医療型児童支援、特例保育、家庭的保育事業を利用している児童を含みます。

(2)「母子世帯、父子世帯及び在宅障がい児(者)のいる世帯等(注釈4)」の減免限度額表

平成30年度
市町村民税課税額等の区分

出生順位
第1子 第2子 第3子




市町村民税非課税世帯

308,000円

308,000円

308,000円




市町村民税所得割額非課税世帯

308,000円

308,000円

308,000円




市町村民税所得割の額が
77,100円以下の世帯

272,000円 308,000円 308,000円
  • 第1、第5、第6階層世帯:母子世帯、父子世帯及び在宅障がい児(者)のいる世帯等であっても、上記対象となりません。(1)の減免限度額表の減免限度額が適用されます。

注釈4:母子世帯、父子世帯及び在宅障がい児(者)のいる世帯等

  • 生活保護法に規定する要保護者
  • 母子及び父子並びに寡婦福祉法による配偶者のない方で現に児童を扶養している方(保護者と同一の世帯に属する方がこれに該当する場合を除きます。)
  • 身体障害者福祉法の規定により身体障害者手帳の交付を受けた方(在宅の方に限ります。)
  • 療育手帳制度要綱の規定により療育手帳の交付を受けた方(在宅の方に限ります。)
  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方(在宅の方に限ります。)
  • 特別児童扶養手当等の支給に関する法律に定める特別児童扶養手当の支給対象児童(在宅の方に限ります。)

(3)平成31年3月31日時点で18歳以下の姉または兄が2人以上いて、満3歳児保育(注釈5)を受けている場合

 平成30年度市町村民税課税額等の区分に関わらず、減免限度額308,000円となります。

注釈5:満3歳児保育

 平成30年4月1日時点で2歳のお子さんが、3歳の誕生日を迎えた日以降からその年度末までに幼稚園に入園し、保育を受けることです。

(4)当該年度に入園した園児の入園料相当額の上乗せ補助

 平成30年度に豊川市内の幼稚園に入園し、入園児に豊川市に住所を有している園児で、(1)または(2)の補助額表に定める減免限度額が補助対象経費(入園料及び保育料)を下回る場合は、入園料相当額として15,000円を限度に上乗せ補助します。
 なお、第6階層世帯第1子((1)の補助額表の補助額0円)の場合であっても、入園料相当額の上乗せ補助は適用されます。ただし、補助は一園児につき当該年度一度のみとなります。

手続き 

 在園する幼稚園を通じて「保育料等減免措置に関する調書」などの書類を配布します。以下のものを在園する幼稚園にご提出ください。

  • 保育料等減免措置に関する調書

 記入例をご参照の上、黒の油性ボールペンで記入してください。
 訂正は修正液等を使用せず、二重線を引いて訂正印を押してください。

  • 姉・兄の在園証明書又は受給者証

 他の幼稚園、保育所、認定こども園、特別支援学校幼稚部、児童心理治療施設通所部に通う姉または兄がいる場合や特例保育、家庭的保育事業を利用されている姉または兄がいる場合は在園証明書を、児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用されている姉または兄がいる場合には、各都道府県、市町村において交付される受給者証のコピーを提出してください。

  • 父母の平成30年度市民税県民税課税所得証明書

 平成30年1月1日時点で住民票が豊川市外にあった方は、平成30年1月1日に住民票のあった市町村で発行された証明書を提出してください。

市民税所得割課税額の確認方法

  • 市民税所得割課税額の内容についてのお問い合わせは直接豊川市役所の市民税課窓口までお願いします。

  市民税の内容について市民税課窓口以外ではお答えできませんのでご注意ください。

  • 本制度についてのお問い合わせは在園する幼稚園、又は豊川市役所保育課へお願いします。

参考

 証明・同意書について
 市民税課

その他

 減免の通知及び実施は在園する幼稚園より行われます。

  • 申請後に住民票を市外に異動される方は、速やかに幼稚園にご連絡ください。
  • 申請後に市町村民税課税額等に変更があった場合は、速やかに幼稚園にご連絡ください。
  • 市外幼稚園設置者様は豊川市役所保育課までお問い合わせください。

お問い合わせ

子ども健康部 保育課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2274 ファックス:0533-89-2269

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る