このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

犬を飼い始めたら、登録と狂犬病予防注射をしましょう

更新日:2019年3月25日

生後91日以上の犬は、生涯に1度の登録と、年1回の狂犬病予防注射を受けることが法律で定められています。
狂犬病は、狂犬病ウィルスが原因で発症する動物由来感染症で、人が発症するとほぼ100%死亡します。
狂犬病の発症が起きていないのは、日本をはじめ少数の地域だけで、世界では年間5万人以上の死者が出ています。
万が一、国内で狂犬病が発生した場合のためにも、流行を防ぐために犬の登録と狂犬病予防注射をしておくことは飼い主の社会的な責務です。

予防注射と登録は、下記の方法で実施できます。

市の実施する予防注射を受ける場合

市民館や公民館などで、市の実施する予防注射が受けられます。
予防注射の日程は、ホームページにてお知らせしております。

平成31年度狂犬病予防集合注射のお知らせ

既に登録済の方は、愛犬手帳と市から郵送された注射の案内ハガキをご持参ください。
新規に登録する場合、愛犬手帳と鑑札、注射済票を集合注射会場にて交付します。

料金

  • 登録済の犬:1頭につき3,400円(予防注射料金2,850円+注射済票交付手数料550円)
  • 新規登録の犬:1頭につき6,400円(登録手数料3,000円+予防注射料金2,850円+注射済票交付手数料550円)

動物病院で受ける場合

お近くの動物病院でも、随時、実施している場合があります。

犬の登録事項に変更があったとき

犬の登録事項に変更が生じた場合、あるいは飼い犬が亡くなった場合には、死亡・変更の届出が必要です。
届出の手続きは、環境課または各支所にて行うことが出来ます。

犬の所在地と飼い主の住所が変わったとき

登録事項変更届出書に変更事項を記載して、届出をしてください。

市外からの転入の場合は、転入前の鑑札を忘れずにお持ちください。
豊川市の鑑札と交換いたします。(無料)

市外に転出される場合は、転出先の市町村にて、登録事項変更の手続きを行ってください。
その際、豊川市の鑑札を忘れずにお持ちください。

犬の飼い主が変わったとき

新しい飼い主さんが、登録事項の変更を手続きしてください。

犬が亡くなったとき

鑑札を添えて、犬の死亡届を提出してください。

お問い合わせ

産業環境部 環境課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2141 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る