このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

第3次豊川市障害者福祉計画について

更新日:2016年4月1日

 本市では、平成8年3月に「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の理念を基本とする障害者施策の推進により、障害者の社会への「完全参加と平等」の実現を目指したまちづくりを進めるため、「豊川市障害者福祉計画」を策定しました。
 しかしながら、この間の我が国の人口構造の高齢化等と相まって、障害者や介護者の高齢化並びに障害の重度化・重複化といった問題の表面化が進むとともに、障害者を取り巻く社会状況・環境等についても、情報化や市民の価値観・ライフスタイルの多様化が進んできています。障害者自身の意識も変化し、地域における自立した生活や社会参加に対する意欲・志向性が、従来以上に高まってきています。
 こうした中、障害者を始めとする市民に最も身近な自治体として、市行政に求められる役割は今後ますます重要となっていくものと考えられます。
 そこで、このような状況を踏まえ、国や県の動向に注視しつつ、「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」さらには「ユニバーサルデザイン」の理念の下、障害のある人もない人も互いに尊重し合い、共に暮らしやすい地域づくりを目指して「第3次豊川市障害者福祉計画」を平成28年3月に策定しました。

豊川市における障害者施策のあゆみ

昭和56年の「国際障害者年」を契機に、公共施設の整備、しあわせを高める手当の充実、ガイドヘルパー派遣事業の実施等、障害者福祉施策を推進する。
平成5年10月には、「自分の健康は自分で守る」「ふれあい、おもいやり」を合い言葉に健康なまちづくり、福祉のまちづくりを目指す「健康福祉推進都市」を宣言する。
平成8年3月には、この趣旨に基づく「豊川市障害者福祉計画」を策定し、「ノーマライゼーション」と「リハビリテーション」の理念の下、障害者の社会への「完全参加と平等」という目標達成のための各種施策を展開する。
平成12年3月には、「豊川市障害者福祉計画」の基本的な考え方に基づき、平成17年度までの具体的な整備目標を示した「豊川市障害者福祉実施計画」を策定する。
平成18年3月には、「第2次豊川市障害者福祉計画」を策定する。
平成19年3月には、障害者自立支援法第88条に基づき、国の基本指針に即して障害福祉サービス、相談支援事業及び地域生活支援事業の提供体制の確保について数値目標等を定めた「第1期豊川市障害福祉計画」(計画期間:平成18年度~平成20年度)を策定する。
平成21年3月には、「第2期豊川市障害福祉計画」(計画期間:平成21年度~平成23年度)を策定する。
・平成24年3月には、「第2次豊川市障害者福祉計画」の中間見直しを行う。
・平成24年3月には、「第3期豊川市障害福祉計画」(計画期間:平成24年度~平成26年度)を策定する。
・平成27年3月には、「第4期豊川市障害福祉計画」(計画期間:平成27年度~平成29年度)を策定する。
・平成28年3月には、「第3次豊川市障害者福祉計画」(計画期間:平成28年度~平成32年度)を策定する。

計画期間

平成28~32年度を計画期間とする5年計画

基本理念

 障害のある人もない人も社会・経済・文化等の幅広い分野にわたってともに活動す
  ることが本来のあり方であるという「ノーマライゼーション」の理念。             
 障害のある人もない人も同じように暮らし、ライフステージのすべての段階において
  その人が持っている能力を最大限に発揮し、その自立と社会参加の促進を目指す
  「リハビリテーション」の理念。
・ 合理的理念にあたり、バリアフリー化などを通じ目指すべき理想とする、あらかじめ
  障害の有無、年齢、性別、人種等にかかわらず多様な人々が利用しやすいよう都
  市や生活環境をデザインする「ユニバーサルデザイン」の理念。

計画目標と分野別方針

 計画目標 「誰もが自立し、共に生き、社会参加しやすいまちづくり」
分野1【生活支援】  
 日常生活や社会生活を営むための支援の充実
分野2【保健・医療】 
 地域に根ざした保健・医療サービス提供体制の充実
分野3【保育・教育】 
 相互に人格と個性を尊重し合う教育体制の充実
分野4【生涯学習、文化・スポーツ等】  
 生きがいをもてるライフスタイルづくりの支援
分野5【雇用・就業、経済的自立支援】  
 自立と社会参加を促す就労の総合的な支援
分野6【生活環境】  
 暮らしやすい生活環境の整備を推進するための施策の充実
分野7【災害対策】  
 安全・安心な生活のための災害対策の充実
分野8【障害及び障害者理解の促進、差別の解消と権利擁護】  
 障害の有無により分け隔てられることのない社会の実現に向けた施策の充実
分野9【市民協働、地域ネットワーク】  
 市民協働と地域ぐるみによる地域福祉のための施策の充実
分野10【計画の進捗管理】 
 進捗状況の点検と管理を通じた施策の推進体制の整備

第3次豊川市障害者福祉計画

第2次豊川市障害者福祉計画(中間見直し)

第2次豊川市障害者福祉計画

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉部 福祉課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2131 ファックス:0533-89-2137

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る