このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

可燃ごみ(燃えるごみ)の出し方

更新日:2018年9月12日

可燃ごみは、生ごみ、プラスチック製品、革製品、ゴム製品などが対象で、赤い指定ごみ袋にごみを入れて出すルールです。

可燃ごみは焼却・溶融後、埋立または資源化します

注意事項

  • 赤色の指定ごみ袋に入らないものは、粗大ごみです。
  • シーツ、カーテンなど大きい布は、袋に入る場合でもそのままでは粗大ごみです。可燃ごみで出したい場合は1メートル角以内に裁断してから可燃ごみ袋に入れてください
  • 生ごみは、良く水を切ってから出してください。
  • 金属類はなるべく取り除いてください。金具などは、まとめて資源に出してください。
  • オムツの汚物は取り除いてください。
  • 豊川市ではプラスチック製容器包装の分別は行っていません。可燃ごみで出してください。ただし、ペットボトルと白色トレーは資源になります。
  • 枝を出す時は、葉は取らなくても良いですが、ひもで縛ってください。指定ごみ袋に入れないでも良いです(剪定枝のみ)。
  • 枝を出す時は、長さ1メートル以内、枝太さ10センチメートル以内、結束した束の直径30センチメートル以内で出してください。
  • 植木鉢は、プラスチック製は可燃ごみ、陶器製は不燃ごみで出してください。

よくある質問

質問:18リットル用の灯油のポリタンクは何ごみになりますか。
回答:可燃ごみになります。ただし、袋に入るサイズの可燃ごみ袋を使用してください。
質問:豊川市はプラスチック製容器包装を分別・リサイクルしないのですか。
回答:ペットボトル、白色トレー以外のプラスチック製容器包装のリサイクルは、処分施設の建設・運営コストや、収集運搬・中間処理コスト等膨大な資金が必要で、すぐに実行可能なものではありません。現在検討中の段階です。

ごみ分別促進アプリ「さんあ~る」でごみの分け方やごみ出し日の通知等を受け取ることができます

ごみ分別促進アプリ「さんあ~る」はお住まいの地域を設定すると、資源やごみの収集日カレンダーの表示、ごみ出し日通知、ごみの分別の検索、天候等によるごみ収集中止の通知などの機能がご利用できます。
スマートフォンやタブレットをお持ちの方は是非ご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください

お問い合わせ

環境部 清掃事業課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2166 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る