このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

監視カメラを導入しています

更新日:2017年6月23日

不法投棄は重大な犯罪です!
不法投棄は「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されており、違反をすると
5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金が科せられます。
まず、警察署にご相談ください。

監視カメラの設置場所について
市内の次に掲げる場所で設置します。ただし第2及び第3に掲げる場所への監視カメラの設置については、不法投棄が多発している場所又は既に不法投棄が発生し、更に大量の不法投棄がされるおそれがある場所である場合、かつ他の方法により不法投棄を防止することができないと市が判断した場合に限ります。

(1)ごみ集積場
(2)市が管理する公共用地
(3)その他市長が必要と認める場所

ごみ集積場へ設置を希望する町内会又は集合住宅管理者の方は監視カメラ設置申出書をご提出ください。なお、設置期間は原則2か月以内となります。

土地の所有者及び管理者の皆様へ
不法投棄されやすい場所は、人目のつかない場所がほとんどです。そのため、土地の所有者や管理者は不法投棄をされないように囲いやネットの設置、定期的な草刈、見回りを行うなどして不法投棄をされにくい環境を整えることが重要です。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律第5条には【清潔の保持】土地又は建物の所有者(占有者がない場合には、管理者とする。以下同じ。)は、その占有し、又は管理する土地又は建物の清潔を保つように努めなければならない。と規定され、豊川市廃棄物の減量及び適正処理に関する条例第6条にも土地管理者の清潔の保持が規定されています。

自分の土地にごみを投棄されてしまったら・・・
私道や私有地にごみを不法投棄された場合、市が投棄物を撤去することができません。ごみの処分は原則、投棄者が行わなければなりませんが、投棄者が判明しない不法投棄物に関しては、土地の所有者、管理者の責任において処理していただくことになりますのでご注意ください。
処分方法については、ご家庭から出るごみと同様の分別をし、可燃ごみや不燃ごみであれば指定ごみ袋にいれ、収集日にステーションに出してください。粗大ごみであれば、粗大ごみ受付センターへ持ち込んでください。市で受け取りのできない物は、有料となりますが、廃棄物の処理業者へ依頼してください。
なお、市でも、警告看板や処分方法の相談等に応じていますので、清掃事業課へお問い合わせください。

お問い合わせ

環境部 清掃事業課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2166 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る