このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川海軍工廠語り継ぎボランティアを募集します

更新日:2016年10月31日

平成30年度、豊川市の歴史の中で忘れることのできない豊川海軍工廠の跡地に「豊川市平和公園(仮称)」が開園します。
海軍が使用する機銃とその弾丸を主な生産品とした豊川海軍工廠は、昭和14(1939)年12月15日に開庁しました。最盛期には5万人以上の人々が働き、東洋一の兵器工廠とも称されましたが、昭和20(1945)年8月7日の大空襲で工場は壊滅的な被害を受け、多数の犠牲者や負傷者を出しました。この忘れることのできない出来事は、戦後多くの人々により語り継がれてきましたが、今の平和な世を未来へ引き継いでいくには、戦争を知らない世代がこの歴史を学び伝えていくことが大切ではないでしょうか。
公園内には豊川海軍工廠の歴史や戦争遺跡について紹介する平和交流館(仮称)を新設し、「ともに学び、ともに伝える」をコンセプトとし来園者への解説や関係資料の整理などを行います。館の活動に協力していただける「豊川海軍工廠語り継ぎボランティア」を募集しますので、皆様のご参加をお待ちしております。

空襲後の豊川海軍工廠(正門付近)
空襲後の豊川海軍工廠(正門付近)

豊川海軍工廠語り継ぎボランティア―募集要項―

活動趣旨

戦争体験者が少なくなる中、戦争があったことを風化させないためには、戦争を知らない世代による語り継ぎが大切と考えます。その理念のもと、豊川海軍工廠での出来事を後世に伝えるため、戦争を知らない世代がともにその歴史を学び、伝えることを趣旨として活動します。

参加要件

1.豊川海軍工廠語り継ぎボランティアの活動趣旨に賛同し、協働で活動に取り組む意思を持っている方。
2.住所や年齢による制限はありませんが、18歳未満の方(高校生を含む)は保護者の同意が必要です。
3.ある程度継続して活動に参加できる方。
4.平成29年5月から平成30年2月までの間に実施するボランティア養成講座に参加できる方。(できるだけ多くの回数の受講をお願いします)

活動内容

1.展示解説ボランティア:平和交流館の展示解説
2.戦争遺跡解説ボランティア:平和公園内及び周辺の戦争遺跡の解説
3.資料整理ボランティア:工廠従事者の日記の活字化や体験者の手記の目録作成など

費用

無料
市から交通費や食費、賃金などの支給はありません。

申込方法

参加申込書に必要事項を記入の上、豊川市教育委員会生涯学習課へ持参・郵送・ファックス・メールのいずれかの方法でお申込ください。申込受付後、受付確認はがきを郵送します。申込みから2週間経過しても受付はがきが届かない場合は、生涯学習課までご連絡ください。

申込受付期間

平成28年11月1日(火曜)から平成29年3月31日(金曜)まで

ボランティア養成講座

豊川海軍工廠の歴史や戦争遺跡についての基礎知識を学んでいただくための講座を実施します。ボランティアの参加要件として、できるだけ多くの回数の受講をお願いします。

講座内容(予定)

時間:いずれも午前10時から(1時間30分程度)
場所:第1回から第8回 豊川市桜ケ丘ミュージアム会議室(豊川市桜ケ丘町79の2)
   第9回・第10回 豊川海軍工廠跡地(豊川市穂ノ原地内)

 
  日程 内容
第1回 平成29年
5月11日(木曜)・21日(日曜)
ボランティア活動の説明、全国の海軍工廠、豊川海軍工廠の建設と開庁
第2回 6月7日(水曜)・24日(土曜) 豊川海軍工廠の施設
第3回 7月4日(火曜)・16日(日曜) 豊川海軍工廠の組織・生産兵器・働いた人々
第4回 8月8日(火曜)・26日(土曜) 桜ケ丘ミュージアムの豊川海軍工廠展見学と収蔵資料
第5回 9月8日(金曜)・24日(日曜) 豊川海軍工廠大空襲
第6回 10月12日(木曜)・21日(土曜) 終戦と戦後処理、犠牲者の供養、手記の編さん、豊川市の復興
第7回 11月8日(水曜)・19日(日曜) 体験談を聴く会
第8回 12月6日(水曜)・17日(日曜) 日記・手記など体験者の記録
第9回 平成30年
1月 未定     
名古屋大学豊川キャンパス内の戦争遺跡の見学
第10回 2月9日(金曜)・18日(日曜) 豊川海軍工廠跡地の現地見学

同内容の講座を2回開催しますので、どちらかの日で受講してください。

体験談を聴く会の語りべの募集

平和交流館では開館後、豊川海軍工廠の当時を知る方の体験談を聴く会を計画しています。この会でお話をしていただける方を募集しますので、ご協力いただける方は、随時、電話・メール等で豊川市教育委員会生涯学習課へご連絡ください。

豊川市平和公園(仮称)について

戦後70年以上を経過した現在、海軍工廠跡地には「戦争の悲惨さ」「平和の尊さ」を私たちに語りかけてくる戦争遺跡が存在します。現在豊川市では、この海軍工廠跡地北西部に豊川海軍工廠の歴史を語り継ぐ緑豊かな集いの広場を基本コンセプトとした、豊川市平和公園(仮称)の建設を進めています。
園内では、現存する海軍工廠施設である「第一火薬庫」「第三信管置場」や防空壕跡などの戦争遺跡を保存活用し、新設する平和交流館ではボランティアによる豊川海軍工廠の歴史や戦争遺跡についての解説を行う予定です。

平和公園(仮称)位置図
平和公園(仮称)位置図

平和公園計画図
平和公園計画図

お問い合わせ

教育委員会 生涯学習課
住所:豊川市赤坂町松本250番地
電話:0533-88-8035 ファックス:0533-88-8038

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る