このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2016年2月号(TOYOKAWA TIMES)

更新日:2016年2月1日

TOYOKAWA TIMES

トヨカワタイムス まちの話題
12月のまちの話題を写真で紹介します!

12月10日 豊川産バラの出荷がピークに
 バラの生産量日本一を誇る本市では、39人の生産者が約18ヘクタールの温室でさまざまな品種のバラを栽培しており、年間約1千600万本を全国の市場に出荷しています。
 12月に入ると、クリスマス用の赤いバラの出荷がピークを迎えました。生産者らは、色の鮮やかさなど、美しいバラの出来栄えに満足げな様子でした。

12月25日 豊川稲荷で大鏡餅の準備
 豊川稲荷で、お正月を前に、毎年恒例の大鏡餅作りが行われました。
 早朝から、白衣姿の約60人の従業員が、つきたての餅を何層にも重ねながら、手際よく整えていました。出来上がった直系90センチ、重さ100キロもの巨大な鏡餅は、本殿などに供えられました。

12月25日 豊川高校駅伝部が都大路を疾走
 全国高等学校駅伝競走大会が、京都市の西京極総合運動公園を発着点に行われました。
 出場した豊川高校駅伝部の男女は、師走の都大路を全力で駆け抜け、女子は10位、男子は17位と健闘しました。応援のために地元から多くの人が駆け付け、大きな声援を送っていました。

12月20日 無病息災を願って紅ガラを塗りつける「どんき」
 御津町の長松寺で、白狐や天狗にふんした若者たちが、逃げ回る子どもたちの身体に紅ガラを塗りつける奇祭「どんき」が行われました。
 紅ガラを塗られた子どもは1年間、無病息災の効果があると言われています。白狐に捕まった子どもたちは、顔を真っ赤に染められていました。

みんなの写真館 CITIZENS REPORT

今月の記者
小林 俊雄さん(赤坂台)
「クリスマス菓子作り」

12月23日、赤坂台市民館で、ブッシュドノエル作りが行われました。参加した12人の子どもたちは、おいしいケーキに仕上げようと、真剣な面持ちでデコレーションをしていました。

「広報とよかわ」2016年2月号 MY COLOR

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る