このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2018年9月号(MY COLOR)

更新日:2018年8月31日

MY COLOR

きらっと☆とよかわっ!輝くひとVol.42
さまざまな分野で活躍する豊川市出身のトップランナーを紹介します

目標とされるようなチームに成長したい

〈サッカー選手〉小林 真規子さん

小林真規子さんの写真

日本女子サッカーのトップリーグで活躍する小林さんにお話を伺いました。
高校入学後、女子サッカー部に入部しサッカーを始めた小林さん。初めはまともにボールを蹴ることもできなかったが、仲間とともに懸命に練習を重ね、技術を磨いた。高校3年生のとき、18歳以下の愛知県代表に選出。そこで、レベルの高い選手たちのプレーに刺激を受け、さらに上を目指そうと、大学入学と同時に名古屋のクラブチームへ入団した。
経験を積み、国体の愛知県選抜に選ばれるまでに成長。2008年の国体で、格上の強豪チームを相手に得点を決める。この1点に手応えを感じ、「強いチームに身を置いてプレーしてみたい」と考えるようになり、2009年、トップリーグ・なでしこ2部リーグの伊賀FCくノ一の入団テストに挑戦。見事合格し、なでしこリーガーとしての生活が始まった。
移籍後は、フルタイムで仕事をしながら週6日の練習の日々。厳しい環境の中、うまくなりたい一心で、必死に周りに食らいつき、1年目からレギュラーに定着。攻撃の起点となるミッドフィルダーとしてチームに貢献し、1部リーグ昇格の原動力となった。
数々のチームと対戦する中、特に目を引いたのが、なでしこジャパンでも活躍した宮間あや選手だった。「周りの選手を生かす正確なパスに衝撃を受けた」と当時を振り返る。一緒にプレーしたいと思い、2015年、1部リーグの強豪・岡山湯郷Belleへ移籍。宮間選手とともにチームの第一線で活躍を続けた。
その後、「現役のうちに自分を育ててくれた地へ少しでも恩返しをしたい」と、地元でプレーすることを決意。2017年、現在所属するNGUラブリッジ名古屋へ移籍した。
現在、なでしこ2部リーグ昇格を目指し、選手としてプレーを続けるとともに、後輩の育成にも力を入れている。「チームメイトに自分の経験を伝えながら、地元の子どもたちが目標とするチームになれるよう、みんなで成長していきたい」と意気込む小林さんを応援したい。

プロフィール

小林 真規子(こばやし まきこ)
牛久保小、南部中、小坂井高校、中京女子大学(現在の至学館大学)を卒業。シロキFCリベルタ、名古屋FCレディース、伊賀FCくノ一、岡山湯郷Belleで活躍。現在はNGUラブリッジ名古屋に所属し、なでしこ2部リーグ昇格を目指す。

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る