このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2019年10月号(TOYOKAWA TIMES)

更新日:2019年10月1日

TOYOKAWA TIMES

トヨカワタイムス まちの話題
7月のまちの話題を写真で紹介します!

2日 業界初 製作累計4,000両豊川生まれの新幹線

日本車両製造豊川製作所で「新幹線車両4000両製作」記念式典が開催されました。
これまで国内で製作された12,000両を超える新幹線車両のうち、約3割は豊川生まれ。式典当日は関係者が集まる中、4000両目となる「N700A」車両と初代新幹線の0系車両が並んで展示されました。

8日 慰霊の思いと共に みたま祭り

豊川稲荷境内や豊川駅前通りで、みたま祭りが行われました。豊川海軍工廠の爆撃で犠牲となった方々の御霊供養のため、昭和36年に始まったこの盆踊り。豊川稲荷周辺の約30町内や「踊り連」など多くの参加者たちが、平和への感謝と戦没者の冥福を祈念しながら踊りの輪をつくっていました。

18日 江戸時代から続く 雨乞いまつり

旧東海道の赤坂宿周辺で宮道天神社の祭礼「雨乞いまつり」が開催されました。
300年程前の江戸時代、大干ばつのときに雨乞いをしたところ大雨が降ったのが始まりとされるこの祭礼。地元の青年たちが花魁や武士などに扮し、華やかに街道を練り歩く姿をカメラに収めようと、見物客は盛んにシャッターを切っていました。

24日 32年の有終を飾る豊川手筒まつり

市野球場で今回が最後となる豊川手筒まつりが盛大に開催されました。
市内13連区による手筒煙火の一斉放揚をはじめ、豊川進雄神社に伝わる綱火や仕掛け花火、フィナーレを飾るスターマインなどが披露されると、場内には盛大な拍手と多くの歓声が沸き上がっていました。

みんなの写真館 CITIZENS REPORT

今月の記者
北村 恭子さん(大木町)
「夏のカーテン」
夏の朝、子どもと散歩をしていると建物の窓一面に朝日を浴びる立派な緑のカーテンを発見。昼前しか顔を出さない涼しげな朝顔の花を見ると、暑い夏に負けない元気な気持ちになりました。

「広報とよかわ」2019年10月号 (モノ、ヒト、シゴト)

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る