このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

農地の権利移動及び転用について

更新日:2013年1月4日

農地を売買(貸借)したい

一般に土地を買ったり借りたりする場合には売主(貸主)と買主(借主)が売買(貸借)契約を結び、買主がその代金を支払って土地の所有権(賃借権等)を取得することになります。

しかし、農地が少なく、食料自給率が低い我が国においては,無秩序な土地利用から優良な農地を保護し、効率的な利用を図り、食料の安定供給、生産性の向上を図っていく必要があります。

このような観点から、農地を買ったり借りたりする場合には農地法による規制が設けられています。

「耕作目的での農地の売買及び貸し借り」の場合、農地法第3条により農業委員会の許可を受ける必要があります。
これらの許可を受けないでした売買(貸借)は効力が生じないこととされています(農地法第3条第7項)。

従って、農地について売買(貸借)契約を締結し、代金を支払ったとしても、農地法による許可が受けられないと所有権(賃借権)は取得できませんので、契約を締結するときはこのことを十分に理解した上で行うことが重要です。

3条許可申請書事務の流れ
3条許可申請書事務の流れ

下限面積(別段の面積)の設定について

平成21年12月施行の改正農地法により、農業委員会が、農林水産省令で定める基準に従い、市町村の区域内の全部又は一部についてこれらの面積の範囲内で別段の面積を定め、農林水産省令で定めるところにより、これを公示したときは、その面積を農地法第3条第2項第5号の下限面積として設定できることになりました。
「農業委員会の適正な事務処理について」(20経営第5791号平成21年1月23日付け農林水産省経営局長通知)が、平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定又は修正の必要性について審議することとなりました。
このため、平成24年度の下限面積(別段の面積)の設定について平成23年11月25日開催の農業委員会総会において審議を行い、以下のとおり決定しました。

平成24年4月1日における豊川市の区域の下限面積:30アール

申請、手続き内容についての詳細は豊川市農業委員会事務局までご連絡ください。

農地法第3条許可事務に係る標準処理期間について

豊川市農業委員会では、農地法第3条許可事務に係る標準処理期間については、「行手法施行に伴う標準処理期間の目安(平成6年9月16日)」において、4週間とされていることを踏まえ、目標を30日以内と定めています。

農地を転用(農地以外の目的に使用)したい

・農地法第4条、第5条に基づき農地の転用は規制されています。
農地の所有者が自らの農地を自らが転用する場合は農地法第4条の許可申請(市街化区域の場合は届出)、農地を売買、または貸し借りをして転用する場合は農地法5条の許可(市街化区域の場合は届出)が必要となります。

農地法の転用許可申請のあらまし(市街化調整区域の農地の場合)

・農地転用許可申請の場合、4ヘクタール未満は愛知県知事、4ヘクタール以上は農林水産大臣が許可することとなっています。

農地の農業上の利用と農業以外の土地利用との調整をはかりつつ、優良農地を確保するとともに無秩序な開発を防止し、合理的な土地利用が行われるようにするため、転用候補地の位置、転用の確実性、転用にともなう周辺の農地への影響等許可の基準に基づいて、農地法以外の法令との調整をはかり判断され許否を決定することとなっています。

農地転用申請手続きの流れ (1)知事許可の場合
農地転用申請手続きの流れ (1)知事許可の場合

農地転用申請手続きの流れ (2)農林水産大臣許可の場合
農地転用申請手続きの流れ (2)農林水産大臣許可の場合

農地法の転用届出のあらまし(市街化区域の農地の場合)

・市街化区域の農地を転用する場合は届出が必要になります。許可申請の場合とは異なり、届出を受理された日から効力が発生します。

市街化区域内の転用届出手続きの流れ
市街化区域内の転用届出手続きの流れ

農地法の規定による許可の性質

・農地の権利移動について、農地法上の許可を受けないでなされた行為は効力を生じません。
・違反行為には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金の適用があります。(農地法第92条)
・農林水産大臣、知事及び会長は、違反転用者に対し、許可の取り消しまたは工事その他の行為の停止、原状回復、違反是正のための措置を命じることができます。(農地法第83条の2)
申請、手続き内容についての詳細は豊川市農業委員会事務局までお問い合わせください。

お問い合わせ

産業部 農務課
住所:豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2138 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る