このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

TMO構想

更新日:2014年9月11日

TMO構想(中心市街地中小小売商業高度化事業構想)

豊川市では平成10年度に中心市街地商業等活性化基本計画を策定し、平成11年6月、国に提出しました。これを受け、豊川市開発ビル株式会社がTMO構想を策定し、平成12年6月、市が認定をしました。

タウンマネージメントの基本理念~歩いて暮せる街、豊川

TMO構想では、次のような視点で中心市街の活性化をとらえています。

歩いて行ける距離にある商店街~生活者の視点

活性化のためには、まず生活者の視点に立って、より身近な商業空間としての魅力を磨くことが一番の近道であると考えています。商店街はそもそも家の近くにあって何でもそろっているというのが、特徴の一つです。すなはち、すぐに行ける、顔なじみがいる、気軽に行けるというのが魅力であり、「歩いて行ける距離にある」というのが必要であると考えます。

ぶらぶらと歩く~付加価値をつける

「ぶらぶら」と歩きたくなるような付加価値を高めることによって、観光活性化に結びつくと考えます。豊川市の中心市街地は、観光拠点である豊川稲荷、大規模店であるプリオ、市役所などの公共施設が大きな人の流れをつくりだしています。特に豊川稲荷については年間600万人もの集客力を有していました。しかし、そこからの人の流れが周辺へ流れ波及しているかといえば、かならずしもそうはなっていないようです。何かおもしろい店があるかもしれない、歩いて何か楽しいといった要素があることにより、足を運んでもらいやすくなり、結果として商店街の活性化に結びつくと考えます。

バリアフリーへの対応~誰もが利用できる

健常者が普通に歩くことだけでなく、車椅子やベビーカーなどを利用する方の利便性にも考慮する必要があると考えています。これは、スロープや専用駐車場といった物理的な障害を取り除くだけでなく、高齢者や障害者がもっている精神的な障壁を取り除く必要があり、それによって、誰もが利用しやすい商店街となるものと考えます。

歩いて暮らせる街を目指して

こうしたことを踏まえると、「歩く」ということはタウンマネージメントの大きな鍵と考えられます。中心市街地の活性化のためには、生活者の視点に立って、より身近な商業空間として魅力を磨くことが一番の近道であると考えられます。そして、そして、付加価値を高めることによって、観光活性化にも結びつくものと考えられます。
そこで、まちづくりのテーマとして「歩いて暮らせる街、豊川」を設定し、まちづくりに取り組んでいくものとします。

タウンマネージメントの基本方針

歩いて暮せる街、豊川を実現するため、次の10の基本方針に沿って、各種事業を実施します。

  • 中心市街地のネットワークを形成します。
  • 空店舗の有効活用を図り、まちとまちを結び付けます。
  • 新たな地域拠点を形成し、人溜まりと流れをつくります。
  • まちのイメージを明確にし、お互いの個性を磨きます。
  • 清潔感のある、美しい環境をつくります。
  • だれもが利用しやすい、広い[懐」をつくります。
  • きめ細やかな情報を、利用者と事業者に提供します。
  • 地域やNPOとの協力体制を築き上げます。
  • 事業者の意識改革に努め、まちづくりへの参加を促します。
  • 中心市街地の基盤整備に向けて、各機関への要請を行います。

個別事業の概要

  • 市民交流の場整備事業
  • 商業共同施設整備事業
  • テナントミックス用床店舗取得事業
  • テナントミックス家賃補助事業
  • 立体駐車場建設事業
  • アーケード建設事業
  • 空店舗利用推進事業
  • TMO計画に基づく個店改装事業
  • イベント等支援事業
  • 多機能カードシステム開発事業
  • 多機能カード導入事業
  • テーマ館建設事業
  • まちづくり情報誌発刊事業
  • 特産物開発支援事業
  • PR総合推進事業

豊川市開発ビル株式会社の概要

所在地:豊川市諏訪三丁目133
代表者:代表取締役社長 山脇 實
設立年月日:昭和63年10月1日
役員:8名
資本金:78,000千円
株主構成

豊川市(51.3パーセント)
豊川市諏訪商店街振興組合(14.7パーセント)
豊川信用金庫(9.6パーセント)
豊川商工会議所(8.3パーセント)
ひまわり農業協同組合(7.7パーセント)
株式会社三菱東京UFJ銀行(3.2パーセント)
個人(1.9パーセント)
中小企業者(12名)(3.3パーセント)

上記は、平成26年6月現在のものです。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2169 ファックス:0533-89-2171

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る