このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

都市計画ってなに?~第4回都市計画決定までの手続き・市民参加~

更新日:2014年11月20日

都市計画ってどうやって決めるんだろう?

これまでのコラムでは、色々な都市計画の種類についてご紹介しました。
これらの都市計画は、「都市計画法」という法律に基づいて定めています。
そしてその「都市計画法」には、「都市計画を定めるまでの手続き」が決められています。

その中では、市民の皆様のご意見を反映させる機会を設けることが位置付けられており、公聴会(説明会)、縦覧(及び意見書の提出)、都市計画審議会での審議などがそれにあたります。

まちの人々イメージ

「公聴会(説明会)」では、都市計画の素案について市から説明を行い、それについて参加された皆様の疑問点やご意見をいただきます。

「縦覧」では、説明会を経て出来上がった都市計画の案を2週間の間、市役所の都市計画課の窓口で自由に見られるようにするもので、その期間には都市計画の案に対する意見を市(または県)に対して、書面(意見書)にて提出することが出来ます。

「縦覧」で提出された意見書は、市(または県)から、この後に説明する「都市計画審議会」に提出しなければいけません。

まちイメージ

「都市計画審議会」は、大学の教授、各種団体の代表者、市議会議員の皆様を委員とする組織で、市が提出する都市計画の案などに対して第3者の視点で審議、ご意見を頂くものです。
(都市計画審議会は傍聴することもでき、またその結果や記録はホームページにて公表しています。)

都市計画審議会のページ

ここまでにご紹介したものが都市計画を決めていく上で代表的な、住民の皆様のご意見をお聞きする機会になります。

まちイメージ

これ以外にも実際の事業の実施に先立つ説明会のほか、最近では公園整備などで、整備の案がまとまるまでに市民の皆様の参加を募ったワークショップを開催し、市と住民が協力して整備の内容を決めるなど、皆様のご意見をいただく機会を増やすよう努めています。

(ワークショップとは、住民参加型まちづくりのひとつで、公園などを整備する際に、地域に係る様々な方が参加して自由に話し合いながらどの様な計画にするか検討するものです。)

ワークショップの風景
公園をつくるためのワークショップ

また、都市計画や整備を進めるためのものではありませんが、市民の皆様にまちづくりに関心を持っていただくため、都市計画課では、平成23年度から、市内の小中学校において、模型を使い、ゲーム感覚でまちづくりのルールや話し合い方を体験できる、まちづくり体験学習(まちづくり出前講座)を展開しています。
(まちづくり出前講座は小中学校以外でも実施しています。詳細は都市計画課計画係までご相談ください。)

模型を使ったまちづくり体験学習
模型を使ったまちづくり体験学習

まちづくり出前講座

より良いまちづくりを進めるため、ぜひ、色々な機会にまちづくりにご参加、ご意見ください。

※「縦覧」における縦覧場所は愛知県の都市計画の場合は市役所都市計画課以外でも愛知県などで閲覧できる場合があります。

※次回は、豊川市にある都市計画についてご紹介します。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2169 ファックス:0533-89-2171

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る