このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

災害時について

更新日:2015年3月9日

生徒の登校前

1.豊川市に暴風警報や暴風雪警報が発令されている場合

 (1) 発令中のとき…絶対登校しない

 (2) 解除されたとき
 ア. 6時30分までに解除されたとき…平常どおり授業を行う。
 イ.11時までに解除されたとき…5時間目から授業を開始する。午後1時までに登校し、短学活のあと午後13:30から5時間目の授業を開始します。
 ウ.11時以後に解除されたとき…授業は中止する。
 エ.交通機関の故障や道路・橋の破壊などで危険なときは登校しない。

2.豊川市に大雨警報、洪水警報その他各種の注意報

  などが発令されている場合

 (1) 原則として平常通りの授業を行う。
 (2) 家庭で登校するのに危険であると判断した場合は、
 無理に登校しないで学校へ連絡(電話など)し指示を受ける。

生徒の登校中

1.暴風警報 暴風雪警報の発令を知ったらすぐ帰宅する。

2.暴風警報 暴風雪警報の発令はなくても著しく登校に危険を認めたときは避難または帰宅する。

生徒の登校後

1.学校が、安全に帰宅させ得ると学校で判断したとき
 当日の授業を中断し、集団でまとまって帰宅する。

2.戸外の通行が困難または危険と判断したとき
 安全な状態になるまで、 学校内の最も安全な場所で待機する。

「東海地震注意情報」や「警戒宣言」が発令された時の行動について

「東海地震注意報」が発表されたり、「警戒宣言」が発令(東海地震予知情報が発表)された場合

 (1)在宅中は登校しない。
 (2)登下校時は、原則として帰宅する。
 (ただし、状況によっては学校または最寄りの避難地に避難する。)
 (3)在校時は、直ちに授業を中止し、地区毎に担当教師引率のもと、すみやかに下校する。

学校の再開は、以下のようにする。ただし、交通機関や通信手段の途絶により登校できない場合は、安全が確認できるまで、登校しなくてよい。

 (1)「東海地震注意情報」の解除が発表された場合には、原則としてその翌日から再開する。
 (2)警戒宣言発令以後に、「地震災害に関する警戒解除宣言」(東海地震予知情報の解除情報)が発令された場合には、原則としてその翌日から再開する。
 (3)東海地震等大規模地震が起きた場合には、学校から連絡があるまで待機とする。

学校への連絡について

 東海地震等大規模地震発生後は、かならず学校へ被災状況を連絡する。その際は、災害用伝言ダイヤル「171」などを使用する。

お問い合わせ

東部中学校
所在地:〒442-0024 豊川市西豊町2丁目191番地
電話:0533-85-1717 ファックス:0533-89-5314

本文ここまで

サブナビゲーションここから
  • よくある質問
  • 情報が見つからないときは

お気に入り

編集


サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る