豊川市糖尿病対策プロジェクト

更新日:2022年3月24日

糖尿病対策プロジェクトについて

 豊川市では、特定健診有所見者の割合を解析したところ、ヘモグロビンA1c(※1)値が、40歳代以降、どの年代も、県平均より高いことがわかり、平成27年度から「糖尿病対策プロジェクト」を立ち上げ、保健センターが事務局となり、関係各課が協働して糖尿病対策に取り組んできました。それに伴いヘモグロビンA1cの有所見者数は、平成29年度以降は県下の平均を下回るほどに減少しました。
しかし、豊川市は依然「非肥満型高血糖」といった体重は適正にも関わらず、血糖値が高い人の割合が高い状況があります。このことから糖尿病予防を継続して取り組んでいきます。
※1 ヘモグロビンA1cとは、血糖値の過去1~2か月の平均の値を表わす

目的

第2次とよかわ健康づくり計画に基づき、生活習慣病を予防する健康づくり・社会全体で健康づくりを進めること

目標

脳内出血・脳梗塞・腎不全・糖尿病の1人当たり医療費が減少すること

プロジェクト構成メンバー(令和元年度~)

豊川保健所、保険年金課、介護高齢課、保育課、農務課、スポーツ課
豊川市民病院  豊川市保健センター (健康管理係、成人保健係)

事務局

豊川市保健センター 成人保健係

糖尿病予防啓発のためのキャッチフレーズ考案

・ヘモグロビンA1cを見落とすな!

・やさいを さいしょに いただきます

・からだ かわる その1歩

以上の3つのキャッチフレーズを使って、さまざまな場所での啓発活動を実施。

キャッチフレーズをもとにした啓発ポスター

キャッチフレーズをもとにした啓発ポスター

運動啓発のポスター

「とよかわ汁」 糖尿病予防ヘルシーレシピ考案

とよかわ汁写真

「とよかわ汁」考案の背景

「とよかわ汁」
豊川市特産の野菜「ミニトマト」、「大葉(青じそ)」、豊川稲荷をイメージした「油揚げ」が入った、具だくさんの赤みそ汁(洋風みそ汁)
農務課・保険年金課・保健センターの各事業にてPRしています

とよかわ汁 1人1たり 栄養価 ※ ここで写真・レシピ動画で紹介する材料の場合
 59kcal たんぱく質3.3g 脂質2.5g 塩分0.7g

材料 4人分 ☆印は「とよかわ汁」の必須材料

・ミニトマトや大葉(青じそ)などの豊川市特産の野菜をPRしたい(農務課の地産地消PR)

・豊川市ならではのレシピとして、油揚げを使用(シティセールスも念頭にいれて)

・生活習慣病予防のため野菜を積極的に食べてほしい(愛知県は野菜摂取量が少ない現状)

〈作り方〉
1 ミニトマトは半分に切る。大葉は千切りにして水にさらし、水気をきる。
2 野菜は食べやすい大きさに切る。油揚げは細切りにする。
3 なべにだし汁と2を入れて煮る。
4 野菜が煮えたら、赤みそ、ミニトマトを加え、ひと煮立ちさせ火を止める。
5 おわんに盛り付け、上に大葉をのせる。

食事で血糖値があがるイメージ

糖尿病対策プロジェクト活動について

事業計画・評価表の活用

 各課の事業の中で、それぞれ関係のありそうな事業に糖尿病予防の視点を入れた上で、個々の事業に「目指すべき姿」「担当の明確化」「実績・効果・課題」「評価指標」「今後の計画」などを書き込み、共有する。
 年度末に評価し、PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルで、無駄のない効率的な事業展開をしている。

職員食堂啓発

市役所の食堂に食堂の卓上媒体での啓発を実施している。

職員食堂での啓発の様子

特定健診結果でヘモグロビンA1cが高かった方に講演会や教室のチラシ同封し、糖尿病予防の必要性を伝えています。(保険年金課と保健センターの協働連携事業)

国民健康保険の方の特定健診の結果で、ヘモグロビンA1cが高かった方に、糖尿病予防講演会や糖尿病予防ゼミナールのチラシを同封し、参加を促し、糖尿病予防の必要性を伝えています。

出前講座の実施

・若い世代への啓発を目的に、保育園保護者会での出前講座実施

(15分コース、30分コース、60分コース)

・働きざかり世代への啓発を目的に、職域(企業)出前講座の実施

出前講座に一緒に同行しない場合も、啓発できることについては、できる限り、他部署とコラボして実施している。

糖尿病対策プロジェクト活動の効果について

ヘモグロビンA1cの認知度が上昇

市民まつり(おいでん祭)で「ヘモグロビンA1c」を知っているか尋ねたところ、平成27年度は43.0%しか認知されていなかったが、30年度には65.7%へと大きく上昇した。

ヘモグロビンA1c認知度推移グラフ

ヘモグロビンA1c認知度調査(おいでん祭の保健センターブースによる調査)
 
  認知度
平成27年度 43.0%

平成29年度

61.1%
平成30年度 65.7%

特定健診受診率が上昇

平成26年度の33.9%から、平成29年度には36.5%に上昇したがその後は横這い。

特定健診受診率推移
  受診率
平成26年度 33.9%
平成27年度 35.5%
平成28年度 36.0%
平成29年度 36.5%
平成30年度 36.4%
令和元年度 36.1%

平成29年度 特定健診(国民健康保険の方の)結果でヘモグロビンA1c有所見者の割合が減少に転じた

ヘモグロビンA1c有所見者の割合推移
 愛知県豊川市
平成25年度53.6%72.7%
平成26年度55.6%77.3%
平成27年度57.5%81.2%
平成28年度57.5%81.0%
平成29年度58.0%52.5%
平成30年度58.1%54.9%
令和元年度55.8%52.8%

あなたは糖尿病予備群ではないですか?

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)をご存知ですか?
過去1~2か月間の血糖値の平均をあらわしています。
一般的には、5.6以上の人は糖尿病予備群の可能性があり、ここから知らない間に、動脈硬化が始まっていきます。
はじめは痛くもかゆくもなく、知らず知らずに進行していきます。血糖値の高い状態が続くと、糖尿病と診断されるようになります。

糖尿病の3大合併症の「しめじ」とは

1 糖尿病性神経障害【神経の(し)】

足に神経障害が起きて感覚が鈍くなっていると、怪我ややけどがあってもなかなか気づきません。感覚が感じにくくなり、足を切断しなければいけなくなったりすることもあります。

2 網膜症【目(め)】

視力が低下したり、目がみえなくなる。糖尿病網膜症は、日本における失明の3番目に多い原因と言われています。

3 腎症【腎症の(じ)】

腎臓の働きが低下して、人工透析をしなければならなくなることもあります。

その他、がん・脳梗塞・認知症・歯周病も引き起こします。

糖尿病の予防を知ろう

食事のポイント

運動のポイント

血糖値は食事を食べるとあがります。そして、空腹を感じるころには、血糖値がさがっています。
その、血糖値があがるときにあわせて、軽く運動をすると、血糖値のあがり方がゆるやかになります。
血糖値があがるピークは、食べ始めてから60分後といわれています。
そのため、食べ始めてから30分から60分までの間が、運動のゴールデンタイムといわれています。
お昼のランチの後、少し、ウォーキングでもしてみましょう。

よい睡眠のポイント

睡眠不足は、肥満になりやすく、血糖値もあがりやすいといわれています
(食欲をコントロールするホルモンや血糖値をコントロールするホルモンの分泌のバランスがくずれるため)
寝る前はリラックスし、しっかり睡眠をとりましょう。

担当係

豊川市保健センター 成人保健係 電話0533-95-4803

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
電話:0533-89-0610