料金のお支払い方法

更新日:2022年9月1日

はじめに

 水道料金は、基本料金と使った水量に応じた従量料金の合計額に、消費税を乗じた額になります。使用水量と水道料金は、検針員が2か月に1度、検針にお伺いしたときにお知らせします。(検針時にお渡しする検針票ではお支払いできません。)
 
 水道料金は、1.口座振替2.納付書払い3.スマートフォン決済のいずれかにより、下水道使用料と一緒にお支払いいただきます。

 ※クレジットカード払いは、お取り扱いしておりません。
 ※スマートフォン決済は、令和4年1月以降に発行されたバーコード付きの納入通知書が対象です。

1.口座振替

 銀行・郵便局などの取扱金融機関に設けられているお客様の預金口座などから自動的に料金をお支払いいただけます。
 料金は2か月に一度ご指定の口座から引き落としさせていただきます。引き落とし日は、「水道使用水量等のお知らせ」に表示いたします。
 

申込方法

「豊川市税等口座振替依頼書・自動払込利用申込書」を取扱金融機関に提出してください。この用紙は、市内の取扱金融機関の窓口に備えてあります。

申込みされる際は、通帳、通帳の届出印、水栓番号の分かる書類(「納入通知書」、「水道使用水量等のお知らせ」等)をご持参ください。

口座振替依頼書の記入例
記入例

口座振替依頼書見本
見本

取扱金融機関等

 以下の金融機関等の本支店で口座振替をすることができます。

振替口座の変更

 振替口座を変更する場合は、新しく振替を希望される金融機関の窓口に、「豊川市税等口座振替・自動払込利用申込書」を提出してください。
 変更前の金融機関での手続きは必要ありません。変更手続きが完了するまでは、変更前の金融機関で振替されます。
 ※豊川市内で転居した場合、口座振替の登録は引き継がれません。転居先でも口座振替を希望される場合は、再度申込みの手続きが必要です。

口座振替の廃止

 現在振替を行っている金融機関の窓口にて、「豊川市税等口座振替・自動払込利用申込書」により、廃止の手続きをしてください。なお、提出の際は(1)通帳(2)お届け印(3)検針時に配付する「水道使用水量等のお知らせ」(水栓番号の記入のため)をお持ちください。
 口座振替が廃止されるまで、1~2か月ほどかかります。その後は、2か月ごとに納入通知書を郵送しますので、ご希望の方法によりお支払いください。

2.納付書払い

豊川市上下水道窓口センターからお送りする納入通知書で、以下の納付場所にて、期日までにお支払いください。
なお、二重納付防止のため、納入通知書に記入されている納期限の翌日から起算して14日を超えた日以降はスマートフォン決済及びコンビニエンスストア等でのお支払いができなくなります。納期限内のお支払いをお願いします。なお、金融機関や市役所等ではお取り扱いが可能です。

現在、水道料金を二重で納付されるケースが増えております。
ご返金には手続きが必要となり、最短で2~3週間ほどかかります。お支払いの際は、氏名の下に記載されている対象年月期が重複していないかご注意ください。
 

納付場所

金融機関等

  

コンビニエンスストア等

 納入通知書1枚あたりの金額が30万円を超えるもの及びコンビニ用バーコードの印刷のないものは納付できません。

  MMK設置店リスト(外部リンク)
 

市役所等

  土曜・日曜、祝日、12月31日から1月3日を除く 午前9時から午後4時まで

  土曜・日曜、祝日、12月29日から1月3日を除く 午前8時30分から午後5時15分まで

  納入通知書持参に限り納付できます。
  プリオビルの休業日及び12月29日から1月3日を除く 午前10時から午後7時まで
  休業日については、「プリオ窓口センターのご案内」ページでご確認ください。
  

3.スマートフォン決済

 令和4年1月以降に発行する納入通知書から、水道料金及び下水道使用料の納入通知書に記載されているバーコードを以下のスマートフォンアプリで読み取ることで、いつでもどこでも決済を行えるようになりました。

PayPay請求書払い

LINE Pay請求書支払い

PayB

銀行Pay(ゆうちょPay等)

au Pay(請求書支払い)

楽天銀行コンビニ支払サービス

J-Coin請求書払い

d払い請求書払い

FamiPay請求書支払い

ご利用時の注意点

お問い合わせ

豊川市上下水道窓口センター 料金担当(一宮支所1階)
電話:0533-93-0151