特別展「金魚美抄2020~金魚を描くアーティストたち~」

更新日:2020年10月27日

金魚美抄2020~金魚を描くアーティストたち~

金魚の作品写真
「金魚酒 命名 夕舟」作:深堀 隆介

江戸時代から庶民に愛され続けてきた金魚は、人が創り出した生きる芸術とも呼ばれています。
愛らしい姿は、浮世絵にも登場し、古くから絵画や陶芸にも描かれ、現代も様々な手法で表現されています。
金魚美抄は、金魚を愛するアーティストが、それぞれの思いで創り出す金魚作品を一堂に集めた金魚アート展です。今回は19名のアーティストで約200点の作品を展示します。特別展示として金魚の一大産地・大和郡山市の箱本館「紺屋」が所蔵する金魚コレクションも展示します。
この秋、これまでにない金魚アート展が豊川市にやってきます。
あなたのお気に入りの金魚を見つけてください。

ちらしの画像
金魚美抄展ちらし

参加アーティスト

監修:深堀隆介
網野篤子、いわたきぬよ、岩本夏樹、上田風子、川田潮、キタイミコト、空間金魚HIDETOSHI MINAMATA、小林美幸、谷田有以、土谷風斗、西嶋みゆき、西村はる、晴智ありさ、藤本絢子、堀としかず、矢萩ひかる、誘牙、夜舟(五十音順)

金魚美抄(きんぎょびしょう)とは

金魚美抄とは金魚の美をすくい取るという意味の造語です。

展覧会の詳細

開催日時・会場

令和2年10月3日(土曜)から令和2年11月8日(日曜)まで
開館時間:午前9時から午後5時まで(入場は閉館30分前まで)
※10月3日(土曜)のみ10時30分から開場
会場:豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階第1展示室から第4展示室
月曜休館
〈夜間特別開館~秋宵の鑑賞会~〉
10月9日(金曜)、10月17日(土曜)、10月30日(金曜)
開館時間:午後8時まで延長開館(入場は閉館の30分前まで)

入場料

一般800円(700円)
小中高大生400円(300円)
未就学児は無料
()料金は、前売・割引料金

新型コロナウイルス対策について

入場割引について

チケット売場にて、下記の画面をご提示いただくと、入場料を1名につき100円引きします。(1回のご提示で4名まで可)
※前売券購入時にはご利用いただけません
※下記画像を印刷したものでも可

割引券の画像
入場割引画面

関連企画

関連企画は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策をとり開催します。参加される皆様には、マスク着用にご協力をお願いします。
また、感染状況に応じて急きょイベントの中止や変更が生じる場合がございますので予めご了承ください。

深堀隆介サイン会(本展公式図録購入者限定) ※終了しました

深堀さんの写真
金魚絵師・深堀隆介(C)Toshiyuki Okabe

日時:令和2年10月3日(土曜)午前11時~
会場:1階ロビー(予定)
定員:50名(先着順)
※当日午前9時から整理券を配布します
※ご参加は、当日展覧会図録購入者に限ります

深堀隆介ワークショップ「金魚水墨館」(参加無料) ※終了しました

金魚絵師・深堀隆介さんと、和紙に墨で金魚を描きます。
描いた金魚は、ミュージアム館内に展示します。
日時:令和2年10月3日(土曜) 午後2時から午後3時30分まで(予定)
会場:豊川市桜ヶ丘ミュージアム第2実習室
定員:20名(小学生以上)
※要事前申し込み、応募多数の場合は抽選
※募集を締め切りました。定員を超える申し込みがあったため抽選を行い当選者の方のみメールで通知します。
〈申し込み方法(2名まで申し込み可)〉
9月12日(土曜)午前9時から9月20日(日曜)午後5時までにメール(bunka@city.toyokawa.lg.jp)で受付
メールタイトル:「金魚ワークショップ申し込み」
メール本文:参加される方の1.お名前、2.年齢、3.電話番号(日中連絡がつく番号)を明記してください
締め切り日までに定員に達しなかった場合は先着でワークショップ開催の前日まで受け付けます。
抽選結果およびワークショップ当日の案内については、9月25日までに参加者(当選者)のみ事務局からメールをお送りします。

金魚水墨館の写真
金魚水墨館・ミュージアムふれあいロビーに展示中

金魚茶会(ロビー呈茶) ※中止になりました

金魚の和菓子の写真
金魚美抄をイメージしたお菓子

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定していたロビー呈茶は中止します。
立花屋さんと金魚美抄展のコラボ和菓子については、予定していたロビー呈茶開催日にミュージアム窓口にて数量限定で販売させていただきます。可愛い金魚が泳ぐお菓子をお土産にいかがですか。
販売日:10月4日(日曜)、10月24日(土曜)、10月25日(日曜)、10月31日(土曜)、11月1日(日曜)、11月7日(土曜)
販売場所:桜ヶ丘ミュージアム窓口
時間:午前10時から午後3時まで
金魚のお菓子:1個200円
※お菓子がなくなり次第終了となります

金魚・和柄マスクを販売します

金魚美抄展開催に合わせ、シルバー人材センターさんに金魚・和柄のマスクを作成していただきました。
また、今回マスク制作にあたり、とよかわ応援宣言企業・大円工業様からマスク用ゴムをご提供いただきました。
素敵なマスクを身につけて、展覧会を楽しみませんか。
子供用のサイズもあるので、親子でおそろいを身に着けることもできます。

マスク着用図
立体型布マスク

マスクの種類写真
金魚・和柄のマスク

子どもたちが描いた金魚が館内を泳ぎます

子どもたちが描いた金魚の写真
子どもたちが描いた金魚

本展開催に合わせ、さくらぎ児童館・児童クラブの子どもたちが金魚ぬりえを描いてくれました。
豊かな感性で描かれた金魚たちは、会期中館内に展示します。

金魚美抄展~写真館~

監修者・深堀隆介氏の写真
監修者・深堀隆介氏

テープカット写真
テープカットの様子

看板の写真
看板にサインする深堀氏

サイン会の様子
深堀氏サイン会の様子

ワークショップの様子
ワークショップの様子(金魚水墨館)

夜間開館のディスプレイ
夜間開館の時点灯する竹行燈

夜間開館の様子
薄暗い館内に光る行燈が幻想的です

金魚絵屏風大行燈
金魚絵屏風大行燈の写真

2020年10月25日(日曜)限定で、「花すくい」を開催しました

金魚美抄展の来場者先着100組様に、「とよかわバラ」のPRイベントを行いました。
金魚すくいならぬ「花すくい」で、お好きな色のバラをすくい上げ、とよかわバラをプレゼントしました。

花すくいの様子
花すくいの様子(桜ヶ丘公園にて)

花すくいの様子2
好きな色のバラをすくう様子

バラのプレゼント
バラの花束をプレゼント

お問い合わせ先

豊川市桜ヶ丘ミュージアム
〒442-0064 愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
電話:0533-85-3775
FAX:0533-85-3776
月曜休館

主催・後援・監修・協力

主催:豊川市桜ヶ丘ミュージアム、中日新聞社
後援:愛知県教育委員会、豊川市教育委員会、東愛知新聞社、東海日日新聞社
監修:深堀 隆介
協力:大和郡山市 箱本館「紺屋」

お問い合わせ

市民部 文化振興課
電話:0533-84-8411