このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)

更新日:2021年8月24日

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯の実情を踏まえた生活支援のため、国において「子育て世帯生活支援特別給付金」の支給が決定されました。ここでは、給付の概要が明らかになっているひとり親世帯以外の子育て世帯分の支給についてご案内します。

※ひとり親世帯向けの給付金については、以下のリンク先をご確認ください。
子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

支給対象者

本給付金は、平成15年4月2日(障害児の場合、平成13年4月2日)から令和4年2月28日までに出生した子どもを養育し、次のいずれかに該当する、ひとり親の給付金を受けていない世帯が対象です。

  1. 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給を受けており、令和3年度住民税非課税の方
  2. 令和3年5月から令和4年3月分の新規児童手当または新規特別児童扶養手当の受給者などで、令和3年度住民税非課税の方
  3. お子さんが高校生世代のみで、令和3年4月分の児童手当の支給がなく、令和3年度住民税非課税の方
  4. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が住民税非課税と同水準となっている方

※住民税非課税の方が主な対象となります。申告がお済みでない方、収入がなかったため申告をしていない方等は速やかに住民税の申告をしてください。住民税の申告をされない場合、住民税未申告の扱いとなり、本給付金を速やかに支給できない可能性があります。
※既にひとり親世帯分の支給を受けている方は対象となりません。

子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外)のご案内(PDF:167KB)

  • ご自身が課税者、非課税者、未申告者のいずれに該当するか不明な方は、令和3年1月1日に住民票のあった市区町村または住民税が課税されている市区町村へお問い合わせください。
  • 豊川市の場合は、豊川市役所北庁舎1階市民税課に本人確認書類を持参してご確認ください(電話等での回答はできませんので、ご了承願います。)

支給額

児童1人当たり 5万円

支給方法

支給対象者や給付の内容によって手続きが異なりますのでご注意ください。

申請不要の方

支給対象者(1)令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給を受けている方で住民税非課税の方

対象となる方には、市からお知らせ文を送付しました。
お知らせ文の届いた方には、児童手当の支給口座へ令和3年7月31日に振込み済みです。

支給対象者(2)令和3年5月から令和4年3月分の新規児童手当または新規特別児童扶養手当の受給者などで、令和3年度住民税非課税の方

対象となる方には順次、市からお知らせ文を送付します。お知らせ文の届いた方には、自動的に児童手当の支給口座へ振込み予定です(順次)。申請はいりません。
※児童手当の支給口座の名義変更、解約などにより振込エラーとなった場合、振込みが遅れます。振込指定口座を変更するなどの手続きをお願いします。
※給付金を希望しない場合には、受給拒否届出書に必要事項を記入し、市からのお知らせ文に記載された期日までに子育て支援課へ返送してください。
受給辞退届出書(エクセル:20KB)

申請が必要な方

支給対象者(3)お子さんが高校生世代のみで、令和3年4月分の児童手当の支給がなく、令和3年度住民税非課税の方

郵送または豊川市役所子育て支援課窓口にて申請が必要です。
高校生のお子様がいらっしゃるご家庭へ(PDF:423KB)」をご参考ください

支給対象者(4)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が住民税非課税と同水準となっている方

郵送または豊川市役所子育て支援課窓口にて申請が必要です。父母が共に児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度の高い方(収入の高い方)が申請者になります。

税の申告がお済でない方

申告後、郵送または豊川市役所子育て支援課窓口にて申請が必要です。
住民税非課税の方が主な対象となりますので、速やかに住民税の申告をしてください。収入がなかったため申告をしていない方は、住民税未申告の扱いとなり、本給付金を速やかに支給できない可能性があります。税の申告ができない理由がある方は子育て支援課までお問い合わせください。

申請方法

申請が必要な世帯については、 令和4年2月28日(月曜)までに、必要な書類を添えて、直接、または郵送で 子育て支援課へ(消印有効)。
申請内容 必要書類

支給対象者(3)
お子さんが高校生世代のみ

  1. 申請書(請求書)(PDF:397KB) 記入例(PDF:207KB)
  2. 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード(表面)、年金手帳・介護保険証・パスポートの写しなどをご用意ください)
  3. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写しなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写しをご用意ください)
  4. 申請者の世帯状況が確認できない場合、「住民票」や「戸籍謄本」が必要になる場合がございます。

支給対象者(4)
家計急変

  1. 申請書(請求書)(PDF:397KB) 記入例(PDF:207KB)
  2. 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード(表面)、年金手帳・介護保険証・パスポートの写しなどをご用意ください)
  3. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写しなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写しをご用意ください)
  4. 簡易な収入見込額の申立書(PDF:283KB) 記入例(PDF:299KB)
  5. (収入では要件に該当しない場合)簡易な所得見込額の申立書(PDF:408KB) 記入例(PDF:366KB)
  6. 令和3年1月以降の「給与明細書」「年金振込通知書」等の収入額がわかる書類、事業収入、不動産収入に係る経費の金額の分かる書類配偶者分も必要です
  7. 申請者の世帯状況が確認できない場合、「住民票」や「戸籍謄本」が必要になる場合がございます。

税の申告がお済でない方
※申告後の申請となります

  1. 申請書(請求書)(PDF:397KB) 記入例(PDF:207KB)
  2. 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード(表面)、年金手帳・介護保険証・パスポートの写しなどをご用意ください)
  3. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写しなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写しをご用意ください)
  4. 申請者の世帯状況が確認できない場合、「住民票」や「戸籍謄本」が必要になる場合がございます。

  • 令和3年4月1日以降に豊川市に転入された方は、令和3年4月分の児童手当を支給した市区町村から本給付金を支給されていなければ受給できる可能性があります。詳細は状況によって異なりますので、子育て支援課窓口でご相談ください。
  • 支給の可否については、郵送にて通知いたします。

公務員の方について

申請には職場での受給証明が必要な場合があります。受給資格等については、下記のファイルをご確認ください。
公務員の方はこちらをご覧ください。(PDF:252KB)

必要書類

  1. 申請書(PDF:397KB) 記入例(PDF:207KB)
  2. 申請・請求者本人確認書類の写し(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード(表面)、年金手帳・介護保険証・パスポートの写しなどをご用意ください)
  3. 受取口座を確認できる書類の写し(通帳やキャッシュカードの写しなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写しをご用意ください)

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども健康部 子育て支援課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2133 ファックス:0533-89-2137

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る