このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

廃食油でエコキャンドルを作ろう!

更新日:2019年6月13日

豊川市では、「クールアース・デー」の関連行事として、令和元年6月8日(土曜)に、使用済みの食用油でキャンドルを作る講座「廃食油でエコキャンドルを作ろう!」を開催しました。

当日の様子

この日は、梅雨入り直後にもかかわらず、晴れた暑い日となりましたが、会場の勤労福祉会館には、児童とその保護者の参加者14名が集まりました。
はじめに、この講座の趣旨について説明をしました。
2008年のG8サミット「北海道洞爺湖サミット」では、地球温暖化問題が大きな議題となり、このサミットが7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日を「クールアース・デー」と定められました。
豊川市も地球温暖化防止の取り組みとして、7月7日には、夜8時から10時までの2時間、市役所等の公共施設を一斉消灯します。
また、今回の講座は、明かりの消えた部屋の中で、ほのかなキャンドルの炎をながめながら電気のありがたさを実感し、地球温暖化問題についてみんなで考えてもらえたらという思いから企画をしました。

説明のあと、キャンドルを実際に作ってみました。
作り方は簡単。使用済みの食用油を鍋に入れて加熱し、凝固剤を入れます。
あら熱の取れた油を容器に移したら、キャンドルの芯となるたこ糸を垂らして割りばしで固定します。油が冷めて固まったら完成です。

削ったクレヨンを油に混ぜると、色付きのキャンドルができます。色を何層にも重ねる方もいました。
また、アロマオイルを2、3滴垂らせば、アロマキャンドルになります。冷えて固まってから垂らした方が、香り成分の揮発を防げます。

この日の講座では、クレヨンや凝固剤の量を変えたり、親子で協力しながらキャンドル作りに挑戦する様子が見られました。

参加者の声

  • キャンドルの作り方がいがいとかんたんで作りやすかった。
  • 子どもと一緒に楽しめる内容で、親子でとても楽しく参加できました。 など

お問い合わせ

産業環境部 環境課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2141 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る