このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市感染症情報

更新日:2017年5月25日

愛知県内で発生の多い感染症

水痘(水ぼうそう)

感染してから2週間程度(10から21日)の潜伏期間があります。主な症状は、発疹・発熱です。発疹は、斑点状の赤い丘疹、水泡(水ぶくれ)、痂疲(かさぶた)と移行します。感染力・伝播力は強いです。発疹は、お腹や背中、顔などに多い傾向がありますが、髪の毛に覆われた部分にも表れるのが特徴です。

咽頭結膜熱(プール熱)

症状としては、発熱、頭痛、食欲不振、全身倦怠感とともに、咽頭炎による咽頭痛(のどの痛み)、結膜炎にともなう結膜充血、まぶしくなる、涙が止まらなる、目やになどの症状が現れることがあります。症状は、3~5日間程度持続します。6月頃から徐々に増加し7月から8月がピークになります。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

症状は、 発熱、のどの痛みが主で、嘔吐を伴うこともあります。そして、体や手足に小さくて紅い発疹や舌にイチゴのようなツブツブがでることもあります。
風邪と違って、咳や鼻水はほとんどでないのもこの病気の特徴です。

今後流行が予測される感染症

伝染性紅斑(りんご病)

だ液などの飛沫または皮膚の接触感染10から20日の潜伏期間の後、頬に境界鮮明な紅い発疹(リンゴ様の頬)が現れ、続いて手・足に網目状・レース状・環状などと表現される発疹がみられる。
発疹は1週間前後で消失するが、なかには長引いたり、消えた発疹が短期間のうちに再び出現することがある。成人では関節痛・頭痛などを訴え、関節炎症状により1から2日歩行困難になることがあるが、ほとんどは合併症をおこすことなく自然に回復する。なお、頬に発疹が出現する7から10日くらい前に、微熱や感冒様症状などの前駆症状が見られることが多いが、この時期にウイルス血症をおこしており、ウイルスの排泄量ももっとも多くなる。発疹が現れたときにはウイルス血症は終息しており、ウイルスの排泄はほとんどなく、感染力はほぼ消失している。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

本症の臨床経過は、基本的には軽症と考えられている。2~3週間の潜伏期(平均18 日前後)を経て、唾液腺の腫脹・圧痛、嚥下痛、発熱を主症状として発症し、通常1 ~2週間で軽快する。
 唾液腺腫脹は両側、あるいは片側の耳下腺にみられることがほとんどである。
 接触、あるいは飛沫感染で伝搬するが、その感染力はかなり強い。ただし、感染しても症状が現れない不顕性感染もかなりみられ、30~35%とされている。

手足口病

名前のとおり、口腔粘膜および手や足などに現れる水疱性の発疹を主症状とした急性ウイルス感染症です。基本的に予後は良好な疾患であるが、急性髄膜炎の合併が時に見られ、稀であるが急性脳炎を生ずることもあります。

ヘルパンギーナ

発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎であり、乳幼児を中心に夏季に流行する。いわゆる夏かぜの代表的疾患です。

その他感染症について

風しんについて


 風しんは、感染から14日から21日(平均16日から18日)の潜伏期間の後、発熱、発疹、リンパ節腫脹(ことに耳介後部、後頭部、頚部)が出現するが、発熱は風疹患者の約半数にみられる程度です。

妊娠初期にかかると、先天性風しん症候群をおこすことがあります。妊娠を予定または希望される女性及びその妻または同居女性をもつ男性で、風しんにかかったことがない方は、風しん予防接種費用の一部助成がありますので、ぜひ予防接種をしておきましょう。

成人風しん予防接種費用一部助成についてはこちら

高齢者の肺炎について


 インフルエンザなどから、重症化すると肺炎をおこすことがありますが、一度予防接種をすることで、最低5年間は予防ができます。65歳以上の方は、65・70・75・80・85・90・95・100になる年度に定期接種対象となります。

平成29年度対象年齢の方は、8月頃に予診票とご案内を送付予定です。
平成29年度対象の方の、有効期限は平成30年3月31日までになります。

 過去に接種したことがある方は、定期接種対象にはなりません。その場合、75歳以上の方には、予防接種費用の一部助成があります。
 高齢者肺炎球菌予防接種の一部助成についてはこちら
 高齢者肺炎球菌定期予防接種の対象の方はこちら

 


感染症の予防法
いずれの感染症についても、「手洗い・うがい」をこまめにすること、「バランスのよい食事」と「しっかり睡眠」をとり、抵抗力をあげるなど予防に心がけることが大切です。

 

担当課(お問い合わせ先)

子ども健康部 保健センター 保健予防係
電話 0533-95-4801

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
住所:豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る