このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市感染症情報

更新日:2018年12月13日

インフルエンザ状況

インフルエンザ

38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突然現れます。併せて、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

愛知県の定点医療機関(※)の報告数が、49週(平成30年12月3日から平成30年12月9日時点)で、「3.43」です。A型インフルエンザウイルスが検出されています。

豊川保健所管内の定点医療機関(※)の報告数は、「1.89」となりました。手洗い、人混みをさけるなど予防に努めましょう。

※定点医療機関とは、感染症の発生状況を知るために一定の基準に従って、これらの情報を報告してくれる医療機関のことです。インフルエンザの定点医療機関の報告数が「1.00」を上回ると流行開始の目安です。「10.00」を上回るとインフルエンザ注意報、「30.00」を上回るとインフルエンザ警報が発令されます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。インフルエンザ注意報を発令します(愛知県)

インフルエンザ予防啓発ポスター・チラシをご活用ください

インフルエンザ予防目的に、こまめな手洗いとせきエチケットを守ろうと呼びかけた厚生労働省作成のポスターと豊川市宣伝部長「いなりん」とコラボしたポスターを作成しました。チラシは、インフルエンザの予防方法を掲載しています。予防啓発のポスター、チラシをご活用ください。

学校での集団かぜ発生状況

豊川市でのインフルエンザ、集団かぜ等による学年閉鎖・学級閉鎖の状況です。

学校名 期間 該当学年、学級
国府小学校 12月13日から12月14日

2年1組

愛知県の集団かぜ発生状況はこちら

愛知県で風しんの届出数が増加しています。

現在、例年に比較し関東地方で風しんの届出数が大幅に増加し始めましたが、愛知県においても、増加しています。多くは20代から50代の男性が占めています。明らかに風しんにかかったことがある、風しんの予防接種を受けたことがある又は風しんに対する抗体が陽性であると確認ができている場合以外は、任意で風しん予防接種を受けることをご検討ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。風しん流行について(国立感染症研究所)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県で風しんの患者数が増加しています。(愛知県)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県の風しん抗体検査補助事業について(愛知県)

風しんについて

風しんは、感染から14日から21日(平均16日から18日)の潜伏期間の後、発熱、発疹、リンパ節腫脹(ことに耳介後部、後頭部、頚部)が出現するが、発熱は風疹患者の約半数にみられる程度です。

妊娠初期にかかると、先天性風しん症候群をおこすことがあります。妊娠を予定または希望される女性及びその妻または同居女性をもつ男性で、風しんにかかったことがない方は、風しん予防接種費用の一部助成がありますので、ぜひ予防接種をしておきましょう。

成人風しん予防接種費用一部助成についてはこちら

今後流行が予測される感染症

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎

症状は、発熱、のどの痛みが主で、嘔吐を伴うこともあります。そして、体や手足に小さくて紅い発疹や舌にイチゴのようなツブツブがでることもあります。
風邪と違って、咳や鼻水はほとんどでないのもこの病気の特徴です。

伝染性紅斑(りんご病)

だ液などの飛沫または皮膚の接触感染10から20日の潜伏期間の後、頬に境界鮮明な紅い発疹(リンゴ様の頬)が現れ、続いて手・足に網目状・レース状・環状などと表現される発疹がみられる。年によって若干のパターンの違いはありますが、年始から7月上旬頃にかけて増加し、9月頃が最も少なくなる季節性がありますが、流行が小さい年には、はっきりした季節性がみられないこともあります。

感染性胃腸炎

症状としては、発熱、下痢、嘔吐、腹痛などが見られます。
感染している者からの糞便や汚染された食品から主に感染します。

その他感染症について

高齢者の肺炎について

インフルエンザなどから、重症化すると肺炎をおこすことがありますが、一度予防接種をすることで、最低5年間は予防ができます。65歳以上の方は、65・70・75・80・85・90・95・100になる年度に定期接種対象となります。

平成30年度対象年齢の方は、8月1日に予診票とご案内を発送しました
平成30年度対象の方の、有効期限は平成31年3月31日までになります。

過去に接種したことがある方は、定期接種対象にはなりません。その場合、75歳以上の方には、予防接種費用の一部助成があります。
高齢者肺炎球菌予防接種の一部助成についてはこちら
高齢者肺炎球菌定期予防接種の対象の方はこちら

感染症の予防法
いずれの感染症についても、「手洗い・うがい」をこまめにすること、「バランスのよい食事」と「しっかり睡眠」をとり、抵抗力をあげるなど予防に心がけることが大切です。

担当課(お問い合わせ先)

子ども健康部保健センター保健予防係
電話0533-95-4801

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
所在地:442-0879
豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る