このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市コミュニティバスについて

更新日:2017年3月1日

豊川市コミュニティバスの路線図、時刻表、運賃体系などをお知らせするページです。

豊川市コミュニティバス概要

市では合併によって広域となった市域全体を対象に、市域を一体化し、通院・買い物などの日常生活における移動確保、また、効率的な行政負担を行うため、市内バス路線の再編を検討してきました。
そして、平成23年11月から、まずは各地域と市の中心部を結ぶ基幹路線(6路線)と、地域住民が主体となって検討して地域内を運行する地域路線(3路線)で、豊川市コミュニティバスの運行を開始しました。平成24年10月から御油地区地域路線の運行を開始し、現在では基幹路線6路線、地域路線4路線で運行しています。

市内路線図(平成28年10月1日から)

携帯電話でご覧の場合、お使いの機種によって路線図及び時刻表が開けない、又は表がくずれて表示される場合があります。

基幹路線運行概要

平成28年10月1日(土曜)から豊川国府線、千両三上線、ゆうあいの里小坂井線、音羽線、御津線、音羽地区地域路線、御油地区地域路線の運行ダイヤが改正されておりますのでご注意ください。(以下は、改正後のダイヤとなります。)

豊川国府線(小型バス)

ゆうあいの里、国府駅、諏訪地区、豊川駅を結び、鉄道、新豊線、他の基幹路線と接続します。
路線図はこちら(PDF:1,796KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:158KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日15本運行、毎日運行
主な経由地 市役所、保健センター、文化会館、八幡駅、市民病院、豊川特別支援学校(登下校の時間帯のみ)

千両三上線(ジャンボタクシー)

千両地区や三上地区と豊川駅を結びます。
路線図はこちら(PDF:1,440KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:99KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日14本運行、毎日運行
主な経由地 桜ヶ丘ミュージアム、豊川駅、共立荻野病院

ゆうあいの里小坂井線(ジャンボタクシー)

ゆうあいの里から諏訪地区、市民病院を経由して小坂井地区を結びます。
路線図はこちら(PDF:1,572KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:111KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日9本運行、毎日運行
主な経由地 ぎょぎょランド、市役所、市民病院、名鉄伊奈駅、小坂井支所

一宮線(中・大型バス)

豊川駅と一宮地区にある本宮の湯を結びます。
路線図はこちら(PDF:1,508KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:103KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日4往復、毎日運行
主な経由地 一宮支所、砥鹿神社前

音羽線(ジャンボタクシー)

音羽地区と国府駅を結び、一部の便は市民病院を経由し、市役所へ接続します。
路線図はこちら(PDF:2,057KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:124KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日11本運行、毎日運行
主な経由地 名電長沢駅、音羽支所、市民病院

御津線(ジャンボタクシー)

御津地区と国府駅を結び、一部の便は市民病院を経由し、市役所へ接続します。
路線図はこちら(PDF:1,800KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:118KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日16本運行、毎日運行
主な経由地 愛知御津駅、御津支所、市民病院

地域路線運行概要

音羽地区地域路線《つつじバス》(ジャンボタクシー)

音羽地区内を運行し、基幹路線の音羽線に接続します。
路線図はこちら(PDF:1,217KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:112KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日14本運行、毎日運行
主な経由地 名電赤坂駅、音羽支所

御津地区地域路線《ハートフル号》(ジャンボタクシー)

御津地区内を運行し、基幹路線の御津線に接続します。
路線図はこちら(PDF:1,653KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:50KB)をクリック

初乗り運賃 100円
運行本数 月曜から土曜(曜日によって運行ルートが異なります)、1日1~5本運行(運行系統によって本数が異なります)
主な経由地 愛知御津駅、御津支所

一宮地区地域路線《本宮線のんほい号》(ジャンボタクシー)

一宮地区内を運行し、基幹路線の一宮線や、豊鉄バス新豊線・豊川線に接続します。
路線図はこちら(PDF:1,307KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:105KB)をクリック

初乗り運賃 100円
運行本数 火曜から土曜、1日4本運行
主な経由地 三河一宮駅、長山駅、江島駅、東上駅、一宮支所

御油地区地域路線《ごゆりんバス》(ジャンボタクシー)

御油地区内を運行し、国府駅で基幹路線と接続します。
路線図はこちら(PDF:5,060KB)をクリック 時刻表はこちら(PDF:95KB)をクリック

初乗り運賃 200円
運行本数 1日8本運行、毎日運行
主な経由地 ピアゴ国府店、ヤマナカ御油店、ふくとみクリニック、東沢2区集会所、東沢3区集会所

バス停位置情報

バス停の位置情報はこちらをクリック(きらっと☆とよかわっ!ガイドマップ ホームページへ)
平成28年10月1日(土曜)から音羽線、御津線、音羽地区地域路線の一部区間において運行ルートの変更やバス停の移設等が行われます。詳しくはこちらをクリック。(PDF:2,357KB)
なお、位置情報については平成28年10月3日(月曜)に更新される予定となっておりますのでご注意ください。

運賃について

豊川市では、市内を豊川体育館前付近で「西ゾーン」と「東ゾーン」の2つのゾーンに分けた「ゾーン制運賃」を適用しておりますが、平成28年10月から新たに豊川市民病院から豊川市役所までの区間等の市中心部に「共通ゾーン」が設けられ、1乗車200円で利用できる範囲が広がります。1つのゾーン内または東・西ゾーン内と共通ゾーン内での利用の場合は1乗車200円、共通ゾーンを越えて東・西ゾーンをまたいで利用する場合は1乗車300円となります。路線を乗り継ぐ場合は、右図青色の印のバス停で「乗継券」(下記、乗継券の利用方法参照)を発行します。
一宮線、一宮地区地域路線、御津地区地域路線、豊鉄バス新豊線・豊川線との乗継ぎには、乗継券は発行されません。乗継ぎの際には、乗継いだ路線の初乗り運賃が必要となりますのでご注意ください。
なお、コミュニティバス・豊鉄バス(豊川市内限定)共通の豊川市1日フリー乗車券も車内等で販売しておりますので、左記の路線と他の路線を乗り継ぐ場合など市内の周遊には是非ご利用ください。
運賃の支払いは全ての路線で後払いとなります。バスを降りる時に、運賃箱に入れてください。(できるだけ小銭をご用意ください。)

乗継券の利用方法

最初に乗ったバス

最初に乗ったバスを降りる時に、運転手に「乗り継ぐ」ことを伝え、運転手から「乗継券」を受け取ります。
乗継券を受け取った後、最初に乗ったバスの運賃を運賃箱に入れてバスを降ります。
乗継券を持ったまま次の乗継先の路線のバス停へ行き、バスを待ちます。(乗継券は再発行いたしません。)

乗継いだバス

乗継券を持って、次の乗継先のバスに乗ります。(整理券がある場合は取って乗車してください。)
乗継先のバスで運賃を支払いバスを降ります。
(A)共通ゾーンを越えて、東・西ゾーンをまたいで利用した場合は、乗継券と乗継運賃100円をお支払ください。
(B)同じゾーン内または、東・西ゾーン内から共通ゾーン内で利用する場合は、乗継券のみを運賃箱に入れてください。(同じゾーン内または、東・西ゾーン内から共通ゾーン内で利用する場合では、乗継券がある場合、追加運賃は必要ありません。)

注意事項

整理券がある場合は、一緒に運賃箱に入れてください。
一宮線、一宮地区地域路線、御津地区地域路線、豊鉄バス新豊線・豊川線と他路線を乗継ぐ場合、乗継券はご利用できません。それぞれの路線で初乗り運賃をお支払いください。

運賃割引について

豊川国府線・千両三上線・ゆうあいの里小坂井線・一宮線・音羽線・御津線

未就学児は同伴者1人に付き1人無料。
小学生半額。
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳いずれかをお持ちの方と付添いの方1人半額(注1)。

音羽・一宮・御油地区地域路線

未就学児は同伴者1人に付き1人無料。
小学生半額。
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳いずれかをお持ちの方と付添いの方1人半額(注1)。

御津地区地域路線

未就学児は同伴者1人に付き1人無料。
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳いずれかをお持ちの方と付添いの方1人半額(注1)。

(注1)身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳いずれかをお持ちの方とその付添いの方が、上記の運賃割引を受けるには、運賃の支払い時に、運転手へいずれかの手帳の提示が必要です。

バスの乗り方

小型バス(豊川国府線)の乗り方

小型バス車両(豊川国府線)の基本的な乗り方を写真入りで説明します。

ジャンボタクシー車両(豊川国府線・一宮線以外)の乗り方

ジャンボタクシー車両(千両三上線・ゆうあいの里小坂井線・音羽線・御津線・音羽地区地域路線・御津地区地域路線・一宮地区地域路線・御油地区地域路線)の基本的な乗り方を写真入りで説明します。

車いす利用の方へのお願いと利用状況調査等へのご協力のお願い

ジャンボタクシー、小型バスは車いすのまま乗車できます。車いすで利用される方は、前日18時までに、ジャンボタクシーについては豊鉄タクシー株式会社(電話:0533-86-8281)、小型バスについては豊鉄バス株式会社(電話:0536-24-1141)にご連絡ください。
また、豊川市コミュニティバスは、皆さんがより快適に利用できるように改善を行うため、今後利用状況調査やアンケート調査を実施します。ご協力よろしくお願いします。

車いす利用の方への乗車案内(小型バス編)

小型バス車両で運行している豊川国府線を、車いすに乗って利用する場合の、バスの乗り方を写真入りで、説明します。

車いす利用の方への乗車案内(ジャンボタクシー編)

ジャンボタクシー車両で運行している、千両三上線・ゆうあいの里小坂井線・音羽線・御津線・音羽地区地域路線・御津地区地域路線・一宮地区地域路線・御油地区地域路線を、車いすに乗って利用する場合の、バスの乗り方を写真入りで、説明します。

公共交通に関する意見などの募集について

本市の公共交通をより良いものとするために、公共交通に関する地域の情報やご意見を募集しています。なお、いただきましたご意見等について個別の回答はいたしませんので、ご了承ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。意見募集はこちらから

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 人権交通防犯課
住所:豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2149 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る