このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

令和3年度予算概要

更新日:2021年4月1日

令和3年度の予算概要について、次のとおりお伝えします。

予算の概況

収益的収支

予算総額は収入が4,424,290千円(対前年比2.8%増)、支出が3,978,828千円(増減なし)当年度純利益は3億4,146万円(44.3%増)
■収入の説明
・下水道使用料は、新規接続者は増加するものの、近年の大口使用者等の排出量の動向を考慮し、前年度と同額。農業集落排水施設使用料は、世帯人員数の減少の影響により前年度比0.3%減少
・受託工事収益は、一般会計から委託を受けて施工するマンホールトイレ整備事業費の皆減したことにより55.1%減少
・その他営業収益は、他会計負担金が公共下水道事業における国の繰出し基準に基づき、一般会計が負担すべき雨水処理や分流式下水道経費等が減少したことにより8.7%減少
・補助金は、国県補助金において、ストックマネジメント事業における管渠の巡視・点検・調査業務の減少したことにより2.0%減少
・長期前受金戻入は、資産取得のため既に交付された補助金等について、減価償却に見合う分を収益化するもので5.9%増加
・その他は雑収益や過年度損益修正益等で、過年度損益修正益は豊川流域下水道維持管理費負担金返還金の増額により102.9%の増加
■支出の説明
・汚水・雨水管渠費等は、公共下水道及び農業集落排水施設における管渠、ポンプ場、処理場の維持管理に要する費用で、農業集落排水事業における一宮西部処理区の管路施設点検調査業務を新規計上したこと、機器の取替修繕の増加により5.0%増
・受託工事費は、災害用マンホールトイレ整備工事の皆減により59.0%減少
・流域下水道費は、排出量の増加を見込み1.2%増加
・業務費・総係費は、使用料の徴収、水質規制、水洗化促進に要する費用、事業活動全般に関わる費用で、排水設備事務を水道料金等業務包括委託にあわせ民間委託することに伴い、委託料が増額となる一方で、職員人件費が2名分減額されることより6.0%減少
・減価償却費等は、有形・無形固定資産減価償却費及び汚水管渠の改築等に伴う有形固定資産除却費で1.9%増加
・支払利息は、企業債の借り入れなどに係る支払利息で15.0%の減少
・その他は、消費税及び地方消費税、特別損失、予備費等で、新たに令和元年度決算における一般会計繰入金の精算返還金の計上により大幅に増加

収入:下水道使用料2,187,200千円他計4,187,494千円 支出:減価償却費等2,419,749千円他計3,932,851千円

資本的収支

予算総額は収入が2,100,230千円(対前年比9.5%増)、支出が3,663,669千円(3.9%増)
■収入の説明
・下水道事業債は、汚水整備事業をはじめ、雨水整備事業、ストックマネジメント事業、総合地震対策事業及び豊川流域下水道建設費負担金に係る借入金で、前年度比1.8%減少
・負担金は、第10次拡張整備事業負担区のうち為当及び上野地区の対象者数が増加したことにより22.3%の増加、分担金は、第10次拡張整備事業のうち市田、野口及び長草地区で対象者数が増加したことにより165.1%の増加。収益的収入に計上していた職員の児童手当分の一般会計繰入金を資本的収入へ組み替えにより他会計負担金を新規計上
・他会計出資金は、企業債元金償還金等に対する一般会計からの出資金で、農業集落排水事業における一宮西部処理区の管きょ改築事業の財源を新規に計上したことにより72.2%増加
・補助金は、汚水・雨水管渠整備事業、ストックマネジメント事業等に係る補助金で26.3%増加
・収支不足分15億6,343万9千円は、当年度分損益勘定留保資金等の財源で補てん
■支出の説明
・公共下水道汚水管渠整備費は、主に市街化区域における公共下水道の実施設計委託料等、汚水管の築造工事費を始め、ストックマネジメント事業や総合地震対策事業に係る整備工事費で24.4%減少
・特定環境保全公共下水道汚水管渠整備費は、特定環境保全区域における公共下水道の実施設計委託料等、汚水管の築造工事費で11.1%増加
・雨水管渠整備は、用地購入費、雨水浸透施設築造工事費、雨水管の築造工事費、平井ポンプ場機器取替工事費等で130.7%増加
・流域下水道事業費は、愛知県が施工する豊川流域下水道建設事業費に係る負担金で6.4%減少
・企業債償還金は、下水道事業債の償還元金で1.8%増加
・事務費及び固定資産購入費は、7.8%減少

収入:企業債1,076,000千円他計1,825,330千円 支出:企業債償還金1,510,865千円、公共下水道汚水管渠整備費1,303,954千円他計3,505,916千円

主な事業

公共下水道事業

■事業費:1,125,653千円
■概要
【10次拡張整備事業】
(市街化区域)
・上野、平尾地区の管渠を整備
(市街化調整区域)
・六角、樽井、市田・野口、平尾地区の実施設計委託
・長草、森・為当、市田・野口、三谷原・牧野地区の管渠を整備
【その他】
・赤根下川、広石、萩地区等の管渠を整備

下水道ストックマネジメント事業

■事業費:87,859千円
■概要
【管渠施設巡視点検業務】
緊急輸送路等に埋設されたものを含めて管渠の状況を確認する点検業務を委託
【管路等改築・更新工事】
牛久保処理分区における管渠改築工事及び及びマンホール蓋補修工事を実施

下水道総合地震対策事業

■事業費:46,500千円
■概要
【下水道総合地震対策工事】
牛久保第1汚水幹線、牛久保第1汚水幹線、牛久保第5汚水幹線、小坂井西部1号幹線等のマンホール管口耐震化工事及びマンホール浮上防止対策工事を実施

全県域汚水適正処理構想検討業務(新規)

■事業費:5,676千円
■概要
【汚水処理施設整備構想検討業務委託】
全県域汚水適正処理構想は県が取りまとめることになっているが、本構想に係る基礎調査等は市が行うため、基礎調査業務を委託

公共下水道事業(雨水管渠等)

■事業費:471,603千円
■概要
【10次拡張整備事業】
・森・為当、一宮宮前地区の実施設計を委託
・森・為当、上野地区の管渠を整備
【その他】
・白川第1雨水幹線の床版設置工事、土地購入
・雨水浸透施設を整備

排水設備等業務包括民間委託事業

■事業費:19,853千円
■概要
【排水設備等業務等委託】
排水設備に関する申請受付・審査業務等を水道料金等業務包括委託に追加

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

上下水道部 下水管理課
所在地:441-1292
豊川市一宮町豊1番地
電話:0533-93-0157 ファックス:0533-93-0164

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る