このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

接続ます等の設置

更新日:2021年4月9日

下水道供用開始区域内(市街化調整区域を除く[一部例外あり])で接続ます及び取付管を設置する場合は、1つの宅地につき1箇所接続ますを公費で設置します。ただし、面積が広い土地(500平方メートル以上)は、1つの宅地につき2箇所まで公費で設置可能となります。また、建売住宅等のように転売を目的として土地の分筆を伴う譲渡(分譲)を行う場合、元の土地の範囲を1つの宅地とします。公費で設置できないときでも、自費であれば設置可能となりますので、詳しくは市までご相談ください。

接続ます設置基準

公費での設置手続き

接続ます設置申請書を市に提出していただきます。また、取付管の施工もある場合は、道路使用許可申請書も提出していただきます。
申請が受理されると、市で施工業者に発注します。接続ますのみ設置の場合は約2週間、接続ますと取付管設置(一般市道)の場合は約1か月半、接続ますと取付管設置(国、県道)の場合は約2か月程度設置完了まで時間がかかりますので、住宅等建設予定があり、現地に接続ますがないような場合は、接続ます設置申請書を早めに提出してください。

自費での設置手続き

下水道処理区域内において、自費で接続ますを設置する場合は、接続ます自費設置申請書を市に提出していただきます。また、取付管の施工もある場合は、道路使用許可申請書も提出していただきます。
施工は接続ます、取付管の工事標準図、工事仕様書に基づき施工していただきます。工事の施工、工事写真の撮影方法につきましては、下に記載の「工事写真撮影方法・注意事項」を参照いただき、注意して施工ください。工事完了後は、排水施設寄附申込書、出来形書(位置図、工事写真、平面図、断面図)を提出してください。
施工可能な施工業者は、建設業許可(土木または管工事または水道施設工事)がある者となります。

申請関係様式

施工基準・施工方法

工事写真撮影方法・工事施工時の留意点

注意事項

・新たに接続ます等を設置する箇所で、接続ますの設置位置が車等の乗り入れが多くある場合は、接続ます等を公費で基本的に設置しますが、蓋部分の防護ハットについては、自費で設置をお願いします。
・土地の利用形態が変わり(一般住宅からコンビニ等)、既設の接続ます(塩ビ蓋)の位置が頻繁に車の出入りする場所になった場合でも、自費で防護ハットに蓋部分を変えていただきます。
・既設の接続ますがコンクリートと50cm径の鉄蓋が設置され、これを塩ビの接続ますに変える場合は、自費で取り換えていただきます。
・接続ますの蓋が割れている(鉄蓋、塩ビ蓋)等破損を見かけましたら、市までご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

上下水道部 下水整備課
所在地:441-1292
豊川市一宮町豊1番地
電話:0533-93-3115 ファックス:0533-93-0164

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る