このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

絵はがき・錦絵にみる郷土の風景展

更新日:2013年1月4日

絵はがき・錦絵にみる郷土の風景展 -明治・大正・昭和の豊川-

 郵便葉書の裏面に絵や写真のある絵はがきは、現在、多種多様なものが制作され、私たちの生活の中で広く使用されています。明治33(1900)年に民間での発行が許可され、日露戦争の戦勝を記念して逓信省が発売した戦役記念絵はがきが評判を呼び、その後絵はがきは一大ブームを呼ぶこととなりました。情報伝達の手段が少なかった当時、絵はがきは戦争や事件・災害など様々な出来事を絵や写真で伝える手段として利用されたり、観光地の記念品として販売されたりしました。豊川市に関するものとしては、豊川稲荷をはじめとする観光の記念品として制作されたものなどがあり、それらからは時代とともに変わりゆくかつての郷土の風景を知ることができます。
 妙厳寺の守護神として祀られる豊川稲荷は、江戸時代後半以降の稲荷信仰の隆盛とともに福徳の神として広く崇敬され、現在に至るまで全国各地から多くの参詣者が訪れています。参詣者の記念品として制作されたものに、妙厳寺境内及びその周辺を描いた錦絵があり、明治時代を中心として多くのものが制作され、現在とは異なる妙厳寺境内や門前町の姿などが描かれています。
 本展では、それらの絵はがきや錦絵などから明治・大正・昭和の時代の豊川市の風景を振り返ります。

  • 会期 平成18年7月1日から7月16日まで
  • 休館日 7月3日、10日
  • 時間 午前9時から午後5時まで
  • 会場 特別展示室、常設展示室近・現代コーナー
  • 観覧料 無料

お問い合わせ

市民部 文化振興課
所在地:442-0841
豊川市代田町1丁目20番地の4
電話:0533-84-8411 ファックス:0533-84-8412

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る