このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

企画展「鈴木 と 鈴木 ほる と ほる」

更新日:2022年7月31日

ふたりの鈴木が表現する「彫る」と「掘る」の世界

ポスターの画像
鈴木 と 鈴木 ほる と ほる ポスター

豊橋市出身の鈴木淳夫は、木製パネルに絵具を幾重にも塗り重ね、画面を彫刻刀で彫ることでもたらされる視覚効果や、絵具片を使った独自の表現を追求しています。新城市(旧鳳来町)出身の彫刻家・鈴木孝幸は、場所・もの・言語等の記憶や結びつきを物質に置き換えて、掘った土や石を構成し、視覚化する作家です。
異なる分野で制作を続ける淳夫と孝幸ですが、互いの美術に対する思想に影響を受け合い、今回2人が手掛ける「彫る」と「掘る」から生まれる新しい美術空間をご紹介します。

作品の画像
(左)鈴木淳夫「彫る絵画」(2019年) ・撮影 麥生田 兵吾 (右)鈴木孝幸「サイクルとサイクルとサイクルと…」展示風景(2020年)

作家について

鈴木 淳夫(すずき あつお)について

1977年 愛知県豊橋市生まれ
2001年 静岡大学大学院教育学研究科 修了
自身の作品を「彫る絵画(Carved Painting)」と称す。この技法をあみ出して20年、独自の表現を追求している。

鈴木 孝幸(すずき たかゆき)について

1982年 新城市(鳳来町)生まれ
2007年 筑波大学芸術研究科修士課程総合造形分野修了
地元の新城市山中をはじめ、各地の自然を訪れ、「掘る」から得た物資や行為を別会場で再構築する。

展覧会詳細

会期

令和4年7月23日(土曜)から令和4年8月11日(木曜・祝日)
午前9時から午後5時まで
月曜休館

会場

豊川市桜ヶ丘ミュージアム2階第1展示室から第4展示室、2階ロビー

入場料

無料

展覧会関連企画

対談「展示空間という舞台で、語り合う」(終了しました)

神奈川芸術文化財団・キュレーターの中野仁詞さんをお迎えし、これまでキュレーションされてきた国際展、国内展について、関東のアート・地方アートの現状などのお話を伺いつつ、本展出品作家の鈴木淳夫・鈴木孝幸とともにこれからの芸術について対談を行います。
〈詳細〉
日時:令和4年7月23日(土曜)午後2時から
会場:桜ヶ丘ミュージアム2階ロビー
対象:どなたでも
参加費:無料

中野仁詞(なかのひとし)氏について

1968年、神奈川県生まれ。
キュレーター/公益財団法人神奈川芸術文化財団(神奈川県民ホール/KAAT神奈川芸術劇場)、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館・塩田千春「掌の鍵」(2015年)、横浜トリエンナーレ「鳥と星空とガラパゴス(17年)。主な企画展に「日常/オフレコ」展(14年)、小金沢健人「裸の劇場」(19年)、大山エンリコイサム「夜光雲」(21年)、鬼頭健吾「Lines」(22年)ほか多数。
東海大学/女子美術大学非常勤講師。

作家トーク「ギャラリートーク、もう1人の鈴木を交えて」

豊田市美術館・学芸員の鈴木俊晴氏を会場に招き、3人の鈴木で展覧会を振り返りながら、トークを行います。
日時:令和4年8月11日(木曜・祝日)午後2時から
会場:桜ヶ丘ミュージアム2階ロビー
対象:どなたでも
参加費:無料

ミュージアムワークショップ1「絵具を彫ってみよう」(終了しました)

講師:鈴木淳夫
内容:鈴木淳夫が生み出した「彫る絵画」を体験します。絵具の層を彫ってみましょう。
日時:令和4年7月30日(土曜)

  1. 午前10時30分から正午まで
  2. 午後1時30分から午後3時まで

対象:小学4年生から高校生
定員:各回5名
※要事前申し込み
※彫刻刀を使用します。ご参加いただく方は、彫刻刀、自分の手にあったサイズの軍手をお持ちください。

ミュージアムワークショップ2「ミュージアムでも豊川(とよがわ)に触れる」(終了しました)

講師:鈴木孝幸
内容:視覚に頼らず、手の感覚で、豊川(とよがわ)の石を積み、自然に触れる楽しさと、遠く離れた場所とのつながりを感じるワークショップです。
日時:令和4年7月31日(日曜)

  1. 午前10時30分から正午まで
  2. 午後1時30分から午後3時まで

対象:どなたでも
定員:各回15名
※要事前申し込み

ワークショップの事前申し込みについて(終了しました)

令和4年7月9日(土曜)午前9時から、桜ヶ丘ミュージアム窓口または、電話(0533-85-3775)で先着順に受付します。

  • 1申し込みにつき、2名まで
  • 申し込みの際は、お名前、年齢、日中連絡のつくお電話番号、どちらのワークショップを希望か、希望の時間帯をお伺いします
  • 定員になり次第受付を終了します

新型コロナウイルス感染症対策について

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、展覧会、関連企画の急な中止・変更が生じる可能性がございます。
  • ご観覧、各種イベントへの参加は、マスクの着用をお願いします。また入館時に、消毒・検温にご協力ください。
  • 体調がすぐれない方、発熱、風邪等の症状がある方は、ご来館をお控えください。
  • 混雑時は、入場を制限する場合がございます。

その他

主催

豊川市

お問い合わせ先

豊川市桜ヶ丘ミュージアム
〒442-0064
愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
電話:0533-85-3775
FAX:0533-85-3776
月曜休館

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 文化振興課
所在地:442-0841
豊川市代田町1丁目20番地の4
電話:0533-84-8411 ファックス:0533-84-8412

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る