このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市情報システム等全体最適化計画

更新日:2013年1月4日

1 全体最適化計画の位置づけ

(1)全体最適化計画の策定

 豊川市では、平成20年度に「とよかわ情報化推進指針」を策定しているが、基本目標を達成する施策の一つとして、「行政の情報化:市民に有益な電子市役所の実現」を定義している。その中で、「市民サービスの向上」、「行政の効率化」をテーマとし、“業務全般の最適化”を実現手段の一つと位置づけている。
 全体最適化計画は、「行政の情報化:市民に有益な電子市役所の実現」を推進する全体計画として位置づけ、行政の情報化の促進を図るものである。

全体最適化計画の位置づけの図:とよかわ情報化推進指針は、平成18年度から平成27年度を計画期間とする第5次総合計画と連携しており、全体最適化計画はとよかわ情報化推進指針の「行政の情報化:市民に有益な電子市役所の実現」に位置づけられている。全体最適化計画の目的は、1市民サービスの向上、2行政事務のパワーアップ、3安心・安全の維持・向上、4コスト削減となっており、全体最適化計画を具体化させるため、第1次フェーズ、第2次フェーズの実行計画を策定し、全体最適化の方向性を見極め取り組んでいく。

(2) 全体最適化計画の策定プロセス

 情報関連業務の現状調査、現状分析の結果に基づき、情報システム全般の目的と目指すべき姿を設定し、全体最適化の方針、事業運営方法、全体スケジュールを策定する。

全体最適化計画の策定プロセスの図:全体最適化計画を策定するにあたっては、現状調査・現状分析として、情報政策、人・組織、事務、業務システム、ネットワーク・パソコン、運用・保守、情報セキュリティ、ITガバナンス、コスト、外部動向を調査し、問題点抽出・課題と解決策の検討を行った上で、全体最適化の目的と目指すべき姿、費用対効果分析、運営方法、全体スケジュールを策定した。

2 全体最適の目的と目指すべき姿

(1)全体最適化の定義と範囲

(1)-1定義

 これまでのように各部門だけの考え(個別最適)で個々のシステム構築を行うのではなく、情報システム関連業務全般から見た目的、目標、システムの位置づけ、運用、機能などを明確にし、全庁的な視点で、情報システム及びその業務のあり方を再定義することを“全体最適化”と定義する。

(2)全体最適化の範囲

(a) 情報政策
(b) 庁内全般の業務システム
(c) ネットワーク、ファイルサーバ、インターネット接続環境
(d) 職員端末、教育用端末
(e) 運用・保守

(2)全体最適化の目的

 総合計画、行政改革大綱、情報化推進指針の上位計画と情報関連業務の現状調査・分析からの考察を踏まえ、全体最適化の目的を次の4つに定める。
 (2)-1 市民サービスの向上
 (2)-2 行政事務のパワーアップ
 (2)-3 安心・安全の維持・向上
 (2)-4 コストの削減

 また、上記の全体最適化の4つの目的を達成するため、全体最適への情報システム力(全体最適の視点)、全体最適化の維持・向上を図るための情報システムの運営力(ITガバナンスの視点)の2つ視点で具体的な方策を検討する。

(3)目指すべき姿

 豊川市では、住民情報、行政情報、都市整備、公営企業の各業務のICT化をはじめ、ネットワークの整備、電子申請及び施設予約等の市民との情報伝達のあらゆる分野でのICT化を図ってきた。現在、計算事務の電算化、業務個別のシステム化の取り組みが一巡し、組織全体としての業務と情報システムの全体最適化を迎える段階となっている。この段階では、組織の枠組みを越えた組織横断的な視点で、業務及び情報システムのあり方を一体的に見直す必要がある。また、全体最適化の推進にあたっては、情報システムを市の政策目標を実現するための手段として位置づけ、全体最適の視点(情報システム力)とITガバナンスの視点(情報システムの運営力) を調和させて、組織的に統制することが要求されている。
 情報システムの方向性を議論する際には、現在の全体最適、ITガバナンスの到達度を踏まえ、将来を見据えることが重要であり、現時点での達成レベルを進化/継続/改善することにより全体最適化の “目指すべき姿”を実現する。

 現在、住民基本台帳の大規模な法制度改正(平成24年7月)が控えているため、ここ数年は、現行システムの継続利用となることから、全体最適化の目指すべき姿へは、次の2つのフェーズを考慮し、全体最適化を推進する。

  • 第1フェーズ : ITガバナンスの相対的なレベルアップ
  • 第2フェーズ : システムの共同利用を視野に入れた情報システムの全体最適化

お問い合わせ

企画部 情報システム課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2128 ファックス:0533-89-2168

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る