このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

パブリックコメント「豊川市都市計画マスタープラン(案)」テキスト版資料

更新日:2013年1月4日

※このページは、視覚障害のある方などで、音声読み上げソフトを使ってホームページを閲覧されている方のために作成したページです。そのためレイアウトの崩れた部分などがありますが、ご了承ください。

序章 計画の前提

序-1 都市計画マスタープランの位置づけ、策定の方向性について

序-1-1 都市計画マスタープラン策定の趣旨
 都市計画マスタープランとは、都市づくりの具体性のある将来ビジョンを確立し、個別具体の都市計画の指針として地区別の将来像をより具体に明示し、地域における都市づくりの課題とこれに対応した整備の方針を明らかにした都市計画に関する最も基本的な計画です。
 これを行政と市民が共有し、具体的なまちづくりとして実現していくものです。
 今回策定する都市計画マスタープランは、平成18年の都市計画法(まちづくり三法)等の改正および豊川市総合計画の改定等を背景に、豊川市都市計画マスタープラン(1996~2010)における基本的な方針は継承しつつ、所要の見直しや平成18年の旧一宮町との合併、平成20年の旧音羽町、旧御津町との合併、平成22年の旧小坂井町との合併、計4町との合併もふまえた整理を行います。
 愛知県が策定する「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)」や改定された第5次豊川市総合計画をふまえて、豊川市の都市の将来像や土地利用を明らかにするとともに、地域ごとのまちづくりの方針を定めることにより、豊川市における都市計画の総合的な指針としての役割を果たします。

序-1-2 都市計画マスタープランの計画期間
 都市計画マスタープランの目標年次は第5次豊川市総合計画との整合を図り、概ね20年後の都市の将来像を展望した上で10年後の平成32年度(西暦2020年度)を目標年次とします。

序-1-3 都市計画マスタープランの位置づけと役割
 本市のまちづくりの上位計画としては、第5次豊川市総合計画や愛知県が策定する「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)」があります。
 「豊川市都市計画マスタープラン」は、これらの計画に即し、将来のまちづくりの方針を明らかにします。そして、土地利用、道路・公園等の都市施設の配置、市街地の整備・改善といった個別の都市計画に関する事項については、「豊川市都市計画マスタープラン」が上位の位置づけとなって、具体的なまちづくりを展開していくこととなります。
 都市計画マスタープランは、平成32年度の目標年次に対応した「全体構想」と「地域別構想」により構成します。全体構想は、都市全体の将来ビジョンや土地利用および都市施設のあり方等を示すものです。地域別構想は、地域ごとの市街地像やまちづくりの考え方、整備の内容、方策等を示すものです。

第1章 現況およびまちづくりの課題

1-1 都市の概況

1-1-1 本市の人口
(1)人口・世帯数
 本市の人口は、増加傾向を続けており、平成17年時点で181,444人となっています。
 世帯数、世帯人員については平成17年でそれぞれ61,777世帯、2.94人/世帯となっており、世帯数は増加していますが、世帯人員は減少傾向となっています。
 また、区域区分別の人口としては、平成17年時点で市街化区域が140,237人、市街化調整区域が41,207人となっています。
 平成12年~平成17年における町丁目別人口増減状況をみると、JR豊川駅の周辺では、大きく増加している地域、大きく減少している地域が混在してみられます。
 その他で人口が大きく増加している地域は岡崎市方面、減少している地域は名鉄国府駅周辺にみられます。
 なお、本市の平成12年~平成17年における増減率は、2.69%の増加となっています。
(2)DID区域人口
 DID区域人口は、平成17年時点で106,479人となっており、行政区域の約59%を占めています。DID区域面積は、平成17年時点で2,155haとなっており、平成12年まで増加傾向となっていましたが、平成12年から平成17年にかけてはやや減少しています。
 DID区域の変遷をみると、市役所周辺からJR豊川駅の市街地、小坂井地区の中心部、名鉄国府駅~名鉄御油駅周辺の3箇所に分散していましたが、市役所周辺からJR豊川駅の市街地のDID区域が南西に拡大し、現在は小坂井地区のエリアとつながっています。

(3)年齢階級別人口(3段階)
 年齢階級別人口(3段階)は、平成17年時点で年少人口が27,748人 (15.3%)、生産年齢人口が121,063人(66.7%)、老齢人口が32,591人(18.0%)となっており、年少人口は減少、老齢人口は増加傾向にあります。
 また、平成12年までは年少人口が老齢人口を上回っていましたが、平成17年に逆転しています。
 構成比としては、愛知県の平均より、年少人口と老齢人口の割合はともに若干高くなっています。
 町丁目別の老齢人口の分布をみると、平成12年では15%~20%の地域が多かったのが、平成17年では20%~25%の地域が多くなっており、ほぼ全ての地域で老齢人口の割合は増えています。老齢人口の多い地域は、行政区域界の地域のほか市街地にもみられます。
(4)産業就業別人口
 就業者総数は、平成17年段階で98,212人と経年的に増加の一途をたどっています。産業別には、第3次産業が全体の中で最も多く、平成17年段階で全体の約53%を占め、第2次産業は平成2年をピークに減少傾向を示し平成17年段階で約39%、第1次産業就業人口は減少傾向を示し平成17年段階で約7%となっています。
 平成17年段階で最も多い就業内容としては、製造業の30,996人、次いでサービス業の22,396人、卸売・小売業、飲食店の18,151人、建設業の7,097人となっており、第3次産業のサービス業、卸売・小売業、飲食店については増加傾向にありますが、第2次産業の製造業は平成2年をピークに、建設業は平成7年をピークに減少しています。

1-1-2 土地利用・建物利用
(1)土地利用規制
 本市の土地利用規制については、都市計画区域は市全域となっており、市街化区域内には用途地域が、市街化調整区域には農業振興地域・農用地区域が基本的に指定されています。
 市街化区域内の用途地域では、第1種住居地域が市内各地にわたり最も広く指定され、次いで第1種中高層住居専用地域、準工業地域、工業専用地域と続いており、その他の地域地区としては、特別用途地区、防火地域・準防火地域、高度利用地区、臨港地区が指定されています。また、地区計画が193.1ヘクタール指定されています。
 市街化調整区域内では、農業振興地域や農用地が指定されています。
(2)土地利用現況
本市の市街化区域内の土地利用は、住宅用地が最も多く全体の約32%(1,123.01ヘクタール)、次いで道路用地(全体の約15%(531.23ヘクタール))、工業用地(全体の約15%(508.68ヘクタール))となっています。市街化区域内の農地は357.22ヘクタール(全体の約10%)、市街化区域内の可住地人口密度は66.97人/ヘクタールとなっています。

1-1-3 産業
(1)農業
 本市の農業は、平成17年段階で農家数4,140戸、経営耕地面積2,253ヘクタール、農業算出額212億6,000万円となっており、平成7年からの推移では全て減少傾向を示しています。
(2)工業
 本市の工業は、平成19年段階で事業所数645所、従業者数29,397人、製造品出荷額1兆2,803億7,200万円となっており、事業所数は減少傾向になっているのに対し、従業者数、製造品出荷額は増加傾向となっています。
(3)商業
 本市の商業は、平成19年段階で店舗数1,956店、従業者数13,492人、年間販売額3,252億3,400万円となっており、店舗数、従業者数、年間販売額いずれも減少傾向を示しています。
 また、大型店で店舗面積や延べ床面積で10,000平方メートルを超える施設は、2店舗あります。

1-1-4 交通体系
(1)道路
 本市の道路網は、国道が国道1号、国道23号、国道151号、国道362号、国道247号の5路線、国府馬場線、豊川新城線、東三河環状線、豊橋豊川線をはじめとした県道、そして市道で構成されています。
 交通量は、国道1号が平成17年段階で12時間あたり29,397~33,167台、国道151号が12時間あたり17,258~29,312となっており、国道1号と国道151号の豊川IC付近では平成11年から交通量が増加しています。その他では、主要地方道国府馬場線の市役所付近が17,543台/12hの交通量となっており、こちらも平成11年から増加しています。
(2)鉄道
 本市の鉄道網は、名鉄豊川線が中心部を東西に、JR飯田線が市の東部を南北に貫き、また市の南西部にはJR東海道新幹線・東海道本線、名鉄名古屋本線が通っています。駅はJR飯田線が牛久保・豊川・三河一宮はじめ7駅、東海道本線に西小坂井・愛知御津の2駅あります。名鉄は名古屋本線と豊川線の結節点である国府駅、豊川線の終着駅豊川稲荷駅(JR豊川駅に近接)、市役所に近い諏訪町駅はじめ、豊川線に4駅、名古屋本線に6駅あります。
 乗降客数については、平成7年度以降減少傾向となっていますが、近年においては微増傾向を示している駅もあります。
(3)バス
 本市のバス路線網について、路線バスは、民営の広域バス路線として、市役所・JR豊川駅周辺およびJR飯田線を通り豊橋市と新城市を結ぶ路線、御津地区を通り豊橋市と蒲郡市を結ぶ路線の2路線あります。
 その他、市委託バス路線として市街地北部を通りJR豊川駅と名鉄国府駅を結ぶ豊川北部線、一宮地区の健康福祉センター送迎バス(いかまい館号)、音羽地区のコミュニティバス、御津地区の福祉乗合タクシーが運行されています。

1-2 市民意向調査結果
 都市計画マスタープラン策定に際して実施したアンケート調査から市民意向をふまえ、以降に整理します。
調査期間 平成21年11月27日~平成21年12月11日
配布数 1,700通(有効配布数1,689通)
回収数 728通(回収率43.1%)

1-2-1 住宅地に関する市民意向
 市民意向では、住宅地に関して「市街地の拡大」から以下に示すことを意向として示しています。
・市街地の拡大よりも既存住宅地の住環境の充実
・市街地内の未利用地の活用

1-2-2 商業地および工業地に関する市民意向
 市民意向では、商業地および工業地に関して「工業地・商業地・沿道利用について」から以下に示すことを意向として示しています。
・主要商業地の活性化、駅周辺などの既存商業地の活性化
・既存工業施設の操業環境の維持・改善
・既存市街地の充実と住環境の維持
・幹線道路沿道の秩序的な開発

 1-2-3 道路および交通に関する市民意向
 市民意向では、道路および交通に関して「交通・道路施設について」から以下に示すことを意向として示しています。
・身近な道路の改善
・既存交通施設の改善
・公共交通への取り組み

1-2-4 市街地の拠点に関する市民意向
 市民意向では、市街地の拠点に関して「これからの商業地(1-2-2を参照ください。)」、地域公共交通会議アンケートから「行きたい施設がある地域として最も多い地区」から以下に示すことを意向として示しています。
・主要商業地の活性化、駅周辺などの既存商業地の活性化
・現在の通勤・通学の中心地、行きたいところが集中している地区は桜木・豊・豊川小学校区域

1-2-5 その他のまちづくりに関する市民意向
 市民意向では、まちづくりの全般として「今後の行政において重要度の高い項目」、「居住地において、大切に守っていきたいもの、まちづくりに活用すべきもの」および「まちづくりの決まりをつくること」から以下に示すことを意向として示しています。
・安全・安心に関する施策が重要
・文化財・伝統行事の保存や活用
・市民を中心としたまちづくりルール

1-3 まちづくりの課題
 本市の現況および都市を取り巻く社会状況の変化をふまえ、本市が取り組むべきまちづくりの課題の抽出を行います。

1-3-1 人口に関する課題
・中心市街地における活力の低下
・市域縁辺部における高齢者人口の増加
(1)人口の増減 ~中心部の減少と地域拠点および地域縁辺部での人口増加~
 本市の市域および人口は、市町合併に伴い拡大・増加してきましたが、今後はほぼ横ばいで推移する見込みです。また、本市の人口分布は市街化区域内人口が77.3%、市街化調整区域内人口が22.7%となっていますが、昭和60年から平成17年までの人口増減を見ると、市街化区域内の人口が増加から平成17年に減少に転じる一方、市街化調整区域内の人口は引き続き増加する傾向が見られます。また、昭和60年から平成17年までの人口集中地区の面積および人口密度を見ると、平成12年までは面積および人口密度とも増加傾向にあったものの、平成17年に減少に転じています。
 このように、本市の人口は継続的な増加を続けてきたものの、市域中心部で人口が減少し、縁辺部では増加する傾向があり、中心市街地における空洞化が懸念されます。
(2)高齢化の進展 ~中心部および地域縁辺部での高齢化の進展~
 本市の老年人口割合は、昭和60年から平成17年にかけて継続的に増加しており、平成17年では18.0%となっています。
 町丁目別の老年人口の割合の分布を見ると、老年人口割合の高い地域には市域縁辺部に多く見られる一方で、中心市街地においても老年人口の割合が高い地域が散見されます。
 このように本市においては、老年人口が市域縁辺部および中心市街地で進展していることがわかります。

1-3-2 土地利用、産業に関する課題
・既存工業地・商業地の活性化と周辺との調和
・沿道の適正利用
(1)土地利用の混在 ~住宅用地と工業用地の混在~
 本市の市街化区域内においては、複数の区域で住宅と工場が混在する市街地が形成されています。
 このような区域では、騒音・日照・交通の面で生活環境に大きな影響が出ており、また、工場の操業環境・営業効率の面から見ても望ましくない市街地となっています。
 以上のことから、工場から住宅への転用が進展している地区では、良好な住環境を確保するため、土地利用純化の促進や都市基盤の確保も含めた計画的な整備が必要となっています。さらに、地場産業の育成などが必要な地域においては、操業環境の維持・確保を図り、産業の維持・向上に努める必要があります。
(2)商業系用途の未集積 ~中心市街地の活性化~
 高齢社会への対応、環境負荷低減の観点から、公共交通を利用できる主要な駅周辺において、歩いて暮らせるコンパクトな住宅地の形成が求められており、駅周辺への商業・サービス機能をはじめとした多様な都市機能を集積する必要があります。
 本市の中心市街地として位置づけられる、名鉄諏訪町駅周辺、JR豊川駅周辺および両地区を結ぶ中央通地区の区域においては、主な土地利用が住居となっており、商業の集積が小さいことから、名鉄諏訪町駅周辺およびJR豊川駅周辺は本市における「顔」としての役割を担うものであり、今後商業施設の集積を含め、拠点としての整備を図る必要性があります。
 また、自動車利用者の利便性と土地の有効活用の観点から、駅周辺の商業地とのバランスを考慮したうえで、幹線道路沿道における商業地を形成する必要があります。

1-3-3 市街地整備、住宅・宅地供給に関する課題
・既存市街地の住環境の維持・改善
・市街地内低未利用地の活用
(1)既存市街地の住環境の維持・改善 ~高齢化に向けた住宅・宅地供給の推進~
 本市は高齢化が進展しており、人口も横ばいとなることから、環境負荷低減の観点もふまえて将来的な市街地の拡大を行うよりは、既成の市街地内の住環境の維持・改善を図り、歩いて暮らせるコンパクトな住宅地を形成することが重要となります。
 今後、急速に進展する高齢社会への対応の観点から、公営住宅等のバリアフリー化など、買い物環境や公共交通の利便性の高い主要駅周辺における高齢者向け住宅の供給促進など、高齢者向けの住環境を整備する必要があります。
(2)市街地内低未利用地の活用 ~既成市街地内の生活環境の向上~
 本市の市街地内には、低利用や未利用地が存在している一方で、基盤未整備の密集市街地も存在しています。
 そこで、基盤未整備の既成市街地や密集市街地においては、狭あい道路や公共空地が少ないことから、防災上の観点から住環境の改善が必要となります。 また、基盤の整備された既成市街地などでは、低未利用地において、適切な土地利用の誘導を図り、良好な住環境を保全する必要があります。

1-3-4 交通体系(道路網、鉄道・バス)に関する課題
・幹線道路の交通渋滞と密集市街地における交通対策
・誰もが使いやすい公共交通への取り組み
(1)道路網 ~幹線道路の渋滞~
 本市の幹線道路においては、名鉄諏訪町駅周辺やJR豊川駅周辺を中心に広い範囲で主要幹線道路の渋滞が発生しています。
 主要幹線道路の渋滞は、大気汚染や騒音などとして生活環境に影響を与え、また、生活道路への通過交通の流入により歩行者の安全性を脅かすこととなるため、解消を図っていくことが必要となります。
(2)鉄道 ~利用者数の停滞~
 本市には、JR東海道本線、JR飯田線、名鉄豊川線、名鉄名古屋本線が通っており、多くの駅が存在しますが、多くの駅の乗降客数は近年減少傾向にあります。
 特に、鉄道駅は他の公共交通との連絡や広域交通の結節点であることから、集約型の都市構造の構築に向けた交通拠点としての機能強化を図る必要があります。
(3)バス ~バス路線の偏在~
 本市における主要な公共交通手段は、鉄道とバスがあります。
 そのため、高齢社会への対応や、低炭素社会への対応に向けた観点からみても、利便性の高い公共交通ネットワークの充実を図り、日常生活の利便性や通勤通学の利便性を確保する必要があります。

1-3-5 公園・緑地に関する課題
・自然の保全と日常使用・防災機能を有する公園・広場の整備
・河川沿いなどの自然豊かな緑の保全
(1)身近な緑の確保
 本市においては、市民ニーズを含めて、公園等の整備推進等、更なる生活に密着した都市基盤の整備が求められています。
 また、身近な公園に加えて、水辺空間の整備・活用を図り、身近な緑地の維持・保全による潤いの創出や、歴史的な緑の保全と、それらを回遊する空間の構築を図る必要があります。さらに、災害時の避難場所等になる身近な公園の整備、機能向上を図る必要があります。

1-3-6 河川・下水道に関する課題
・市街地を貫く河川(豊川、佐奈川、音羽川など)の河川整備と河川沿いの親水性の確保
・市街化区域内での下水道整備の推進
(1)河川整備と河川沿いの親水性の確保
 都市化による雨水の急激な流出や、突発的な豪雨により、近年、日本各地で水害が多発しており、本市でも備えが必要となっています。
 また、身近な公園が不足していることから、河川沿いの貴重な自然について水辺空間の整備・活用を図り、市内の緑の軸として構築を図る必要があります。
(2)市街化区域内での下水道整備の推進
 市街化区域内においても、公共下水道が未整備な地域があることから、公共下水道の更なる整備が必要となっています。

1-3-7 防災・公共施設に関する課題
・安全・安心の観点からの施設整備・改善の推進
・拠点施設へのアクセス性の向上、拠点の位置づけと周辺地域との連携
(1)安全・安心の確保
 近年、都市化による雨水の急激な流出や、突発的な豪雨により、近年、日本各地で水害が多発しており、本市でも備えが必要となっています。
 また、東海・東南海地震に対する意識も高まっていることから、耐震化されていない公共施設については、地震の際に拠点として活用できるような対応が必要となっています。

1-3-8 景観に関する課題
・文化財・伝統行事の保存や活用
・市民中心のまちづくりルールと住民参加の推進
(1)豊川市らしい景観・歴史の活用
 駅周辺の商業地における賑わい創出のために、豊川稲荷周辺における都市の顔となる景観形成、オープンスペースの確保、回遊機能を高める歩行者空間整備など、安全で快適な商業空間の形成が必要とされています。
 また、豊川市らしい景観形成、自然環境の維持・保全の観点から、社寺の緑、歴史的町並みなど、豊川固有の歴史や伝統などを活かした個性的な景観づくりを行う必要があります。
 市民が憩い親しむ水辺空間の創出の観点から、河川沿いの緑の確保などによる川辺を楽しめる空間づくりでの良好な景観の保全・形成が必要となります。

まちづくりの課題 まとめ
計画の前提
 都市計画マスタープランとは、都市づくりの具体性のある将来ビジョンを確立し、個別具体の都市計画の指針として地区別の将来像をより具体に明示し、地域における都市づくりの課題とこれに対応した整備の方針を明らかにした都市計画に関する最も基本的な計画です。

計画の目標年次・・・都市計画マスタープランの目標年次は第5次豊川市総合計画(新市基本計画)との整合を図り、概ね20年後の都市の将来像を展望した上で10年後の平成32年度(西暦2020年度)を目標年次とします。
計画の対象区域・・・豊川市全域

現況および課題の整理
 豊川市(以下、本市とします)は、平成18年の旧一宮町、平成20年に旧音羽町・御津町、平成22年に旧小坂井町と合併しました。
 愛知県の東部に位置し、岡崎市・新城市・豊橋市・蒲郡市に隣接するとともに、東名高速道路や国道1・23・151号、JR東海道本線・名鉄本線・豊川線が市域を通るなど、東三河地域における重要な交通の結節点となっています。また、豊川、音羽川、佐奈川が流れ、三河湾に注いでいます。

人口・産業指標
H17現在181,444人(市街化区域140,237人)
県平均より年少人口、老齢人口が若干高い構成、中心部・市域縁辺部で高齢化が進展
JR豊川駅周辺などの中心部で人口減少、地域拠点などで人口増加
昼夜間人口から流出超過型の都市となっており、流出入人口は豊橋市や新城市など隣接する都市が多い
農業・商業は全体的に減少傾向、工業は事業所が減少するが従業者、製造品出荷額が増加傾向
ロードサイド型商業施設の立地が進む一方、旧来の商店街は衰退

土地利用指標など
市域の約22%が市街化区域で、約77%の人口が市街化区域に集中
住宅と工場が混在する区域が複数存在
中心市街地などにおける商業系利用が未集積
既存市街地における生活基盤などが整っていない区域が存在
市街化区域内の農地などを含めた低未利用地が存在
東南海・南海地震に係る地震防災対策推進地域に指定
市域北部などに森林が広がり豊かな自然環境が存在
都市固有の歴史・文化的資源が存在

都市施設指標
東名高速道路や国道、都市計画道路などにより道路ネットワークを形成しているが、未整備区間の存在などによる交通渋滞の発生
公共交通は、JR東海道本線・飯田線(9駅)、名鉄名古屋本線・豊川線(10駅)、バスは民間バスと市委託バスが運行
豊川、豊川放水路、音羽川や佐奈川が市域を貫流
土地区画整理事業が3箇所で実施中
都市計画公園は、11.46平方メートル/人あるが地域ごとで偏りがある
市域内においては、台風や局所的豪雨などにより浸水箇所が存在

住民意向調査
市街地の拡大より、現在の市街地の生活環境の向上、未利用地の利用
現状の住環境の維持・改善
既存の工場の操業環境の向上
中心市街地などの商業地の維持・魅力の向上による活性化、駅周辺の地域型商業地の活性化
幹線道路の沿道利用を選定し、日用品など必要最低限の店舗立地
バスなどの公共交通の取り組みを重点的に推進
公共交通施設・道路などのバリアフリー化、バスや鉄道の公共交通結節点の強化
現状の公園を災害時に避難地として活用できるよう再整備
行政支援による積極的な市民中心のまちづくりの決まりづくり

上位計画
第5次豊川市総合計画(新市基本計画)
将来像 ~光と緑に映え、ゆたかで、住みよい、夢のあるまち~
安全で快適な生活環境が整っています
健康で生き生きと暮らせる人が増えています
住み心地よいまちの空間が生み出されています
あらゆる世代の人が豊かな心を育んでいます
個性があり活力あるまちになっています
効率的で効果的な行財政運営が行われています

上位計画(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(案))
基本理念
~海・山・川と共生し、住み・働き・憩う機能が充実した人とモノが交流する都市づくり~

まちづくりの課題
人口に関する課題
中心市街地における活力の低下
市街地中心部、市域縁辺部における高齢者人口の増加
土地利用、産業に関する課題
既存工業地・商業地の活性化と周辺との調和
沿道の適正利用
市街地整備、住宅・宅地供給に関する課題
既成市街地の住環境の維持・改善
市街地内低未利用地の活用
交通体系(道路網、鉄道・バス)に関する課題
幹線道路の交通渋滞と密集市街地における交通対策
誰もが使いやすい公共交通への取り組み
公園・緑地に関する課題
自然の保全と日常使用・防災機能を有する公園・広場の整備
河川沿いなどの自然豊かな緑の保全
河川・下水道に関する課題
市街地を貫く河川(豊川、佐奈川、音羽川など)の河川整備と河川沿いの親水性の確保
市街化区域内での下水道整備の推進
防災・公共施設に関する課題
安全・安心の観点からの施設整備・改善の推進
拠点施設へのアクセス性の向上、拠点の位置づけと周辺地域との連携
景観に関する課題
文化財・伝統行事の保存や活用
市民中心のまちづくりルールと住民参加の推進

第2章 全体構想

2-1 都市づくりの基本理念、将来都市像

2-1-1 都市づくりの理念
(1)基本理念の考え方
 「都市計画法」、「東三河都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」、「第5次豊川市総合計画」・「新市基本計画」における都市づくりの理念や基本方針をふまえ、都市を取り巻く社会情勢の変化を見据えた集約型都市構造の構築を目指し、豊かな自然と歴史あふれる本市の特性を活かしながら、本市が魅力あるまちとして今後も持続的に成長し続けていくことができるよう、都市づくりの理念を設定します。
(2)都市づくりの基本理念
 本市は古くから政治、経済、文化の中心として、また、交通の要衝の地として栄えてきました。また、山ろくには森林、河川沿いには田畑や桜並木など、水と緑にあふれています。これらは、先人から引き継いだ大切な資産であり、積極的な保全に努め、次世代に継承する必要があります。
 さらに、本市の都市づくりとしては、市民一人ひとりが暮らしやすさを実感でき、安全に、安心して住み続けたくなるような快適な生活環境の確保を図るとともに、工業、商業、農業の振興や、中心市街地など商店街の活性化等により、個性あふれるにぎわいを創出することが必要となります。
 以上のことから、本市の豊かな歴史・文化的資源や自然環境の保全と活用(豊かな歴史・文化的資源の保全と活用)を図り、生活の安心や快適性の確保や調和(水と緑に映える快適な生活圏の形成)に努めます。また、各地域が連携を図ることで、それぞれの魅力を引き出し(生活圏相互の連携)、都市と自然が共存した魅力ある住みよい、持続発展可能な都市づくり(一体的で豊かな都市づくり)を進めます。

<都市づくりの基本理念>
豊かな歴史・文化的資源の保全・活用と、水と緑に映える快適な生活圏の形成および生活圏相互の連携による、一体的でゆたかな都市づくりを進める

2-1-2 将来都市像
 都市づくりの基本理念をふまえ、豊かな歴史・文化と自然環境を次世代に継承し、さらに安全で快適で、活気あるにぎやかなまちを実現するため、将来都市像を次のように定めます。

将来都市像
歴史・文化が息づく 自然豊かで快適な持続発展都市 とよかわ

2-2 都市づくりの目標

2-2-1 都市づくりの目標
 本市におけるまちづくりの課題と上位・関連計画の方針をふまえて、まちづくりの方向性を整理し、都市づくりの基本理念や将来都市像をもとに本市の都市づくりの目標を導き出します。
(1)自然・歴史と共生するコンパクトで相互に連携したにぎわい生活圏の構築
 本市の資産である豊かな歴史・文化的資源や自然環境を活かしながら、各地域や拠点が多様な交通手段により連絡を図り、それぞれの魅力を引き出す生活圏の形成を目指します。
 また、少子高齢化の進展に対応した、旧市町単位の歩いて暮らせる生活圏の形成や旧市町中心部の地域拠点としての活用、適切な機能分担を図り、にぎわいのある生活圏を構築します。
施策の方向性
・中心市街地の活性化、都市核や地域生活拠点への商業・業務機能の集積を図り、市民の生活の利便性を高めます。
・市の内外をつなぐ広域的な幹線道路の整備とともに、都市核や地域生活拠点を結ぶ市内の交通ネットワークの整備を進めます。
・歴史的な資源の保全と活用を図ります。
・宮路山や御津山などの森林、豊川や佐奈川などの河川について、保全と活用を図ります。
(2)集積と連携による、にぎわい・活力・利便性の創出
 新市民病院の開設や、(都)名豊道路をはじめとした広域的幹線道路の整備により、新たな都市機能の集積と、地域間の連携によるにぎわい・活力・利便性の創出を目指します。
施策の方向性
・(都)名豊道路、(都)豊川新城線、新東名高速道路の整備による交通結節点としての利便性を活かし、沿道における土地利用の適切な規制・誘導によるまちづくりを検討します。
・新市民病院周辺は、アクセス手段となる道路の整備や公共交通基盤の整備を推進するとともに、医療拠点としての利便性を高めるサービスの集積を進めます。

(3)地域の特性に合わせた環境と調和する土地利用の推進
 今後の都市づくりにおいても、旧1市4町の個性を活かしつつ、互いに連携することが重要となります。そのため、地域の実情に合わせた土地利用の規制誘導を図り、操業・営農・営業環境と住環境の調和や適切な市街地規模の維持により、地域の特性に合わせた環境と調和する土地利用の推進を目指します。
施策の方向性
・幹線道路や工業地と周辺の住環境との調和を図ります。
・虫食い的な開発や住工混在による環境悪化を招かないよう、開発・建築にあたっては適切な規制・誘導を図ります。
・市街化調整区域内の優良な農地の保全とともに、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。
(4)快適で安心できる生活基盤の整備
 快適な生活を支えるための都市空間の質的向上・充足が求められています。さらに、近年頻発している集中豪雨の発生や、東海・東南海地震の発生が危惧されているなかで、人々の安全・安心を確保することが非常に重要となっています。以上のことから、都市基盤施設の確保を図り、快適で安心できる生活基盤の整備の推進を目指します。
施策の方向性
・豊川西部土地区画整理事業、豊川駅東土地区画整理事業、一宮大木土地区画整理事業の推進により安全で快適な居住空間を確保します。
・横断歩道橋や歩道の整備、住宅地の交通基盤整備など、通学路の安全確保や通過交通の排除を進めます。
・市街地における雨水排水対策や公共下水道整備等、計画的な都市基盤施設の整備を進めます。

2-3 将来フレーム
 将来都市フレームについては、新市基本計画における基本フレームとの整合を図り、設定します。

2-3-1 人口フレーム
(1)人口の推計
 新市基本計画で使用している、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の市区町村別将来推計人口(平成20年12月)」の数値を用います。
 平成17年(国勢調査)時点の総人口は181,444人となっています。推計によると、近年の人口流入傾向が反映され、当面増加を続けますが、平成27年をピーク(183,900人)として、減少が見込まれています。

2-3-2 土地利用フレーム
 土地利用として、住宅は将来人口結果を基に設定します。工業は将来製造品出荷額等を基に、商業は将来商業年間販売額を基に設定します。
(1)住宅地
 平成27年頃までの人口増加により、必要となる宅地面積は増加します。市街化区域内の低未利用地の活用、鉄道駅周辺の高度利用などにより、現行の市街化区域内に効率よく人口を配置します。
 一方で、市街化区域内の可住地の収容可能な人口を超える増加人口分に対して、平成32年において住宅地の面積は約17haの拡大が必要となります。
(2)工業地
 工業地については、平成32年の製造品出荷額等から必要とされる土地の増分に対して、約98haの工業地が不足する見通しとなっています。
(3)商業地
 商業地については、商品販売額が平成32年に低下する見込みとなることから、現状の面積を維持していきます。

2-4 将来都市構造
2-4-1 将来都市構造の考え方
 都市づくりの理念、将来都市像、都市づくりの目標の実現に向けての考え方や視点をふまえ、本市の将来の空間的、概念的な将来の骨格を「将来都市構造」として示します。
(1)求められる都市構造の方向性
 本市の人口は平成27年頃をピークに、以降緩やかな下降線をたどることが予測されます。人口減少社会を迎えるなか、市街地において整備された都市基盤を十分に活用し、都市経営コストや環境負荷を抑える効率的な都市基盤の確保が必要となります。さらに、既存の都市基盤の活用に加え、その機能の充実や連携を図ることで、身近な生活圏で快適に暮らせるまちづくりを目指します。
 平成18年2月の旧一宮町との合併に始まった旧宝飯郡各町との合併は、平成22年2月の旧小坂井町との合併により完結し、本市は東三河北部とのつながりがさらに増したほか、東名高速道路豊川IC・音羽蒲郡ICをはじめとした交通結節点が集中するなど、東三河地方の中核を担う都市となりました。合併の結果、市域も大きく拡大し、豊かな自然環境と各地域における伝統・文化を持つことになった本市は、さらなる飛躍の可能性を秘めています。しかしながら、旧市町間の公共交通基盤が未確立であることや、市域内の都市基盤整備に不均衡が見られるなど、都市計画の分野では市内全域の均衡ある発展を目指していかなければなりません。
(2)本市の目指すべき将来都市構造
 集約型の都市構造を目指す本市においては、本市の都市核(諏訪地区)や新市民病院への公共交通基盤の確保や幹線道路ネットワークの形成により、市民交流を一層緊密にします。また、各地域の鉄道駅などを中心とした地域生活拠点への都市機能の集積による拠点の形成に加え、地域拠点間の交流を重視し、都市活動の活発化と市民交流を円滑にする都市軸(道路、鉄道)を配置します。
 また、山・川・海と多彩な自然環境と優良な農地を適正に保全し、市民生活に憩いと潤いを与える資源として活用していくために、緑の拠点と主要な河川による環境軸を配置します。

2-4-2 拠点と軸の構造
 都市活動を支え、市民交流を円滑にする、都市構造における拠点と軸を以下のとおり位置づけます。特に、本市は1市4町が合併しており、旧1市4町の拠点を活用するとともに、各拠点の地域間連携の強化が重要となります。
(1)都市核
 本市の都市活動・市民交流を円滑にする都市軸の中核に位置する地区で、諏訪地区を位置づけます。市役所をはじめ主要な公共施設や、商業・業務施設など多様な都市機能の集積を図り、本市の中心となる拠点とします。
(2)地域生活拠点
 身近な生活圏の中核となる地区で、JR豊川駅周辺の豊川地区、JR牛久保駅周辺の牛久保地区、名鉄八幡駅および新市民病院周辺の八幡地区、名鉄国府駅周辺の国府地区、JR三河一宮駅および総合支所を中心とした一宮地区、名鉄名電赤坂駅および音羽支所を中心とした音羽地区、JR愛知御津駅および御津支所を中心とした御津地区、名鉄伊奈駅および小坂井支所を中心とした小坂井地区を位置づけます。
 これらの拠点については、商業・業務施設など地域生活に必要な都市機能を集積します。
(3)医療拠点
 新市民病院建設地である八幡地区を、地域医療の中核としての機能を果たす医療拠点と位置づけます。
(4)中心市街地
 本市の都市核の諏訪地区、豊川地区および両地区を結ぶ姫街道沿道については、都市の中心市街地と位置づけます。
(5)鉄道軸
 広域的かつ市内間交流において、公共交通の主軸となる鉄道を鉄道軸として位置づけます。
(6)広域幹線軸
 東三河各地域と連絡する地域連携の軸となる幹線道路や、名古屋方面あるいは豊橋方面に連絡する広域的な交通ネットワークを構成する幹線道路を広域幹線軸に位置づけます。特に、ICや幹線道路沿道の立地を活かし、将来、工業・流通施設の立地誘導を検討する範囲を、新たな産業集積ゾーンとして幹線道路沿道に位置づけます。
(都)国道1号線、(都)名豊道路(国道23号バイパス)、(都)前芝豊川線(国道151号・同247号)、(都)豊川新城線(国道151号バイパス)、(都)姫街道線、(都)東三河環状線、(都)名豊線(国道23号)、(都)豊橋豊川線
(7)地域幹線軸
 本市の都市核と各地域生活拠点および各地域生活拠点同士を連絡し、交流の中心となる地域幹線道路を地域幹線軸に位置づけます。

2-4-3 水と緑の構造
 主に、市民に憩いや潤いを与え、貴重な資源でもある本市の豊かな自然や、都市構造を構築する要素となる緑や環境軸について、以下のように位置づけます。
(1)緑の拠点
大規模公園をはじめとした本市を代表する緑地であり、市民の憩い・レクリエーションの拠点、市外からの交流・観光の拠点と位置づけます。
(2)環境軸(河川)
 市街地を通過し、本市を代表する親水空間である佐奈川・音羽川および本市の外延を構成する豊川および豊川放水路を環境軸に位置づけます。
(3)三河湾
 本市で唯一、海に面する地域であり、市民や来訪者が身近に海と親しみ、ふれあうことができる三河湾を位置づけます。

2-4-4 将来都市構造
 以上の各構造を統合し、将来都市構造とします。

2-5 分野別の方針
 本市における将来の都市づくりを実現するため、土地利用、都市交通、公園・緑地、市街地整備、自然環境・景観、都市防災・防犯、その他の都市施設、住民参加の各分野についての整備方針を設定します。

2-5-1 土地利用の方針
(1)土地利用の基本的な考え方
 本市においては、コンパクトなまちづくりを目指すことを基本とし、将来的に住宅地や商業・業務地などの土地利用を積極的に進める区域を定めます。さらに、将来的な人口の動向や高齢社会の進展により、必要に応じた区域区分の変更を検討していくものとします。
また、市街化調整区域については、本市の豊かな森林、田園風景の農用地などの保全に努める区域を定めます。
 このような基本的な考え方をふまえ、土地利用の基本方針は、以下に示すとおりです。

(1)コンパクトなまちづくりを目指し、まちなか居住を推進します。
 市民が身近な生活圏で日常生活が可能となるよう、都市機能の集積を図ります。特に、主要な鉄道駅を中心とした都市核および地域生活拠点は、商業・業務をはじめとしたサービス機能の集積などにより利便性の高い地区を形成し、まちなか居住の推進を図ります。
(2)商業地の適切な配置を図ります。
 都市核をはじめとした中心市街地や地域生活拠点である主要な鉄道駅周辺は、高密度な空間とするため、賑わいのある商業地の形成を目指します。また、本市の軸を形成する主要な幹線道路の沿道については、沿道複合地として、軸周辺または軸利用者の生活利便施設などを配置します。
(3)交通結節点としての機能を活かした工業地の確保・拡大を目指します。
 本市の有する広域への連絡機能となる主要な国道や自動車専用道路などの交通結節点を活かし、臨海部をはじめとした計画中の工業地開発の促進を図るほか、主要な国道などが交差する地域などを中心に、市勢拡大や雇用確保につながる工業地の確保・拡大を計画的に目指します。
(4)住宅地・工業地が混在する市街地は、適正な規制・誘導を図ります。
 住宅地と工業地が混在する市街地は、大規模工場をはじめとした工業地の他用途への土地利用転換が図られる地区を中心に、良好な住環境を保全することを目的として住居系用途地域への変更を検討します。
(5)市街化調整区域への無秩序な市街地の拡大を抑制します。
 優良な農地や保全すべき森林などの自然が残る市街化調整区域への開発は、原則抑制し、無秩序な市街地の拡大を抑制し、コンパクトなまちづくりを目指します。
(6)市街化調整区域の既存集落地は、土地利用の適正な規制・誘導を図ります。
 市街化調整区域の既存集落地は、周辺の農地や森林などの環境との調和を図りながら、地域に必要となる生活基盤の確保に努め、あわせて土地利用の適正な規制・誘導を図ります。

(2)土地利用の方針
(1)住宅地
 住宅地は、市街化区域および基盤整備が行われた宅地開発区域、将来的に宅地化を図る区域に配置し、以下に示す区域に定めます。
・市街化区域において、主に住宅の立地を誘導する地区
・市街化区域において、住宅のほかその他生活利便施設なども許容し、誘導する地区
・市街化区域において、住居と工業が混在しているが、地域内および周辺の状況から住宅地への純化が望ましい地区
・市街化調整区域において住宅地として基盤整備が既に行われており、今後も住宅地として誘導する地区
・市街化調整区域において都市基盤施設の整備が担保され、近い将来住宅地の形成が見込まれる地区
(2)商業地
 商業地は、本市の市役所や名鉄諏訪町駅周辺の都市核、生活圏内で日常的な買い物や行政サービスの中心となる拠点および各支所などの地域生活拠点に配置し、高密度な利用や高度利用を進め、賑わいのあるまちづくりを目指します。
 商業地としては、以下に示す区域に定めます。
・諏訪地区および豊川地区および両地区を結ぶ姫街道沿道の中心市街地活性化区域
・地域生活拠点をはじめ、市内の主要な鉄道駅周辺で商業・業務の集積を誘導する地区
(3)沿道複合地
 沿道複合地としては、(都)豊橋豊川線、(都)中通線、(都)姫街道線などの沿道に商業・業務機能の誘導を図ります。
(4)工業地
 工業地は、工業系用途地域および市街化調整区域の既存工場などに配置し、以下に示す区域に定めます。
・市内の内陸および臨海において、一団の工業地を形成しており、今後も工業地の形成を誘導する地区
・基盤整備が進行中若しくは計画されており、近い将来工業地の形成が見込まれる地区

(5)新たな産業集積ゾーン
 広域幹線道路インターチェンジ開設が見込まれる地域などは、交通結節点としての機能を活かして、将来、製造業・流通業等の立地を検討する区域として定めます。
(6)農用地
 市街化調整区域の農地は、農用地として配置し、無秩序な市街化の拡大を抑制し、優良な農業生産基盤の確保、遊水地機能確保のため、その保全に努め、農業を介した住民交流促進を図ります。
(7)森林
 本市の北部に広がる森林を配置し、本市の良好な自然風景となることから、その環境の維持・保全に努めます。
(8)レクリエーション地
 レクリエーション地は、県立本宮山自然公園、広域公園の東三河ふるさと公園、運動公園の豊川公園・豊川市スポーツ公園、総合公園の赤塚山公園などの大規模な公園に配置します。
 レクリエーション地としては、豊かな自然環境を活用し、市民生活に快適や安全・安心を与える空間とし、あわせて豊川市の歴史・文化を感じる空間などとして、市民利用の促進を図ります。

2-5-2 都市交通(地域公共交通)の方針
(1)都市交通(地域公共交通)の基本的な考え方
 道路整備の基本的な考え方としては、将来都市構造に示す拠点間の連携強化を目指し、コンパクトで相互に連携したにぎわいのある生活圏の構築の実現化を図るため、広域幹線道路のネットワークをはじめ、都市の骨格を形成し地域間をネットワークする幹線道路の整備を目指します。
 また、公共交通の整備の基本的な考え方としては、都市核や地域生活拠点、医療拠点をはじめとした主要な公共施設を結ぶ公共交通基盤の整備や充実を図り、市民が安全で快適に生活を営むことのできるまちづくりを目指します。
 このような基本的な考え方をふまえ、都市交通の基本方針は、以下に示すとおりです。

(1)広域幹線道路ネットワークの強化を促進します。
 各種産業(工業・商業・農業)の振興の基盤となり、あわせて観光振興、都市間交流の礎となる広域幹線道路の整備などにより、ネットワークの強化を促進します。
(2)地域間を連絡し、骨格となる幹線道路ネットワークの強化を促進します。
 市域が拡大したことを受け、地域間を連絡し、都市活動の活発化や市民交流の円滑化に欠かせない幹線道路の整備などにより、ネットワークの強化を促進します。また、自動車専用道路のインターチェンジなど広域への交通結節点につながる道路の整備を促進し、渋滞解消や沿道における環境保全などを図ります。
(3)日常生活空間の交通基盤の整備を推進します。
 日常生活空間における生活道路について、必要となる整備を計画的に進めていくとともに、高齢社会に対応したバリアフリー面での強化、維持管理面での充実を図り、市民の日常生活が安全で快適に暮らせるまちづくりを目指します。
(4)公共交通ネットワークの強化を促進します。
 都市核である諏訪地区をはじめとした中心市街地、地域生活拠点および医療拠点などをはじめとした主要な公共施設を結ぶ公共交通基盤の整備・充実により、公共交通によるネットワークの強化を促進し、安全で快適に市民が暮らせるまちづくりを目指します。
(5)主要な鉄道駅へのアクセス強化やバリアフリー化を推進します。
 地域生活拠点は、主要な鉄道駅や公共施設が配置されていることから、鉄道駅および地域生活拠点の都市機能を強化・活用していくため、地域から安全かつ円滑に往来するための道路整備により、アクセス強化を図り、あわせて駅舎および周辺の道路をはじめとした交通施設におけるバリアフリー化を推進します。
(6)市民生活に潤いをもたらす緑のネットワークを構築します。
 河川沿いが親水歩行者空間となっている佐奈川および音羽川、中心市街地を通過する主要な幹線道路における緑化を推進し、これらをつなげ緑のネットワークを構築し、市民生活に潤いをもたらす歩行者空間の整備を推進します。

(2)道路の整備方針
(1)広域幹線道路
 広域幹線軸により広域幹線道路ネットワークを形成します。
・広域幹線道路である(都)名豊道路や(都)東三河環状線、(都)豊川新城線などの整備を促進します。
(2)幹線道路
 市域拡大などに起因する幹線道路ネットワークの検証を行い、路線の追加・延長の検討とともに、長期未着手路線について廃止を含めた検証を行います。

(3)地域公共交通の方針
(1)鉄道駅周辺の機能強化
 名鉄八幡駅周辺については、医療拠点である新市民病院が平成25年に開院することから、駅舎のバリアフリー化を促進するとともに、周辺道路をはじめとした交通施設のバリアフリー化を推進します。
 JR愛知御津駅周辺の都市計画道路の整備を推進します。
 その他の主要な鉄道駅について、バリアフリー化を検討します。
(2)市内路線バスによるネットワークの形成
 市内バス路線網の見直しにより、地域間を連絡し、都市活動の活発化や市民交流の円滑化に向けた、総合的な公共交通ネットワークの形成に努めます。
 医療拠点(新市民病院)については、市内各地を結び、かつ利用者の誰もが使いやすい幹線バス路線を接続します。

2-5-3 公園・緑地の方針
(1)公園・緑地の基本的な考え方
 本市は、市域北部の三河山地による自然の緑、豊川や豊川放水路などの河川、三河湾、市街地内の佐奈川・帯川、音羽川などの河川、桜並木といった河川と水辺の緑、豊川稲荷や御油のマツ並木といった歴史的な緑といった都市として、さらには地域を代表する緑を有しています。これらの緑については、昨今の環境問題(地球温暖化の進行、生物多様性の喪失など)に大きく影響し、森林などをはじめとした緑の重要性や果たす役割が高まってきています。
 このような緑が果たす役割などから、本市に存在し先人達の時代から引き継がれてきた森林や河川、農地、集落周辺の里山などを後世に引き継いでいく必要があります。
 また、適正な配置(生活圏間の公園・緑地の偏り、人口密度による公園必要量や距離)とともに、多様な市民のニーズに対応した緑の質の向上などが必要となります。
 さらに、公園・緑地、および森林をはじめとした自然の緑については、地域に根ざしかつ愛着のある緑の空間の育成を目指していくことが必要となります。
 このような基本的な考え方をふまえ、公園・緑地の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)過去から引き継がれた緑を守ります。
 市域北部の森林、豊川・豊川放水路の河川および川辺・三河湾など、市街地を取り囲む豊かな自然の水と緑が、多様な生態系とともに引き継がれています。このような骨格となる緑を適切に保全するほか、農地や里山も適切に保全します。また、豊川稲荷、砥鹿神社、御油のマツ並木などの歴史・文化に根ざした緑を保全します。
(2)様々なニーズに応えた緑を創ります。
 様々なレクリエーション需要に対応する拠点となる公園・緑地の整備を推進するほか、日常生活に身近で災害時の避難地とした有用な公園・緑地の適切な配置を推進します。また、市街地とその周囲の自然を結ぶ緑をつなぎ、多様な生物の移動経路の確保や本市の一体性を象徴する緑の空間形成を推進します。
(3)将来にわたり良好な環境を伝えていくため、様々な主体を緑とともに育てます。
 地域に根ざした緑の維持・保全や育成活動に対して、多様な主体による参画を促進するための仕組みづくりを推進します。

(2)公園・緑地の方針
(1)広域公園
 東三河ふるさと公園の整備を引き続き促進します。
(2)総合公園
 赤塚山公園を位置づけます。
(3)運動公園
 豊川公園、豊川市スポーツ公園を運動公園に位置づけます。豊川公園は、一層の機能充実を進めるほか、豊川市スポーツ公園は引き続き整備を推進します。
(4)住区基幹公園(街区・近隣・地区公園など)
 日常生活において身近な住区基幹公園の整備を推進します。人口配置や誘致距離圏、公園以外の公的な緑地スペースの有無などから適切な配置を行います。
(5)その他の公共の緑地
 市街地を貫流し、本市を代表する佐奈川および音羽川については、水辺・堤の親水空間を維持・拡充します。また、佐奈川については、豊川公園周辺の桜並木や(都)姫街道線などとともに緑のネットワークを構成するよう整備・保全を図ります。
(6)歴史性を有する民有林の保全と有効活用
 本市の多くの森林などの内、砥鹿神社をはじめとした歴史性を有する民有林については、その保全と有効活用を図ります。

2-5-4 市街地整備の方針
(1)市街地整備の基本的な考え方
 本市の市街化区域内については、土地区画整理事業が約36%にあたる1,242.4haで施行済および施行中となっています。これにより、本市の多くの住宅地は、生活道路や公園などを備えた良好な市街地環境を有しています。
 また、本市の中心市街地は、都市核および地域生活拠点を含む区域となっており、一定の基盤の整備改善を推進します。
 このような基本的な考え方をふまえ、市街地整備の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)安全で快適な居住空間の確保を推進します。
 人口の増加や既成市街地などおける生活者に、安全で快適な居住空間を提供するため、土地区画整理事業などの整備を推進します。
(2)賑わいの拠点となる中心市街地活性化を推進します。
 本市における都市核および地域生活拠点の代表的な空間となる中心市街地においては、現状の機能の充実などを図り、本市の賑わいの拠点を形成するため、活性化を推進します。
(2)市街地整備の方針
(1)土地区画整理事業の推進
 増加が想定される人口や既存生活者の安全で快適な居住空間の確保を図るため、豊川西部土地区画整理事業や豊川駅東土地区画整理事業、一宮大木土地区画整理事業を推進します。このような土地区画整理事業により整備された住宅地を本市の居住拠点と定義し計画的な道路・公園などが整備された居住拠点づくりを進めていくものとします。
(2)中心市街地の活性化
 中心市街地においては、JR豊川駅周辺の豊川地区、本市都市核でもある諏訪地区および両地区を結ぶ中央通地区が含まれており、当該地区を含め背後地の地域生活者への対応や本市を代表する観光資源(豊川稲荷)を活かした商業地としての機能の充実などにより、商業機能の厚みを図り、本市の都市核および地域生活拠点の形成と連携の実現化を図ります。
 また、中心市街地においては、幹線道路ネットワークにより連携が強化されることから、市内および市外からの集客を一層図る区域であるため、駅舎など拠点となる施設周辺の環境整備、無電柱化などの市街地の整備改善を図るとともに、にぎわい創出による活性化を図り、魅力ある中心市街地の形成に向けた施策展開を推進します。

2-5-5 自然環境・景観の方針
(1)自然環境・景観の基本的な考え方
 本市の自然環境は、北部の本宮山連峰をはじめとした森林に囲まれ、市域の東南に豊川、市街地の中央、西南部に佐奈川、音羽川などが流れ、三河湾に注いでいます。河川に沿った地域は、スポーツ・レクリエーション、散策などに供され、親水空間として多様な機能を発揮しているほか、桜並木など本市を代表する景観を形成しています。
 また、本市は東海道、本坂街道など街道筋のまちとして、また豊川稲荷の門前町として古くから栄えてきた歴史を持ち、歴史的・文化的な景観資源が各所に残ります。
 こうした本市の優れた自然環境・景観を保全・形成していくため、本市では今後、景観計画の策定を検討するものとします。
 このような基本的な考え方をふまえ、自然環境・景観の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)森・川・海の美しい自然環境と景観資源を保全し、その多様な機能の活用を図ります。
 将来都市構造の示す緑の拠点を中心に、自然環境と景観の保全を図ります。また、これらの自然と市民生活とが密接な接点を持ち、潤いのある快適な生活を実現するために、憩い・レクリエーションなど多様な機能の活用を図ります。
(2)歴史・文化的な景観資源を活かしたまちづくりを目指します。
 多くの歴史や文化的な景観資源の保全を図るとともに、これらの資源を活かしたまちづくりを目指します。
(3)緑が映える、市街地の良好な環境形成・景観を目指します。
 市民・行政・事業者がそれぞれの立場で環境について考え、保全していく取り組みを進め、自然環境を活かしたまちづくりを進めます。住宅地は、落ち着いた空間を、商業地はにぎわいを演出する空間の創造を目指し、すべての地域において、誰にとっても安全で、快適なまちづくりを目指します。

(2)自然環境・景観の方針
(1)森林の保全・育成
 本市の北部地域を中心に広がる森林地域は、森林の持つ機能の保全・育成と、周辺住民の生活環境の安全を確保するため、計画的な林道整備や治山対策等の基盤整備を推進します。
 また、宮路山や御津山など、生活に身近な自然である里山については、適切な維持管理による保全を目指すほか、自然とふれあう場の創出につながる、新たな里山・里地の保全・形成を目指します。
(2)河川・臨海部の環境・景観の保全と形成
 本市を代表する河川である豊川および豊川放水路については、河川環境の形成と河川および周辺における景観保全・形成を図るほか、河川敷の親水空間としての活用を推進します。
 また、本市の市街地を縦貫する佐奈川・帯川および音羽川は、桜並木をはじめとした景観の保全・形成に努め、一層の親水空間としての機能充実を図ります。
 三河湾臨海部については、緑の拠点として位置づけられている緑地空間を中心に保全・形成を図り、より良好な環境の保全・形成を推進します。
(3)歴史・文化的な景観資源の保全と活用
 市内各所に残る、地域固有の歴史的景観や伝統文化の保全・継承を進めます。
 特に、本市が誇る歴史的景観である御油のマツ並木や三河国分寺跡および三河国分尼寺跡史跡公園の適切な保全および活用のための整備を進めるほか、旧豊川海軍工廠の残存施設については、保全・公開のあり方について検討します。
(4)潤いをもたらす都市空間の形成
 市街地において、ヒートアイランド現象等への対策としても有効な都市緑化を推進し、緑が身近に感じられる潤いのある都市空間の形成を図ります。
 また、中心市街地をはじめとした商業地においては、にぎわいを演出する都市空間創出のための環境・景観の形成を推進するほか、(都)姫街道線、(都)豊橋豊川線、(都)中通線などの主要な幹線道路沿道については、沿道複合地としての土地利用を誘導する地域を中心に、街路樹の整備・保全などの緑化を推進します。
(5)緑と暮らしが調和した、田園風景の形成
 本市の優良な農地の適切な保全により、農業基盤の確保とともに、都市生活に不可欠な緑の暮らしが調和した環境・景観の保全・形成を図ります。

2-5-6 都市防災・防犯の方針
(1)都市防災・防犯の基本的な考え方
 本市で想定される災害としては、台風や大雨による風水害、地震などの自然災害、大規模火災などがあります。風水害においては、市民の安全な暮らしを確保することを、地震においては、地震による被害の軽減や発生が予想される火災による被害を未然に防ぎ、市民が安心して暮らせるまちを目指します。
 防犯に対しては、夜間における犯罪や交通事故などの未然防止として、地域と協働して防犯灯を計画的に設置し、まちを明るくすることにより市民の安全を確保します。
 このような基本的な考え方をふまえ、都市防災および防犯の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)風水害に備えた安全で安心できるまちづくりを目指します。
 風水害に備え、局所的な豪雨への対策や猛威をふるう台風に備える整備を推進するとともに、市街化調整区域への無秩序な市街化を抑制し、雨水流出の増加を制限し、安全で安心できるまちづくりを目指します。
(2)地震に備えた安全なまちづくりを目指します。
 東海・東南海地震に備え、震災時などにおける避難への対応、出火時の延焼などの対応による安全なまちづくりを目指します。
(3)犯罪や交通事故の未然防止に努めます。
 地域と連携した計画的な防犯灯、街路灯の設置により、犯罪が起きやすい危険な場所の環境改善を図るとともに、まちを明るくし、交通事故の抑止を図り、市民が安心した生活ができる地域づくりに努めます。

(2)風水害対策の方針
(1)河川改修の促進
 本市の潤いを提供する河川については、計画的な河川改修などにより排水改善を図り、河川周辺地域をはじめとした市民の安全対策を進めるとともに、環境保全に努めます。
(2)防風林の促進
 本市の臨海部においては、台風などに伴う高潮および波浪などによる被害の防止を図るため、防風林となる植樹を促進します。
(3)森林・農地の保全
 市域北部を中心とした森林については、降雨の保水となる機能を有しており、市街地を取り囲む農地については、一定の雨水に対応する機能を有しています。さらには、風水害対策のみでなく、地球温暖化の基といわれるCO2を吸収する機能ともなり、森林・農地による防災機能の向上と環境負荷の低減につながることから、保全を図っていくものとします。
(4)雨水排水対策
 市街化区域内の過去の被害状況に基づき、局所的な豪雨や台風などによる大雨による浸水被害防止対策として、計画的かつ重点的な雨水排水対策を推進します。
(3)地震対策の方針
(1)建物の不燃化
 市街化区域においては、建物の不燃化を促進するため、防火地域および準防火地域の適正な配置を検討するとともに、狭小な幅員の生活道路については、出火時における消火活動の円滑化を図るため、拡幅整備を推進します。
 また、老朽木造住宅の割合が高い地域については、建築物耐震改修促進計画に基づき、重点的に建物の耐震診断および耐震化を促進します。
(2)避難ネットワークの構築
 日常生活では、快適な生活環境の一翼を担う公園や利便性の高い生活圏形成に寄与するコミュニティ施設などについては、災害時において避難地や避難施設となることから適正に配置するとともに、安全に避難地や避難施設へ誘導する道路および歩行空間の体系的整備、緑のネットワークなどの活用により、災害時の避難ネットワークを構築していくものとします。
(4)防犯対策の方針
(1)防犯灯の設置
 道路・公園などの施設整備や住宅地における人通りの少ない通学路などにおいては、街路灯や防犯灯などの設置を促進します。
(2)安全な地域環境の整備
 死角の多い交差点などにおいては、かき又はさくの設置を制限する地区計画制度の活用などによる見通し改善を図って、交通事故を減少させ、安全なまちづくりを促進します。

2-5-7 その他都市施設の方針
(1)その他都市施設の基本的な考え方
 その他の都市施設としては、下水道や廃棄物処理施設があり、本市における衛生的かつ快適な生活を営むために必要な機能として施設の整備などを推進します。
 このような基本的な考え方をふまえ、その他都市施設の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)快適な日常生活を支える下水道の整備を推進します。
 市民が快適な日常生活を営み、河川や三河湾などの水質の向上を図るため、下水道の整備を推進します。
(2)廃棄物への対策を推進します。
 地球環境を意識した廃棄物への取り組みを推進するため、処理施設の適正管理を進めるとともに、市民・事業者・行政が協力して環境に負荷のかからないまちづくりに向け、ごみの減量化などを推進します。
(2)その他都市施設の方針
(1)計画的な公共下水道などの整備推進
 公共下水道については、快適な生活を支える基幹的な基盤施設として、下水道基本計画に基づき、地域の特性に応じた効率的な整備を推進します。
 また、計画的整備を推進する拡張区域を基本に、下水道整備を推進し、市民の健康で快適な生活を確保するとともに、都市内の雨水対策に努め、下水道未普及地の解消を図ります。
(2)廃棄物処理施設の適正管理
 清掃工場や最終処分場など一般廃棄物処理施設の立地場所周辺の環境保全に努めるとともに、ごみ処理量の削減による廃棄物処理施設の運転負荷の軽減、既存施設の延命化を図ります。
 さらに、効率的なごみの減量化やリサイクルを推進するため、地域住民の理解を得ながら、一般廃棄物処理施設の建設を検討します。

2-5-8 住民参加の方針
(1)住民参加の基本的な考え方
 まちづくりについては、最終的にまちに住み、営みを行う市民・地域生活者が「まちづくりの主役」となります。
 このような考え方に基づき、まちづくりを実践していく際には、市民・地域生活者に具体的な事業などについての計画段階などからの積極的な参加を促し、住民参加の実現に向けた積極的な啓発活動を推進します。また、都市計画については、都市計画法を活用した提案制度も制定されているため、積極的な活用に向けた活動を推進します。
 さらには、「とよかわ市民活動活性化基本方針」に基づき市民と行政の協働を推進していくため、ボランティア団体やNPOなどの市民活動団体とともに、地域づくりなどを行っていくものとします。
 このような基本的な考え方をふまえ、住民参加の基本方針は、以下に示すとおりです。
(1)良好な住環境を保全するルールづくりを推進します。
 良好な住環境を保全するためには、生活基盤を整備するのみでは十分とは言えないため、地域の生活者によるまちづくりのルールづくりを推進します。
(2)住民参加型のまちづくりを推進します。
 本市に愛着を持ち、協働でまちづくりを推進していくため、住民参加型のまちづくりを推進します。
(2)住民参加の方針
(1)まちづくりのルールづくり
 市街化区域内の住宅地において、地域の理解・協力を得ながら、良好な住環境を保全するためのルールづくりと、必要な生活整備のあり方について検討します。
(2)まちづくりへの住民参加
 具体的な都市施設の整備や前述のまちづくりのルールづくりについては、計画段階からの住民参加を推進し、計画から実現にかけて円滑なプロセスを確立していきます。
(3)まちづくりに対する啓発
 市民の積極的なまちづくりへの参画を実現するため、出前講座や情報発信などにより、市民がまちづくりを身近なものとして考えられる仕組みづくりを推進します。

第3章 地域別構想

3-1 地域別構想について
 市全体の都市づくりの方針である「全体構想」を基本として、地域の特性や課題をふまえた地域の将来都市像として定め、地域住民と行政が協働で地域づくりを進めるための方針となります。

地域区分の設定について
 地域区分の設定は、地域の特性に合ったまちづくりを進める区域となるよう地理的状況、市街地の状況および日常生活圏の交流を把握し設定します。
・人口規模が3,000人程度を最低限とします。
・日常の生活圏(町丁目、小・中学校、全体構想における都市拠点・地域拠点)、地理的条件(地形、道路・河川・鉄道等の分断要素)等に考慮し、地域として一体性があり、住民等にも理解されやすい地域を設定します。
・上位・関連計画等を勘案し、その境界等を考慮します。

3-2 地域区分の考え方
 地域の一体性や、コミュニティ活動の状況などを考慮し、地域区分の設定を行いました。地域区分については、以下の検討条件を考慮し、地域の単位として中学校区を採用します。
・旧町では、これまでの歴史の中で、一体的なまちづくりを推進してきました。
・地域のまちづくりや要望の提出は、連区単位で行われてきており、各連区がまとまり中学校区を形成しています。
・災害への対応や地域のまちづくりを住民参加のもとで進めていくには、重要なコミュニティの連合体である連区の単位を意識する必要があります。
・まちづくりを効率的に推進するには、一定規模以上の人口の集積が望ましい。

3-3 地域のまちづくりの目標と市全体の都市づくりの目標との関係
 地域別のまちづくりの目標は、市全体の都市づくりの目標および地域の現況や課題をふまえ、以下のとおりと設定します。

東部地域
・中心市街地にふさわしい商業・業務機能の誘導、豊川市の顔となるまちづくり
・広域的な交通結節点の強化・活用とアクセス道路のネットワーク構築
・安全でゆとりある生活環境の保全と整備

南部地域
・公共交通軸を中心に、賑わいと交流のある市街地の形成
・緑と調和した、安全でゆとりある居住環境の確保
・活力とうるおいのある環境・景観の形成

中部地域
・医療拠点としてのまちづくりの推進
・多様な地域資源を活かした快適な地域環境の創出
・緑と歴史が融和した、憩いと集いの市民拠点の形成

西部地域
・交通結節機能を活かした地域拠点の形成
・安全で快適な質の高い居住環境の確保
・歴史や水と緑が共生した良好な居住環境の保全・整備

代田地域
・諏訪地区において、賑わいのある中心市街地の形成
・医療拠点にふさわしい交通環境基盤の整備
・緑の保全と、交通結節点としての機能を活かしたまちづくり

金屋地域
・市民生活を支える道路ネットワークの中心地区としての多様な機能の整備
・安全でゆとりある生活環境の保全と整備
・身近な緑や水辺が調和した景観と安らぎのある地域環境の形成

一宮地域
・地域資源を活かした活力あるまちづくり
・広域的な道路ネットワークの構築と、これに連携したまちづくり
・水と緑のネットワーク形成による、憩いとレクリエーションのための集いの場の創出

音羽地域
・多様な交通・交流拠点を活かした、利便性の高いまちづくり
・宿場町の歴史を活かした賑わいの創出
・豊かな自然環境の保全と、自然と共生した安全で快適なまちづくり

御津地域
・JR愛知御津駅を中心とした地域住民の生活を支える地域拠点の形成
・広域的道路ネットワークの整備と連携したまちづくり
・水と緑に映える、快適で活気あるまちづくり

小坂井地域
・地域の生活拠点としての利便性の向上と安全で快適な市街地の整備
・広域道路ネットワーク整備と連携したまちづくり
・緑が映える景観と、潤いのある居住空間整備

東部地域
 東名高速道路豊川ICを有し、本市を代表する観光資源である豊川稲荷とともに、古くから街なみを形成する地域であり、中心市街地の豊川地区が配置されています。
 (都)前芝豊川線(国道151号)西側には市街化区域が指定されており、東側には農地が分布しています。
 本地域では、JR豊川駅・名鉄豊川稲荷駅という恵まれた交通条件や豊川稲荷をはじめとする歴史・文化的資源を活かしながら、本市の東の玄関口づくりを進め、中心市街地の活性化、良好な住環境づくりを図り、東名高速道路豊川IC周辺では産業集積のまちづくりを目指します。

地域の特性
・4小学校区で構成され、市街地から郊外部まで地域内でも地区ごとに特徴が多様です。
・豊川稲荷を中心にした観光拠点であり、JR豊川駅、豊川稲荷を中心に商業・業務施設が集積し、歴史ある街なみを形成する地域となっています。
・東名高速道路豊川IC、(都)前芝豊川線(国道151号)が通過し、広域的な本市の東の交通結節点となっています。
・豊川駅東土地区画整理事業が施行中であり、住宅地としての基盤整備が進んでいます。
・(都)前芝豊川線以東の多くの地域が農用地となっています。
・住民アンケートでは、身近な空き店舗・空き家の増加、郊外型店舗の増加が指摘されています。
また、豊川稲荷はまちづくりの資源として高く評価されています。

地域の課題
・豊川駅東土地区画整理事業の早期完成と関連する幹線道路の整備促進。((都)姫街道線、(都豊川牧野線等)
・JR豊川駅周辺地区の活性化策の推進と防災性の向上。
・市の観光資源としての豊川稲荷の活用。
・(都)豊川新城線(国道151号バイパス)の整備にあわせた東名高速道路豊川IC周辺への産業拠点施設の集積。
・三上緑地をはじめとした河川緑地などの活用。
・市街化調整区域内の既存集落等にかかる排水状況の改善など治水対策の充実。
・市街化区域内の下水道整備の推進。

課題に対する視点
・本市を代表する観光資源と近接する駅
・豊川ICを活かした産業
・住環境の質の向上

目標と方針
中心市街地にふさわしい商業・業務機能の誘導、豊川市の顔となるまちづくり
(1)豊川駅東土地区画整理事業の推進
(2)商店街の活性化
(3)観光拠点としての機能充実

広域的な交通結節点の強化・活用とアクセス道路のネットワーク構築
(1)幹線道路ネットワークの早期整備の促進
(2)豊川IC周辺における製造業・流通業等の集積

安全でゆとりある生活環境の保全と整備
(1)安全で快適な居住空間の確保
(2)河川改修・排水対策の推進

方針と施策
中心市街地にふさわしい商業・業務機能の誘導、豊川市の顔となるまちづくり
(1)豊川駅東土地区画整理事業の推進
 豊川駅東土地区画整理事業を推進し、事業区域内の基盤整備を推進します。
 (都)三明線、(都)豊川牧野線、三明公園等
(2)商店街の活性化
 JR豊川駅と豊川稲荷周辺においてかつての賑わいを取り戻すため、商店街活性化のための施策の展開と基盤整備を促進します。
 空き店舗対策、ファサード整備、無電柱化、アーケード整備等
(3)観光拠点としての機能充実
 JR豊川駅周辺については、豊川稲荷という観光資源を活かしながら、豊川市の顔となる観光拠点としての機能充実を図ります。

広域的な交通結節点の強化・活用とアクセス道路のネットワーク構築
(1)幹線道路ネットワークの早期整備の促進
 広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
 (都)東三河環状線の豊橋市への事業区間延伸の早期事業着手
 (都)姫街道線立体交差事業の早期事業着手
 (都)豊川新城線(国道151号バイパス)の事業促進
 (都)前芝豊川線(国道151号)の事業促進
(2)豊川IC周辺における製造業・流通業等の集積
・(都)豊川新城線、新東名高速道路の整備を活かし、東名高速道路豊川IC周辺地域における製造業・流通業等の集積のため、企業誘致を検討します。
・豊川IC周辺の工業地は、周辺の住環境との調和を図る一方、地区内での住工混在による環境悪化を招かないよう、開発・建築にあたっては適切な規制・誘導を図ります。

安全でゆとりある生活環境の保全と整備
(1)安全で快適な居住空間の確保
・既存の住宅地の環境保全を図るとともに、豊川駅東土地区画整理事業を推進し、安全で快適な居住空間を確保します。
・中心市街地における建物の防災機能を高めるとともに、高齢化に対応したまちなか居住空間を形成します。
・(都)前芝豊川線東側の市街化区域においては、計画的な下水道整備を推進します。
(2)河川改修・排水対策の推進
・古川、善光寺川、間川の改修を促進します。
・農村集落における排水対策を図ります。

南部地域
 昭和18年の市制施行前から街なみを形成する牛久保地区や、中心市街地の諏訪地区を配置する地域であり、市街化区域における人口密度が最も高く、住宅地としての形成も進んでいます。
 (都)前芝豊川線(国道151号)北側には市街化区域が指定されており、南側には農地が分布しています。
 本地域では、諏訪地区や牛久保地区においては、にぎわい創出のための商業・業務機能の集積を図り、市街地では良好な住宅環境の保全を図るとともに、歴史ある街なみや河川空間を活かしたまちづくりを目指します。

地域の特性
・市街化区域においては、中心市街地および主要幹線道路沿道をはじめとした商業・業務施設が集積する地区と、その周辺部の住宅地から形成されています。
・市街化区域の南側の市街化調整区域の多くは、優良な農地が広がっています。
・牛久保地区は、JR牛久保駅を中心に歴史ある街なみや商業地を形成しています。
・住民アンケートでは、路線バスネットワークの充実や、地域をつなぐ広い道路の整備の要望が多くなっています。

地域の課題
・中心市街地としての整備促進と賑わい創出。
・JR牛久保駅周辺の商業地としての活性化とアクセス確保。
・現市民病院移転後の跡地について、適正かつ適切な土地利用の規制・誘導。
・河川流域の排水改善。
・主要な幹線道路である(都)豊橋豊川線、(都)中通線、(都)姫街道線にふさわしい景観・環境の整備。
・旧城下町に残る歴史資産の活用と街なみの保全。

課題に対する視点
・にぎわい創出
・農地の保全、安全な生活環境
・歴史ある街なみ

目標と方針
公共交通軸を中心に、賑わいと交流のある市街地の形成
(1)公共交通機関周辺および主要幹線道路沿道への商業・業務機能の集積
(2)公共交通機関を中心としたアクセス性の向上
(3)都市核にふさわしい賑わい・雇用創出の促進

緑と調和した、安全でゆとりある居住環境の確保
(1)安全・安心な住環境の整備
(2)現市民病院跡地の適正かつ適切な土地利用の規制・誘導
(3)河川改修・排水対策の改善

活力とうるおいのある環境・景観の形成
(1)歴史と緑が融合した環境・景観の形成
(2)幹線道路沿道にふさわしい環境・景観の形成
(3)河川空間の環境・景観の形成

方針と施策
公共交通軸を中心に、賑わいと交流のある市街地の形成
(1)公共交通機関周辺および主要幹線道路沿道への商業・業務機能の集積
・JR牛久保駅を中心に、地域住民の生活拠点となる商業・業務施設の集積を図ります。
・(都)豊橋豊川線、(都)中通線を基軸に、沿道に商業・業務機能の誘導を図ります。
・幹線道路ネットワークの強化を図るため、(都)豊橋豊川線延伸の検討を行います。
(2)公共交通機関を中心としたアクセス性の向上
・JR牛久保駅へのアクセス確保を高めるため、拠点へ連絡する道路整備の課題などについて検討します。
・地域間ネットワークを構成する(都)前田豊川線について、未整備区間の早期事業着手に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(3)都市核にふさわしい賑わい・雇用創出の促進
・諏訪地区においては、本市の中心核形成に向けた商業・業務機能の高密度集積を図るとともに、公共施設の集積や地場産業の情報発信による雇用創出を図り、人が集まるまちを目指します。

緑と調和した、安全でゆとりある居住環境の確保
(1)安全・安心な住環境の整備
・(都)豊橋豊川線、(都)中通線等の地域の骨格となる幹線道路の周辺街区は、良好な居住環境を保全する地区とします。
(2)現市民病院跡地の適正かつ適切な土地利用の規制・誘導
・現市民病院閉院後の市民病院跡地については、周辺の住宅地と調和しつつ、地域住民の生活利便性を高めるなど、適正かつ適切な土地利用の規制・誘導を図ります。
(3)河川改修・排水対策の改善
・古川、善光寺川流域の排水改善を進め、地域集落の居住環境保全に努めます。

活力とうるおいのある環境・景観の形成
(1)歴史と緑が融合した環境・景観の形成
・城下町としての歴史がある牛久保地区にふさわしい景観の形成を図るとともに、伝統行事を活かした地域環境を保全します。
(2)幹線道路沿道にふさわしい環境・景観の形成
・(都)姫街道線、(都)豊橋豊川線、(都)中通線は、本市の公共交通軸にふさわしい道路環境・景観の形成を図ります。
(3)河川空間の環境・景観の形成
・本市景観の骨格である豊川、豊川放水路の環境・景観の保全、向上を図ります。
・佐奈川の親水空間としての機能向上と、環境・景観の保全・向上を図ります。

中部地域
 三河国分寺・国分尼寺跡があり、本市の歴史では古くから三河地方の中心地として発展し、地域には赤塚山公園、豊川市スポーツ公園(建設中)などの市民の憩いの空間が形成されています。
北部では千両、平尾地区を中心に山林が広がるほか、地域内に幅広く農地が分布しています。南部においては市街化区域が指定され、新市民病院の建設に伴い、新たな賑わいが期待されます。
 本地域では、北部では自然環境の保全を図るとともに、歴史・文化的資源を活かしながら、南部では医療拠点としてのまちづくりを目指します。

地域の特性
・千両、平尾地区を中心に山林が広がるほか、地域内に幅広く優良な農地が広がっています。
・山林部から新市民病院建設地のある医療拠点地区まで幅広い土地利用が広がっています。
・八幡地区は新市民病院への表玄関となる地区であり、新たな賑わいが期待されます。
・赤塚山公園や豊川市スポーツ公園(建設中)など、本市を代表する公園・緑地施設が立地しています。
・平尾地区の清掃工場、千両地区の一般廃棄物最終処分場など、市の重要な廃棄物処理施設が配置されています。
・国分寺・尼寺跡、財賀寺などの史跡・文化財が点在しています。
・地域内に穂ノ原工業団地と南千両工業団地の一部が配置されています。
・住民アンケートでは、洪水対策の要望が多くなっています。また、空地の増加が指摘されています。

地域の課題
・新市民病院(医療拠点)の早期建設と市民病院開院後を見据えたまちづくりの推進。
・廃棄物処理施設の適正管理。
・地域内外をつなぐ道路ネットワークの構築。
・洪水対策の推進。
・低未利用地の有効活用に向けた検討。
・市街化区域内の下水道整備の推進。
・豊川市スポーツ公園の早期整備完了と、赤塚山公園等の主要な緑地を連携させた憩い・レクリエーションの拠点づくり。
・歴史性のある遺構の保全と活用(国分寺・尼寺跡等)。

課題に対する視点
・新たな医療拠点
・良好な居住環境の形成
・自然環境の保全、歴史・文化の活用

目標と方針
医療拠点としてのまちづくりの推進
(1)新市民病院へのアクセスのための交通環境の整備推進
(2)医療拠点にふさわしい周辺環境の整備

多様な地域資源を活かした快適な地域環境の創出
(1)安全で安心な住環境の整備
(2)緑の保全・育成
(3)廃棄物処理施設の適正管理
(4)道路ネットワークの構築
(5)新市民病院開院後の市街化調整区域の適切な規制と誘導

緑と歴史が融和した、憩いと集いの市民拠点の形成
(1)豊川市スポーツ公園の整備
(2)赤塚山公園を中心とした緑の拠点とネットワークの形成
(3)歴史的な景観・史跡等の保全と活用

方針と施策
医療拠点としてのまちづくりの推進
(1)新市民病院へのアクセスのための交通環境の整備推進
・(都)蔵子線の早期整備を推進するほか、市道代田八幡線の改良など必要な道路環境の整備を推進します。
・(都)国道1号線、(都)姫街道線から新市民病院への安全かつスムーズな移動を実現するよう、必要な交差点改良などの整備を促進します。
・名鉄八幡駅のバリアフリー化と、当駅から新市民病院へ至るルートなど周辺道路のバリアフリー化を促進します。
(2)医療拠点にふさわしい周辺環境の整備
・名鉄八幡駅の駅機能強化と、名鉄豊川線以北の(都)篠束野口線沿道には、商業・業務施設の集積などを図り、利便性を高めます。

多様な地域資源を活かした快適な地域環境の創出
(1)安全で安心な住環境の整備
・豊川西部土地区画整理事業地周辺の第1種低層住居専用地域については、地域の理解、協力を得ながら、まちづくりのルールづくりや必要な基盤整備について検討します。
・既存の住宅地の環境保全を図るとともに、豊川西部土地区画整理事業を推進し、安全で快適な居住空間を確保します。
・白川は、自然環境の保全と計画的な改修を促進します。
・八幡・野口・市田地区においては、計画的な下水道整備を推進します。
(2)緑の保全・育成
・森林環境の保全のため、緊急性、重要性に応じて、順次、林道整備を促進します。
(3)廃棄物処理施設の適正管理
・清掃工場や最終処分場など一般廃棄物処理施設の立地場所周辺の環境保全に努めます。
(4)道路ネットワークの構築
・広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)姫街道線(市田・野口町地内)の事業促進
(主)豊川新城線の早期事業着手
・地域内ネットワークを構成する道路の整備を推進します。
(都)上宿樽井線
(5)新市民病院開院後の市街化調整区域の適切な規制と誘導
・新市民病院整備後においても、市街化調整区域内の優良な農地の保全とともに、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。

緑と歴史が融和した、憩いと集いの市民拠点の形成
(1)豊川市スポーツ公園の整備
・豊川市スポーツ公園の早期整備を推進します。
(2)赤塚山公園を中心とした緑の拠点とネットワークの形成
・本市の憩い・レクリエーションの拠点である赤塚山公園を中心にした緑のネットワークの形成を図ります。
・佐奈川~豊川公園~(都)桜町千両線から赤塚山公園へつながる桜を中心とした緑の都市軸を形成します。
(3)歴史的な景観・史跡等の保全と活用
・三河国分尼寺跡史跡公園や財賀寺をはじめ、歴史的な景観を含めた周辺環境の保全に努めます。
・名古屋大学太陽地球環境研究所内の旧豊川海軍工廠の残存施設について、保存、公開のあり方を検討します。

西部地域
 東海道五十三次の35番目の宿駅として形成され、天然記念物である御油のマツ並木がある御油地区と、本市で最も利用客数の多い名鉄国府駅を有し、名古屋・豊橋方面への玄関口を形成する国府地区から成る地域であり、本市を代表する東三河ふるさと公園を配置しています。
 地域を横断する(都)国道1号線の東西に市街化区域が指定され、南部では農地が分布しています。
 本地域では、名鉄国府駅という恵まれた交通条件や御油のマツ並木などの歴史資源を活かしながら、本市の西の玄関口づくりを進め、交通結節点の形成、居住環境づくりを図り、(都)名豊道路(国道23号バイパス)整備に伴う(仮)東三河IC周辺では交通結節点の機能を活かしたまちづくりを目指します。

地域の特性
・名鉄国府駅は名古屋・豊橋方面への玄関口となっています。
・(都)国道1号線、(都)名豊道路(国道23号バイパス)、同(仮)東三河ICなど広域的な道路交通基盤が集中し、交通結節点となっています。
・豊川西部土地区画整理事業が施行中であり、駅至近に優良な住宅地形成が進んでいます。
・音羽川は市街地の貴重な緑であり、桜並木など親水空間としても親しまれています。
・住民アンケートでは、歩車分離等の交通事故対策の要望が多くなっています。また、御油・赤坂の宿場町はまちづくりの資源として高く評価されています。

地域の課題
・(都)名豊道路(国道23号バイパス)(仮)東三河IC開通、東三河ふるさと公園へのアクセス等に伴い、関連する道路ネットワークの整備。
・広域的幹線道路である(都)名豊道路開通による既存住宅地への環境負荷の低減とともに、IC配置の利便性を活かした地域の活性化。
・老朽建物の改善と市街化区域内の下水道整備の推進。
・生活道路への進入車両の対策。
・低未利用地の有効活用に向けた検討。
・豊川西部土地区画整理事業の早期完成と関連する幹線道路の整備促進。((都)大池線等)
・基盤未整備地区の整備推進
・御油のマツ並木の保全・活用と周辺の住環境との調和の確保。

課題に対する視点
・交通結節点の形成
・ICの利便性の活用
・自然と都市の共生

目標と方針
交通結節機能を活かした地域拠点の形成
(1)多様な都市機能の強化と安全安心対策の充実
(2)幹線道路ネットワークの充実
(3)安全で利便性の高い地域交通環境の整備促進
(4)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討

安全で快適な質の高い居住環境の確保
(1)豊川西部土地区画整理事業の推進
(2)老朽建物の改善による安全性の確保
(3)生活基盤施設の整備・充実、生活環境の保全

水と緑と共生した良好な居住環境の保全・整備
(1)歴史資源と自然環境を活かしたまちづくり

方針と施策
交通結節機能を活かした地域拠点の形成
(1)多様な都市機能の強化と安全安心対策の充実
・名鉄国府駅周辺において、商業地を配置し、本市の西の玄関口としてふさわしい拠点を形成します。
・名鉄国府駅周辺地域のバリアフリー化を促進し、安全・安心なまちづくりを進めます。
(2)幹線道路ネットワークの充実
・広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)名豊道路豊橋バイパスの早期事業完了、蒲郡バイパスの事業促進
(都)東三河環状線の4車線化の事業促進
・地域間ネットワークを構成する道路の事業促進に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)国府赤根線、(都)金野御油線、(都)佐脇原国府線
(3)安全で利便性の高い地域交通環境の整備促進
・通学路の安全確保等のため、名鉄国府駅前の(都)国道1号線交差点の横断歩道整備実現のための検討を進めます。
・市道豊川音羽線の整備を推進し、地域間アクセスの向上を図ります。
・(都)上宿樽井線、(都)大池線の整備をはじめ、豊川西部土地区画整理事業地内の道路整備を推進します。
・名鉄御油駅付近の渋滞緩和と交通安全対策を促進します。
(4)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討
・(都)名豊道路(仮)東三河ICの整備後においても、市街化調整区域の虫食い的な開発を抑制し、優良な農地や自然環境の保全に努める一方、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。
・広域的な幹線道路、交通基盤である(都)名豊道路(仮)東三河IC等を中心にした交通ネットワークの拠点となる本地域の特性を活かし、製造業・流通業等の新たな産業拠点の誘導を検討します。

安全で快適な質の高い居住環境の確保
(1)豊川西部土地区画整理事業の推進
・既存の住宅地の環境保全を図るとともに、豊川西部土地区画整理事業を推進し、安全で快適な居住空間を確保します。
(2)老朽建物の改善による安全性の確保
・老朽建物の改善により、防災性の向上を図り、安全で快適な居住空間を確保します。
(3)生活基盤施設の整備・充実、生活環境の保全
・生活基盤施設の整備・充実が必要な国府岡本、国府高畑、為当第二地区および豊川西部土地区画整理事業地周辺の第1種低層住居専用地域については、地域の理解、協力を得ながら、まちづくりのルールづくりや必要な基盤整備について検討します。
・白鳥・久保地区や上宿地区においては、計画的な下水道整備を推進します。

水と緑と共生した良好な居住環境の保全・整備
(1)歴史資源と自然環境を活かしたまちづくり
・御油松並木公園の整備を推進し、県道長沢国府線の迂回路にもなる周辺の道路環境の整備と合わせて、歴史的景観の保全とともに、地域交流の場としての機能を高めます。
・音羽川は御油のマツ並木とも一体となった親水空間として保全・整備を図ります。
 東三河ふるさと公園の整備を促進し、郷土の自然環境を活かした景観の確保と憩い、交流の場の形成を進めます。

代田地域
 豊川海軍工廠跡地を有する本地域は、戦後復興により現在の街なみが形成され、穂ノ原工業団地や野路工業団地には大規模な工場が集積しています。中心市街地の諏訪地区は、本市の商業・業務機能の中心核として形成されています。
 白川の東側には市街化区域が指定され、西側には農地が分布しています。
 本地域では、諏訪地区では商業・業務機能の機能強化による中心市街地の活性化を図り、新市民病院建設地周辺では交通環境基盤の整備を進めるとともに、河川、農地などの緑を保全するまちづくりを目指します。

地域の特性
・諏訪地区は、本市の商業・業務の中心核となっています。
・(都)国道1号線、(都)東三河環状線が交差する交通結節点となっています。
・新市民病院建設地があり、現在の都市計画マスタープランにおいては八幡地区とともに桜町地区において「医療拠点」と位置づけられています。
・穂ノ原や野路の工業団地に大規模な工場が集積しています。
・白鳥地区において、優良な農地が広がっています。
・住民アンケートでは、路線バスネットワーク充実の要望が高くなっています。

地域の課題
・中心市街地である諏訪地区における空洞化への対策。
・新市民病院開院にあたっての道路環境の整備と、周辺住宅地への環境保全の確保。
・新市民病院開院後の周辺地域における土地利用の適切な規制と誘導。
・バスネットワークの充実。
・広域幹線が交差する立地の活用策の検討。
・佐奈川や白川などの自然環境の保全と活用。
・市街化区域内の下水道整備の推進。

課題に対する視点
・中心市街地の活性化
・新たな医療拠点
・交通利便性の向上

目標と方針
諏訪地区において、賑わいのある中心市街地の形成
(1)商業・業務機能の中心核としての機能強化

医療拠点にふさわしい交通環境基盤の整備
(1)新市民病院へのアクセス強化
(2)駅周辺のバリアフリー化の推進
(3)周辺住宅地の交通対策と基盤整備の推進
(4)周辺環境との調和

緑の保全と、交通結節点としての機能を活かしたまちづくり
(1)市街化調整区域の適切な規制と誘導
(2)周辺環境と調和した工業地の形成
(3)交通結節点を活かしたまちづくり
(4)公共緑地としての河川空間の活用と緑のネットワークの整備

方針と施策
諏訪地区において、賑わいのある中心市街地の形成
(1)商業・業務機能の中心核としての機能強化
・名鉄諏訪町駅、諏訪再開発ビル周辺の中心市街地内の道路環境について、安全で快適な整備を推進します。
・中心市街地内の無電柱化事業の延伸等を通じて、優良な都市景観の形成を図るほか、防災機能の向上を促進します。

医療拠点にふさわしい交通環境基盤の整備
(1)新市民病院へのアクセス強化
・新市民病院周辺の道路環境の整備を図り、新市民病院へのアクセス強化を図ります。
(都)蔵子線、市道代田八幡線の整備推進
(都)国道1号線穴田交差点改良の整備促進
・誰もが使いやすい幹線バス路線を接続します。
(2)駅周辺のバリアフリー化の推進
 ・新市民病院への最寄り駅となる名鉄八幡駅および駅周辺地区のバリアフリー化を推進します。
(3)周辺住宅地の交通対策と基盤整備の推進
・新市民病院開院に伴う通過交通の発生を極力排除するなど、周辺住宅地に必要な交通基盤整備の推進や規制を導入します。
・新市民病院においては、計画的な下水道整備を推進します。
(4)周辺環境との調和
・八幡駅南地区計画の遵守を通じて、周辺の住環境の保全と工業団地との調和を図ります。

緑の保全と、交通結節点としての機能を活かしたまちづくり
(1)市街化調整区域の適切な規制と誘導
・新市民病院整備後の乱開発を防止するため、市街化調整区域内の優良な農地の保全とともに、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。
(2)周辺環境と調和した工業地の形成
・豊川工業団地(野路地区)は、大規模な工場が立地する地区として、周辺の住環境との調和を図りながら、工業地として適切な規制・誘導を図ります。
・県道白鳥豊橋線および(都)国道1号線沿道は、一団の工業地が立地する地区で、計画的な下水道整備とともに適切な規制・誘導を図ります。
(3)交通結節点を活かしたまちづくり
・(都)国道1号線と(都)東三河環状線が交差する交通結節点への有利性を活かしたまちづくりを検討します。
(4)公共緑地としての河川空間の活用と緑のネットワークの整備
・本市の市街地を縦貫する佐奈川の環境・景観の保全・形成を図るとともに、(都)桜町千両線沿いに緑のネットワークを整備します。
・白川は、自然環境の保全と計画的な改修を促進します。

金屋地域
 佐奈川沿いには桜並木が形成され、豊川公園、(都)公園線へと連続する桜の名所として、市民の憩いの場となっています。南部には本市の東西の軸を形成する(都)姫街道線沿いに、中心市街地の中央通地区が配置されています。
 (都)東三河環状線以南に市街化区域が指定され、北部では農地が分布しています。
 本地域では、桜並木などの景観資源を活かしながら、生活環境の保全と整備を図り、中心市街地の活性化、穂ノ原工業団地をはじめとする産業集積のまちづくりを目指します。

地域の特性
・市役所があり、本市の中心市街地の一角を構成しています。
・豊川公園、自衛隊豊川駐屯地、穂ノ原工業団地など主要な施設群が立地しています。
・(都)姫街道線沿道には、商業・業務施設が集積しています。
・佐奈川沿いには、ふれあい公園から金屋橋までの区間に散策路が整備され、豊川公園・桜トンネル、(都)公園線と連続性のある桜の名所になっているほか、日常における憩いの空間となっています。
・住民アンケートでは、身近な緑の減少、工場による住環境の悪化が指摘されています。

地域の課題
・防災拠点となる本地域へ市内外のどこからでもスムーズに行き来できる公共交通ネットワークの整備。
・広域的な幹線道路である(都)東三河環状線の早期整備完了とこれに通じる周辺道路の整備。
・(都)東三河環状線整備に伴うスプロール的な市街化の抑制。
・工場の住宅地への影響緩和。
・豊川地区と諏訪地区を結ぶ沿道型中心市街地の活性化。
・豊川公園や佐奈川につながる緑のネットワークの充実、豊川公園の機能強化。

課題に対する視点
・中心市街地の活性化
・利便性の高い環境の創出
・自然と都市の共生

目標と方針
市民生活を支える道路ネットワークの中心地区としての多様な機能の整備
(1)幹線道路ネットワークの早期整備推進
(2)地区内交通の利便性を高める補助幹線道路の整備推進
(3)沿道型商業空間の形成
(4)豊川IC周辺における製造業・流通業等の集積

安全でゆとりある生活環境の保全と整備
(1)安全で快適な居住空間の確保
(2)周辺環境と調和した工業地の形成

身近な緑や水辺が調和した景観と安らぎのある地域環境の形成
(1)緑のネットワークの整備
(2)幹線道路にふさわしい都市景観形成

方針と施策
市民生活を支える道路ネットワークの中心地区としての多様な機能の整備
(1)幹線道路ネットワークの早期整備推進
・広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)東三河環状線(大崎・三蔵子工区)の事業促進
(2)地区内交通の利便性を高める補助幹線道路の整備推進
・幹線道路へのアクセス強化を図ります。
(都)東三河環状線に通じるアクセス道路の整備促進
・自衛隊駐屯地西側の歩道拡幅を推進します。
(3)沿道型商業空間の形成
・(都)姫街道線沿道については、中心市街地の豊川地区と諏訪地区を結びつける沿道型商業軸として、商店街活性化のための施策の展開と基盤整備を促進します。
(4)豊川IC周辺における製造業・流通業等の集積
・(都)東三河環状線の整備を活かし、東名高速道路豊川IC周辺地域における製造業・流通業等の集積のため、周辺の住環境との調和を図った企業誘致を検討します。

安全でゆとりある生活環境の保全と整備
(1)安全で快適な居住空間の確保
・大崎・本野・三蔵子地区の住宅密集地において、地域の理解・協力を得ながらまちづくりのルール(地区計画制度等の)導入を検討するとともに、必要な生活基盤施設整備を進めます。
(2)周辺環境と調和した工業地の形成
・穂ノ原工業団地は、周辺の住環境との調和を図った工業地としての環境・景観を保全します。
・大崎・南千両地区の工業地は、周辺の住環境との調和を図る一方、地区内での住工混在による環境悪化を招かないよう、開発・建築にあたっては適切な規制・誘導を図ります。

身近な緑や水辺が調和した景観と安らぎのある地域環境の形成
(1)緑のネットワークの整備
・佐奈川、豊川公園・桜トンネル、(都)桜町千両線を結ぶ、緑のネットワークの整備を推進します。
(2)幹線道路にふさわしい都市景観形成
・市役所周辺および(都)姫街道線沿道は、本市中心地および本市の都市軸にふさわしい都市景観の形成を図ります。

一宮地域
 本宮山、豊川など本市を代表する自然景観を持ち、東名高速道路豊川ICに近接する地域特性を活かした内陸工業団地の整備など産業集積が図られている地域となっています。
 (都)豊川一宮線沿いに市街化区域が指定され、まわりを農地が広く分布しています。
 本地域では、砥鹿神社や本宮山、豊川をはじめとする景観資源の保全、活用を図るとともに、市街地では良好な住宅環境の形成を進め、隣接する新城市との広域的な道路ネットワークの構築に向けたまちづくりを目指します。
地域の特性
・最も広い地域面積を有しており、本宮山、豊川など本市を象徴する自然景観を持っています。
・新東名高速道路(仮)新城ICへのアクセス確保や医療圏の広域化など、東三河北部地域とのつながりが増しており、広域的な道路ネットワークの形成が進んでいます。
・内陸工業団地の整備が推進されています。
・住民アンケートでは、鉄道利用時の利便性向上への要望が高くなっています。
地域の課題
・一宮大木土地区画整理事業の推進支援をはじめ、快適で安心して過ごせる生活環境基盤の整備の推進。
・旧豊川市と隣接した市街化区域内の公共下水道整備の推進。
・広域的な道路ネットワーク形成に合わせて、地域活性につながるまちづくりの推進。
・JR三河一宮駅および一宮総合支所周辺の地域拠点としての機能向上。
・豊かな自然環境の保全と、調和した生活環境の整備推進。
課題に対する視点
・地域の中心の形成
・周辺都市との連携
・自然環境の活用
目標と方針
地域資源を活かした活力あるまちづくり
(1)一宮大木土地区画整理事業の整備の推進支援
(2)生活環境基盤の整備・充実
(3)緑の保全・育成
広域的な道路ネットワークの構築と、これに連携したまちづくり
(1)(都)豊川新城線の早期完成、アクセス道路の整備
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成
(3)大木地区工業団地の整備促進
(4)豊川IC周辺と(都)豊川新城線周辺における製造業・流通業等の集積
水と緑のネットワーク形成による、憩いとレクリエーションのための集いの場の創出
(1)憩い、レクリエーション、観光の拠点の基盤整備
(2)民有林の保全と有効活用
方針と施策
地域資源を活かした活力あるまちづくり

(1)一宮大木土地区画整理事業の整備の推進支援
・一宮大木土地区画整理事業による住宅地基盤整備の推進を支援します。
(2)生活環境基盤の整備・充実
・下水道をはじめとした都市基盤施設が未整備な市街化区域内の住宅地では、計画的な都市基盤施設の整備を推進します。
(3)緑の保全・育成
・森林の保全・育成のための基盤整備を促進するほか、安全な住民生活を確保するための治山対策を推進します。
域的な道路ネットワークの構築と、これに連携したまちづくり
(1)(都)豊川新城線の早期完成、アクセス道路の整備
・新東名高速道路(仮)新城ICへのアクセスや、医療圏の拡大など、東三河北部地域とのつながりが増しており、(都)豊川新城線(国道151号バイパス)の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
・(都)豊川新城線と合わせて、これにアクセスする地区幹線道路の整備を促進します。
(都)長山一宮線の事業化に向けた検討
・県道三蔵子一宮線の事業促進に向けた、地域および事業主体等の関係機関への働きかけ
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成
・一宮総合支所を含む(都)豊川一宮線(国道151号)沿道には、住民生活に必要な商業・業務機能を集積し、地域拠点の形成を図ります。
(3)大木地区工業団地の整備促進
・道路ネットワークの拠点に位置する利便性を活かして、企業誘致を進め、地域活性化を図ります。そのために大木地区における工業団地整備を促進します。
(4)豊川IC周辺と(都)豊川新城線周辺における製造業・流通業等の集積
・(都)豊川新城線、新東名高速道路の整備を活かし、東名高速道路豊川IC周辺地域と(都)豊川新城線周辺における製造業・流通業等の集積のため、企業誘致を検討します。
水と緑のネットワーク形成による、憩いとレクリエーションのための集いの場の創出
(1)憩い、レクリエーション、観光の拠点の基盤整備
・県立本宮山自然公園や本宮の湯をはじめとした既存施設との連携強化を図り、観光ネットワークを形成します。
・豊川の環境・景観保全・形成を図るほか、豊川河川敷の有効活用を推進します。
 本市の市街地を縦貫する佐奈川・帯川について、親水空間としての機能を充実させます。
(2)民有林の保全と有効活用
・砥鹿神社をはじめとした歴史性を有する民有林の保全と有効活用を図ります。

音羽地域
 東名高速道路音羽蒲郡ICがあり、広域的な交通結節点となっているほか、紅葉が美しいコアブラツツジの自生地のある宮路山、旧東海道における赤坂宿などの自然・歴史資源を持つ地域となっています。
 (都)国道1号線沿いに帯状に市街化区域が指定されており、市街地を挟み込むように森林が形成されています。
 本地域では、交通利便性を活かした産業の集積を図るとともに、地域生活を支える名鉄名電赤坂駅および音羽支所周辺における拠点の形成、緑の保全・育成を図り、自然・歴史資源と共生したまちづくりを目指します。
地域の特性
・市街地を挟み込むように森林が形成されています。
・(都)国道1号線が地域の中央を通過しており、東名高速道路音羽蒲郡ICがあり、広域的な交通結節点となっています。
・赤坂地区や萩地区には大規模な工業地が形成されています。
・旧東海道赤坂宿など歴史的景観と居住地域が共存しています。
・住民アンケートでは、御油・赤坂の宿場町はまちづくりの資源として高く評価されています。
地域の課題
・地域内外を結ぶコミュニティバスの充実。
・旧豊川市街地と音羽地域を結ぶ道路ネットワークの整備推進。
・名電赤坂駅および同駅と支所を結ぶ区域の地域拠点としての機能向上。
・広域的な交通ネットワークの拠点となる本地域の特性を活かした地域活性化。
・老朽化した公営住宅の建替。
・旧東海道の宿場町などの歴史資源の保全と活用。
・適切な森林育成・保全。
・市街化調整区域における既存集落からの排水対策を通じた環境保全。
課題に対する視点
・地域の中心の形成
・広域ネットワークの活用
・自然の保全と活用
目標と方針
多様な交通・交流拠点を活かした、利便性の高いまちづくり
(1)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成
(3)名鉄名電赤坂駅および名鉄名電長沢駅へのアクセス強化
(4)地域間アクセスの向上

宿場町の歴史を活かした賑わいの創出
(1)歴史と調和した道路環境の形成
(2)歴史資源を活かしたまちづくり
豊かな自然環境の保全と、自然と共生した安全で快適なまちづくり
(1)緑の保全・育成と治山対策の充実
(2)自然と共生した住環境整備
(3)宮路山の保全と活用
方針と施策
多様な交通・交流拠点を活かした、利便性の高いまちづくり
(1)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討
・東名高速道路音羽蒲郡IC周辺において、市街化調整区域の虫食い的な開発を抑制し、優良な農地や自然環境の保全に努める一方、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。
・広域的な交通ネットワークの拠点となる本地域の特性を活かし、製造業・流通業等の新たな産業拠点の誘導を検討します。
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成
・名鉄名電赤坂駅と音羽支所間を結ぶ経路を中心として、住民生活に必要な商業・業務機能の誘導を図り、地域拠点の形成に努めます。
・拠点周辺への居住機能の集積等、公営住宅の適正配置を検討します。
(3)名鉄名電赤坂駅および名鉄名電長沢駅へのアクセス強化
・名鉄名電赤坂駅および名鉄名電長沢駅へのアクセス機能を高め、交通拠点の強化を図ります。
(4)地域間アクセスの向上
・市道豊川音羽線の整備を推進し、地域間アクセスの向上を図ります。
宿場町の歴史を活かした賑わいの創出
(1)歴史と調和した道路環境の形成
・旧赤坂宿の歴史と調和した風格ある道路環境の保全・形成を図ります。
(2)歴史資源を活かしたまちづくり
・旧東海道や宿場町という地域特性を活かし、その保全や伝統行事の継承など歴史資源を活かしたまちづくりを図ります。
 豊かな自然環境の保全と、自然と共生した安全で快適なまちづくり
(1)緑の保全・育成と治山対策の充実
・安全な住民生活を確保するための治山対策(渓流部の堰堤整備等)を促進します。
・緊急性、重要性に応じて、順次、林道整備を促進するほか、適切な維持管理に努めます。
・(都)国道1号線北側をはじめとした地域の優良農地を保全します。
(2)自然と共生した住環境整備
・地域の自然環境への負荷を低減するよう、生活排水の適切な処理方法を推進します。
(3)宮路山の保全と活用
・宮路山の保全を進め、住民の憩いと交流の場となる緑の拠点として、適切な維持管理を図ります。

御津地域
 本市で唯一三河湾に面する地域であり、JR愛知御津駅は名古屋・豊橋方面へと通じる交通結節点となっており、臨海部では工場集積が進められています。また、自然環境を活用した東三河ふるさと公園を有し、市民の憩い、交流の場となっています。
 地域中部を中心に市街化区域が指定され、その周辺では農地が分布しています。
 本地域では、(都)名豊道路などの道路ネットワークの整備に伴い、臨海部と合わせて新たな産業集積を図るとともに、拠点形成に向けた住商機能の集約、東三河ふるさと公園、御津山をはじめとする景観の保全、地域拠点の形成に向けたまちづくりを目指します。
地域の特性
・(都)名豊道路(国道23号バイパス)や(都)東三河環状線など、広域的な交通結節点としての重要性が増加しつつあります。
・臨海部には、企業立地や公園・緑地スペースとして埋立てが進んでいます。また、(都)名豊道路の整備により、産業拠点の立地など今後の開発が期待されます。
・JR愛知御津駅が名古屋、豊橋両方面への広域交通拠点となり、本地域の拠点地区を形成しています。
・居住地域の周辺に、恵まれた水(臨海緑地、御津川)と緑(東三河ふるさと公園、御津山、南部中心に広がる農村地域)が配置されています。
・三河湾臨海部には、マリーナや緑地等が整備され、親水レクリエーションの拠点となっています。
・住民アンケートでは、地域コミュニティの活性化が必要との意見が多くなっています。また、空地の増加が指摘されています。
地域の課題
・広域的幹線道路の整備推進。
・幹線道路整備に伴う周辺住宅地への環境保全の徹底と、乱開発の防止と合わせた地域活性化につながる規制・誘導の実施(新たな産業拠点の選定を検討)。
・JR愛知御津駅および周辺地区の基盤整備の推進(都市計画道路の整備など)と地域活性化。
・老朽化した公営住宅の建替。
・道路整備による地域コミュニティの分断対策。
・臨海部の開発、東三河ふるさと公園の早期完成。
・親水レクリエーション拠点の活用。
課題に対する視点
・交通結節点の活用
・周辺地域との連携
・自然の活用
目標と方針
JR愛知御津駅を中心とした地域住民の生活を支える地域拠点の形成
(1)JR愛知御津駅へのアクセスの強化
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成

広域的道路ネットワークの整備と連携したまちづくり
(1)幹線道路ネットワークの充実
(2)良好な居住環境の保全、整備
(3)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討
水と緑に映える、快適で活気あるまちづくり
(1)臨海部の開発と保全の促進
(2)御津川の改修促進
(3)御津山の自然環境の保全
(4)東三河ふるさと公園の整備
方針と施策
JR愛知御津駅を中心とした地域住民の生活を支える地域拠点の形成
(1)JR愛知御津駅へのアクセスの強化
・地域の公共交通の拠点であるJR愛知御津駅にアクセスする以下の路線の早期整備を推進します。
(都)御津為当線
(都)松本入浜線
(2)地域住民の生活を支える拠点の形成
・JR愛知御津駅および駅周辺部に、住民生活を支える商業機能の集積を図ります。
・駅橋上化を含めた駅南北地域へのアクセスの向上、拠点としての基盤整備を推進します。
・拠点周辺への居住機能の集積等、公営住宅の適正配置を検討します。
広域的道路ネットワークの整備と連携したまちづくり
(1)幹線道路ネットワークの充実
・広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)名豊道路豊橋バイパスの早期事業完了、蒲郡バイパスの事業促進
(都)東三河環状線の4車線化の事業促進
・地域間ネットワークを構成する道路の事業促進に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)国府赤根線
(都)金野御油線・県道豊川蒲郡線
(都)下佐脇豊沢線・県道金野豊川線
(2)良好な居住環境の保全、整備
・(都)名豊道路開通による周辺地域への影響の緩和を国等の関係機関に働きかけるなど、将来にわたり良好な居住環境と地域の一体性を図ります。
(3)適切な土地利用の誘導と新たな産業拠点の配置の検討
・(都)名豊道路(仮)東三河IC、(仮)金野ICの整備後においても、市街化調整区域の虫食い的な開発を抑制し、優良な農地や自然環境の保全に努める一方、秩序ある土地利用の規制誘導を図ります。
・広域的な幹線道路・交通基盤である(都)名豊道路(仮)東三河IC等を中心にした交通ネットワークの拠点となる本地域の特性を活かし、製造業・流通業等の新たな産業拠点の誘導を検討します。

(1)臨海部の開発と保全の促進
・臨海部の機能向上を図るため、臨港道路東三河臨海線の早期事業着手を働きかけるとともに、三河港の港湾施設整備促進、企業用地の埋立て造成の早期完成を通じて、地域活性化を図ります。
・臨海緑地の整備や高潮対策のための防風林の植樹を促進し、親水性の憩いの空間を配置します。
(2)御津川の改修促進
・御津川の改修促進を図り、住民生活の安全と身近な親水空間の確保を図ります。
(3)御津山の自然環境の保全
・市街地に接した身近な緑である御津山の保全を図ります。
(4)東三河ふるさと公園の整備
・東三河ふるさと公園の整備を促進し、郷土の自然環境を活かした景観の確保と憩い、交流の場の形成を進めます。

小坂井地域
 鉄道駅を近距離に3駅配置し、各方面へのアクセスにあたっての利便性が高い地域となっています。地域全域にわたり平坦地で形成され、南部には豊川放水路が流れ、伊奈地区には工業地が形成されています。
 地域中部に市街化区域が指定され、周辺を農地が分布しています。
 本地域では、鉄道駅が近接する利便性を活かし、駅へのアクセス強化を図り、生活に身近な緑地の確保、良好な住宅地形成に向けた基盤整備を進めるまちづくりを目指します。
地域の特性
・比較的人口密度が高くなっています。
・比較的狭い市街地の中に3鉄道駅が存在し、各方面へのアクセスにあたって利便性が高くなっています。
・広域的幹線道路(都)名豊道路(国道23号バイパス)(仮)小坂井ICの完成により、道路ネットワークの点で交通結節点としての機能が高まっています。
・市街化区域における公共下水道(汚水)の整備はほぼ完了していますが、雨水対策が脆弱な地区があります。
・住民アンケートでは、広域幹線道路、生活道路の整備の要望が高くなっています。
地域の課題
・生活基盤施設の整備推進。
・各鉄道駅の機能強化と周辺整備。
・用途混在への適切な土地利用の規制・誘導。
・(都)名豊道路(仮)小坂井ICへのアクセス道路の整備推進。
・住民に身近な緑地の確保。
課題に対する視点
・安全性の確保
・交通利便性の向上
・自然との共生
目標と方針
地域の生活拠点としての利便性の向上と安全で快適な市街地の整備
(1)公共交通機関へのアクセス強化
(2)鉄道駅への地域拠点機能の集積
(3)工業地区での開発・建築への適切な規制・誘導
(4)生活基盤施設の整備
広域道路ネットワーク整備と連携したまちづくり
(1)幹線道路ネットワークの充実

緑が映える景観と、潤いのある居住空間整備
(1)公共緑地スペースとしての河川空間の活用と河川改修の推進
(2)良好な住環境の形成

方針と施策
地域の生活拠点としての利便性の向上と安全で快適な市街地の整備
(1)公共交通機関へのアクセス強化
・生活拠点となる名鉄伊奈駅、JR西小坂井駅、JR小坂井駅へのアクセスを高めるため、関連する道路整備の課題などについて検討します。
(2)鉄道駅への地域拠点機能の集積
・名鉄伊奈駅、JR西小坂井駅、JR小坂井駅の各周辺地区について、住民生活を支える商業機能の集積を図ります。
・名鉄伊奈駅における駅前広場、JR西小坂井駅における駅前広場および連絡通路の整備のあり方を検討します。
(3)工業地区での開発・建築への適切な規制・誘導
・市街地内の工業地区については、住工混在化による環境悪化を招かないよう、開発・建築にあたっては適切な規制・誘導を図ります。
(4)生活基盤施設の整備
・市街地における雨水排水対策を推進します。
・生活基盤施設の整備・充実が必要な新池地区の第1種低層住居専用地域については、地域の理解、協力を得ながら、まちづくりのルールづくりや必要な基盤整備について検討します。
広域道路ネットワーク整備と連携したまちづくり
(1)幹線道路ネットワークの充実
・広域幹線道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)名豊道路豊橋バイパスの早期事業完了
(都)前芝豊川線(国道151号・国道247号)と(都)国道1号線との立体交差化の早期事業着手
・地域間ネットワークを構成する道路の整備に向け、地域および事業主体等の関係機関に対して働きかけます。
(都)中通線、(都)石巻赤根線、(都)北村前芝線の早期事業着手
県道小坂井御津線(平坂街道踏切改良)の事業促進
・(都)前芝豊川線小坂井バイパスの無料化の早期実現に向け、地域や関係機関に対して働きかけます。
緑が映える景観と、潤いのある居住空間整備
(1)公共緑地スペースとしての河川空間の活用と河川改修の推進
・本市の市街地を縦貫する緑の軸として、佐奈川の親水空間としての機能充実を推進します。
(2)良好な住環境の形成
・市街化区域内の住宅地において、地域の理解・協力を得ながら、良好な住環境を保全するためのルールづくりと、必要な都市基盤施設整備のあり方について検討します。

第4章 計画の実現に向けて

4-1 まちづくりの推進に向けた方針
4-1-1 まちづくりの実現に向けた市民協働の考え方
 都市計画マスタープランは、本市の将来都市像を明確にし、個別の都市計画が決定・変更されるべき方向を示す誘導指針としての役割を担うものです。そのため、本計画の実現に向けた都市づくりの推進にあたっては、個別的、具体的な事業計画や地域地区の整備計画の策定を行うとともに、庁内および関係機関が連携しつつ、事業の効率化や各種制度の活用による財政負担の軽減などの対応を図ることで、計画の実効性を確保することが必要となります。
 また、本市においては市民主体のまちづくり・都市づくりへの取り組みを目指し、これらを支える支援策の充実など、市民と行政が協働によるまちづくりを進めることが重要となります。
4-2-1 具体的な目標設定について
 人口減少・超高齢社会への対応や、合併後の市域での身近な生活圏の構築(コンパクトシティの構築)、拠点の形成と広域的な交通ネットワークの構築、市街地の生活環境の質の向上などの本計画における位置づけのもと、以下の具体的な取り組みを行います。
<総合的な取り組み>
集約型都市構造の構築
・まちなか居住の推進
市街化区域内の人口増加、市街化区域内への居住率増加
市民協働
4-1-2 計画の推進方針
 事業の実施においては、社会情勢の変化とともに事業に対する市民のニーズが変化してきていることから、事業効果分析などの手法を用いて、事業の選択と集中による計画の見直しが重要となります。そのため、事業継続の判断、適正な事業間の優先順位付け、効率的な事業スケジュールの設定、事業の規格・規模・内容等、社会動向を見据えた柔軟な事業・施策の実現を目指します。
 本計画においても、今後の社会情勢の変化により、新たな都市づくりの課題や市民ニーズへの新たな対応等に向けて、豊川市総合計画との整合を図りつつ、事業の進捗状況や成果の評価・検証を行いながら、必要に応じて計画の見直しを行います。
4-2 実現化に向けた取り組み方針

・まちづくりに関する市民意識の啓発
出前講座等の実施、まちづくり組織の支援・育成
<土地利用の取り組み>
住宅地
・暫定用途地域の解消
用途地域の見直し
・住工混在の解消
準工業地域における土地利用の規制・誘導方策の検討
・住宅政策の推進
豊川市住宅マスタープラン策定による住宅供給の検討
商業地
・中心市街地の活性化
中心市街地活性化基本計画の認定および同計画に基づく施策展開、商店街への支援強化(ハード、ソフト)
・都市核、地域生活拠点の形成
公共交通結節点を中心とした商業施設の集積(規制・誘導)
工業地
・産業集積ゾーンへの工業集積
企業立地アクションプランに基づく新たな産業集積の検討(企業誘致)
<都市交通(公共交通)>
道路網
・計画的な道路網の構築
・都市計画道路網見直しによる都市計画道路整備の優先順位の明確化・廃止および変更等の検討
・都市計画道路の整備推進および関係団体への整備要望
公共交通
・拠点を中心とした公共交通体系の構築
・豊川市公共交通基本計画に基づく各拠点への移動手段の検討
・交通結節点の機能強化(拠点の形成、バリアフリー化の推進)
<公園・緑地>
公園・緑地
・豊川市らしい緑の空間の形成
・豊川市緑の基本計画に基づく取り組みの実施(公園・緑地の適正配置、整備・保全の推進)
<市街地整備>
都市基盤の確保
・土地区画整理事業の推進
・豊川西部土地区画整理事業、豊川駅東土地区画整理事業の推進および一宮大木土地区画整理事業の推進支援
<自然環境・景観>
景観整備
・歴史・文化を活かした景観形成
・景観計画の策定の検討
・歴史・文化的資源の活用や保全に向けた取り組みの推進
<都市防災・防犯>
都市防災
・各種計画に基づく防災対策の推進
・地域が主体となった防災体制の構築に向けた取り組みの推進
・建物の不燃化および避難路の確保
防犯
・地域が主体となった安全性の確保
・計画的な防犯灯、街路灯の設置
・交通事故の抑制に向けた交差点等の改良の検討
<その他の都市施設>
下水道
・公共下水道の整備推進
・豊川市下水道基本計画に基づく計画的な下水道整備の推進
廃棄物処理施設
・処理施設の適正管理と環境負荷の軽減
・廃棄物処理施設の立地場所周辺の環境保全
・豊川市一般廃棄物処理基本計画に基づく効率的なごみの減量化とリサイクルの推進

資料
用語解説
あ行
NPO Non Profit Organizationの略。「民間非営利組織」の意味で営利を目的とせず、利益を関係者に配分しないことを基本に社会的使命の追及を目的とし、自発的な活動を継続して行う団体。
オープンスペース 都市や敷地内で、建物のたっていない土地。空地。
か行
基盤整備 道路、鉄道、河川、上下水道、エネルギー供給施設、通信施設などの都市施設や学校、病院、公園などの公共施設といった、市民の生活や産業活動を支える施設を整えること。
近隣商業地域 まわりの住民が日用品の買物などをするための地域。住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられる。
交通の結節点 駅前広場が整備されバスやタクシーが乗り入れる駅や、空港、港、インターチェンジなど複数あるいは異種の交通手段の接続が行われる場所。交通機関・手段の接続機能のほか、都市機能の誘導・集積を促進させ拠点地区を形成する「拠点形成機能」や都市の顔を形成する「ランドマーク機能」を担う。
工業専用地域 工場のための地域。どんな工場でも建てられるが、住宅、お店、学校、病院、ホテルなどは建てられない。
工業地域 どんな工場でも建てられる地域。住宅やお店は建てられるが、学校、病院、ホテルなどは建てられない。
行政区域 行政機関の権限の及ぶ範囲として定められた、都道府県・市町村などの区域。
高度利用地区 市街地の環境の維持や土地利用の増進を図るため、都市計画によって建築物の高さの最高限度が定められている地区。
コミュニティ 地域社会。共同体意識を持って共同生活を営む一定の地域およびその人々の集団。

さ行
里山・里地 人間の働きかけを通じて環境が形成され、野生生物と人間とが様々な関わりを持ってきた地域。
市街化区域 都市計画区域内で、既に市街地を形成している区域および概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域として、都市計画法第7条第2項に基づいて計画決定された区域。
市街化調整区域 都市計画区域内で、市街化区域に対して市街化を抑制する区域として、都市計画法第7条第3項に基づいて計画決定された区域。
住区基幹公園 徒歩圏内に居住する人々の日常的な利用を目的とした都市公園分類の1つである。住区を計画単位としたもので、住区基幹公園には、街区公園・近隣公園・地区公園などがある。
準工業地域 主に軽工業の工場やサービス施設等が立地する地域。危険性、環境悪化が大きい工場のほかは、ほとんど建てられる。
準住居地域 道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域。「準住居」ではあるものの、第2種住居地域よりも幅広い種類の用途の建物が建てられる。
商業地域 銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域。住宅や小規模の工場も建てられる。

た行
第1種住居地域 大規模な店舗やオフィスビルなどの建築を制限する住居系の地域。床面積の合計3,000平方メートルまでの店舗、事務所、ホテルなどは建てられる。
第1種中高層住居専用地域 中高層住宅のための地域で、中高層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。病院、大学など、床面積の合計500平方メートルまでの一定のお店などが建てられる。
第1種低層住居専用地域 低層住宅のための地域で、2~3階建て以下の低層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。小規模なお店や事務所を兼ねた住宅や、小中学校などが建てられる。
第2種住居地域 主に住居の環境を守るための地域だが、大規模な飲食店、店舗、事務所などの建築も可能。店舗、事務所、ホテル、カラオケボックスなどは建てられ、階数や床面積(10,000平方メートルを超える店舗等を除く)の制限はない。
第2種中高層住居専用地域 主に中高層住宅のための良好な住環境を保護するための住居系の地域。病院、大学などのほか、床面積の合計1,500平方メートルまでの一定のお店や事務所など必要な利便施設が建てられる。
昼夜間人口 ある地域に常住する人口を夜間人口といい、昼間だけ現存する人口が昼間人口という。
DID区域・人口 人口集中地区のこと。国勢調査において設定される人口密度が1ヘクタールあたり40人以上、人口5,000人以上の地域で、実質的な都市地域を表す。
地区計画制度 都市計画法に基づき、住民の生活に身近な「地区」を単位として、道路、公園等の施設の配置や、建築物の建て方等について、地区特性に応じてきめ細やかなルールを定めるまちづくりの計画。

低炭素社会 地球温暖化の主因とされる温室効果ガスの一つである二酸化炭素の排出が少ない生産・生活システムを構築した社会のこと。
都市機能 文化、教育、保健・医療・福祉、商業、工業などのサービスを提供する機能のこと。
都市計画区域 一体の都市として総合的に整備、開発及び保全する必要のある区域として、都道府県により指定される都市計画を定める範囲のこと。
都市計画区域マスタープラン 平成12年5月に都市計画法の改正が行われた際に、第6条の2に「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」として登場。長期的な視点から住民に「都市の将来像」を示すとともに、市町村を超えた広域的な視点から、都市計画の目標や広域的、根幹的施設等主要な都市計画の決定の方針を示すもの。
都市計画公園 都市公園法に基づき、地方公共団体又は国が設置および管理する公園又は緑地をいう。
良好な都市環境の形成、防災など都市の安全性向上、レクリエーション活動の場の確保、都市景観の向上を図ることを目的としている。
都市計画道路 都市計画法による一定の手続きを経て計画決定される道路であり、道路機能に応じて自動車専用道路、幹線街路、区画街路および特殊街路の4種類に区分される。都市計画決定された区域内では、今後の施設整備に向け、一定の建築制限が適用される。
都市計画法 都市の健全な発展と秩序ある整備を図ることを目的とした都市計画に関する法律。
都市施設 道路、公園、下水道等都市の骨格を形成し、円滑な都市活動を確保し、良好な都市環境を保持するための施設の総称。
土地区画整理事業 宅地の利用増進と公共施設の整備改善を図るため、土地の区画形質の変更、公共施設の新設、変更を同時に行い、健全な市街地を形成する事業である。減歩と換地の制度により、公園、街路等の公共施設用地を生み出すところに大きな特色がある。
特別用途地区 用途地域の指定されている地区において、これを補完するため、特別の目的から特定の用途の利便の増進又は環境の保護等を図る地区。

な行
農業振興地域 農業の近代化、公共投資の計画的推進等、農業の振興を図ることを目的として、「農業振興地域の整備に関する法律」に基づき定められる区域。対象となるのは、農業の振興を図ることが相当と認められ、かつ農用地として利用すべき相当規模の土地があるなどの地域。
農用地区域 農業振興地域のうち、今後概ね10年以上にわたって農業上の利用を確保し、農業に関する公共投資その他農業振興に関する施策を計画的に推進する区域。
は行
バリアフリー 段差や仕切りをなくす等高齢者や障害者が日常生活をおくる上で不便な障害となっていること(バリア)を除去(フリー)し、全ての人が安心して暮らせる環境をつくること。
東三河都市計画区域 平成22年3月現在、愛知県が再編等の見直しを行っている都市計画区域であり、範囲としては、本市(旧小坂井町を含む)、豊橋市、蒲郡市、田原市、新城市(旧鳳来町と旧作手村を除く)により構成される。
ヒートアイランド現象 郊外に比べて都市部が高温になり、夜になっても気温が下がらない現象。
ファサード 建物の正面や建物の外観を構成する主要な立面のこと。外観として重要な面である場合には側面や背面についてもファサードと呼ぶこともある。
フレーム 枠。骨組み。
防火地域・準防火地域 都市計画法に基づき、火災発生時の延焼拡大を防止するために、建築物を耐火構造にするなどの義務づけを行う地域。主として防火地域は商業地域など高密度な土地利用が行われる市街地に、準防火地域は木造建築物の密集した市街地に指定される。

ま行
まちづくり三法 「改正都市計画法」「中心市街地活性化法」「大規模小売店舗立地法」の総称。中小企業の保護を目的とした「大規模小売店法(大店法)」の廃止に伴い、1998年から2000年にかけて施行された。
緑の基本計画 都市緑地法第4条に基づき策定する「緑地の保全及び緑化の推進に関する基本計画」であり、緑の現状やニーズをふまえる中、「緑地の保全及び緑化の目標」や「緑地の保全及び緑化の推進のための施策」を示すとともに、都市公園の整備や緑地の保全並びに、緑化の推進方策について、総合的に進めていく計画。
密集市街地 敷地、道路が狭く、老朽木造建物が高密度に建ち並んでおり、地震時に大きな被害が想定される危険な市街地。
や行
用途地域 地域地区のうち最も基礎的なものであり、都市全体の土地利用の基本的枠組みを設定するとともに、建築物の用途や容積率、建ぺい率、高さ等の形を規制・誘導し、秩序あるまちづくりに大きな役割を果たすもの。用途地域には12種類がある。
遊水地機能 河川沿いの田畑等において雨水または河川の水が流入して一時的に貯留する機能。
ら行
流出超過型 夜間人口(豊川市に住んでいる人)より、昼間人口(別の都市などに就業や通学する人)が少ない都市をいう。流入超過型は、昼間人口が夜間人口を超える都市をいう。

お問い合わせ

総務部 行政課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2123 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る