このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

チャレンジとよかわ活性化事業費補助金(創業支援事業)

更新日:2016年4月1日

補助対象事業

・現在事業を行っていない方が、市内に店舗、工場等の事務所や事業所を構えて実施される「創業」又は現在事業を行っている方が市内に店舗、工場等の事務所や事業所を構えて実施する、「第2創業」のいずれかが対象となります。

創業とは?

「とよかわ創業・起業支援ネットワーク」において1ヶ月以上4回以上に渡って、特定創業支援事業の指導を受け、豊川市に証明を受けられた方が、市内において新たに店舗や事業所を設置し、生産、営利等を目的として継続的に地域の雇用や需要を支える事業。

第2創業とは?

既に市内で事業を営む中小企業者であって、「とよかわ創業・起業支援ネットワーク」において1ヶ月以上4回以上に渡って、特定創業支援事業の指導を受け、豊川市に証明を受けられた中小企業者等が、市内において既存の事業以外の新たな事業を興すために、新たに店舗や事業所を設置し、生産、営利等を目的として継続的に地域の雇用や需要を支える事業。(※1) 
※1 原則としてこれまで行っていた事業の属する事業とは異なる事業(業種は日本標準産業分類の細分類による。)を行うことが要件となります。

補助金をご利用いただくための要件

・「創業」、「第2創業」のいずれにおいても「とよかわ創業・起業支援ネットワーク」において、1ヶ月以上4回以上に渡って特定創業支援事業の指導を受け、豊川市に認定を受ける事が要件となります。
・「創業」または「第2創業」を実施後、商工会議所・商工会の指導を継続的に受ける事が要件となります。
・市税等を滞納していない事が要件となります。 

補助対象経費

当該事業に直接必要な最小経費であって、交付決定日から交付決定を受けた年度末までに支出する下記の経費とします。但し、消費税は対象経費から除きます。

・店舗、事務所の開設に伴う外装工事・内装工事費用
(住居兼店舗・事務所については、店舗・事務所専有部分に係るもののみであって、間仕切り等により物理的に住居等他の用途に供される部分と明確に区別されている場合に限ります。)

・店舗及び事務所で使用する機械装置・工具・器具・備品の調達費用

補助率・補助限度額

補助対象経費の2分の1以内とし、50万円を上限とします。
※中心市街地及び中心拠点と地域拠点内の商業地域並びに近隣商業地域における創業については、補助対象経費の3分の2以内とし、100万円を上限とします。
なお、「中心市街地」とは、豊川市中心市街地商業等活性化基本計画において指定された豊川市中心市街地区域であって、「中心拠点」及び「地域拠点」とは、豊川市立地適正化計画に規定された都市機能誘導区域をいいます。

中心市街地の区域について

立地適正化計画について

申請に必要な書類

交付申請時に必要な書類

  2.登記事項証明書又は個人事業の開廃業届出書の写し(創業済の方のみ)

 9.その他市長が必要と認める書類

実績報告時に必要な書類

  4.経費の支払い等を証明する書類の写し
  5.その他市長が必要と認める書類

お問い合わせ

産業環境部 商工観光課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2140 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る