このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市制施行75周年記念式典式辞

更新日:2018年6月1日

 豊川市制施行75周年の記念式典としまして一言ごあいさつ申し上げます。
 昭和18年、豊川町、牛久保町、国府町と八幡村、3町1村が合併し、県内8番目の都市として誕生し、75周年という記念すべき年を迎えました。
 本市の歴史には、昭和20年の8月7日の豊川海軍工廠の被爆があり、甚大な被害を受けました。その後、東名高速道路の開通や海軍工廠跡地への工業団地の整備など、豊川市も徐々に力をつけ、この地域の中核都市として発展することができました。
 これもひとえに、先人の方々のたゆまぬご努力と職員皆さまの努力によるものと感謝申し上げたいと思います。
 現在、日本は人口減少社会に突入し、高齢化も進んでいます。しかし、前回の国勢調査では、豊川市は唯一、東三河8市町村の中で人口が減っていない都市となり、様々な施策の成果だと自負しています。人口減少社会はこれらかも進んでいくことが予測されていますので、引き続き、気を引き締め、元気のある豊川市を守っていくために職員一丸となり、市政運営に励んでまいります。
 昨年の7月に地域再生プランナーの久繁哲之介さんに豊川市で職員研修を行っていただきました。今年の3月に地方行政という雑誌に豊川市の記事が紹介され、そのなかで、本市職員一人ひとり、自分が何をすべきなのか自覚し、自主的に様々な事業を進めていると評価していただきました。他の都市も見習うべきと大変お褒めをいただいています。こうした評価には、自信と誇りを持ち、業務に携わってもらいたいと思います。
 そして、今年度から防災センターの建設が始まっています。最近、多くの災害が全国各地で頻繁に発生し、甚大な被害も出ています。幸い、本市では大きな被害が出ていませんが、南海トラフ地震への対応など、防災対策の強化を引き続き進めていきます。また、「子育てするなら豊川市」と言われるまちを目指し、子育て支援施策を積極的に推進します。誰もが住みよいまち、住んで良かったと思えるまちづくりを進めるために、皆さんのすばらしい力を発揮し、豊川市をますます盛り上げることを期待しています。

 以上、私からの記念式典のあいさつとします。皆さんがんばっていきましょう。ありがとうございました。

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2111 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る