ひとり家庭の母及び父の就労を支援する制度はありますか?

更新日:2016年4月1日

ひとり親家庭の母及び父の就労を支援する事業として、市では2つの事業を実施しています。

(1)自立支援教育訓練給付金

パソコン、ホームヘルパー、医療事務など、雇用保険制度の教育訓練給付で指定する講座を受講し、その講座が修了した場合に受講料の20%に相当する額を支給します。(上限100,000円、下限4,000円)
受講前に事前相談が必要です。

(2)高等技能訓練促進費

看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士などの養成機関においてカリキュラムを修学する場合に、生活費の負担を軽減するため、修業の期間(上限24か月)に手当を支給します。

市町村民税非課税世帯

修業手当月額100,000円
入学支援修了一時金50,000円

市町村民税課税世帯

修業手当月額70,500円
入学支援修了一時金25,000円

対象

(1)(2)ともに豊川市在住で児童扶養手当受給者、または同様の所得水準にあるひとり親家庭の母及び父です。
必ず事前に相談が必要です。

詳細は子育て支援課までお問合せください。

参考ページ:母子家庭自立支援給付金の支給

お問い合わせ

子ども健康部 子育て支援課
電話:0533-89-2133