現在豊川市外に住んでいますが、豊川市内に住宅を購入して転入する予定です。活用できる補助金制度はありますか。

更新日:2020年4月1日

豊川市では、本市が指定する区域に家屋等を購入し、豊川市外から転入した一定の条件を満たす方に、固定資産税相当額の一部等を補助する「豊川市まちなか居住補助金(拠点地区定住促進事業費補助金)」制度を実施しています。
制度の詳細は下記のページをご覧ください。


参考として、以下に住宅購入に関連して活用できる補助制度を掲載しますので、ご検討ください。

マイホーム購入に際する税の控除について、一定の要件に当てはまれば、所得税の税額控除などを受けることができます。

消費税率引き上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設された制度です。

長期優良住宅の認定を受けると、税制の特例が適用される場合があります。

市内において自らの負担により雨水貯留施設(貯留タンク)を設置しようとする方向けの補助金制度です。

市内において自らの負担により雨水浸透ますを設置しようとする方向けの補助金制度です。

市内において、自らの負担により不用となる家庭用浄化槽を雨水貯留施設に転用するための改造工事を行う方向けの補助金制度です。

市内において自ら居住する住宅にホームエネルギーマネジメントシステムを設置する方向けの補助金制度です。

市内において自ら居住する住宅に住宅用燃料電池システムを設置する方向けの補助金制度です。

市内において自ら居住する住宅に住宅用リチウムイオン蓄電池システムを設置する方向けの補助金制度です。

市内において住宅用地球温暖化対策設備(太陽光発電システム、ホームエネルギーマネジメントシステム、リチウムイオン蓄電池システム)を一体的に導入設置する方向けの補助金制度です。

市内において住宅用地球温暖化対策設備(太陽光発電システム、ホームエネルギーマネジメントシステム、電気自動車等充給電設備)を一体的に導入設置する方向けの補助金制度です。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課
電話:0533-89-2169