「もうすぐ3歳!知っ得教室」って、どんな様子かな。

更新日:2021年3月30日

親子で楽しく、食育から学ぼう!
来て・見て・まねして、ステップアップ!

3歳の誕生日を迎える時期に、子どもの成長の力になる食生活や生活習慣のヒントを学びましょう。
 ・2歳11か月児を対象に実施します。詳しくは、広報やホームページをご覧ください。

内容

1.3歳児の手ばかり(適量)

    ゼリー、チョコ、ぐみ
    果物、せんべいなどなど

  お母さんと手を比べてみると・・・
  この手でごはんの適量がわかるよ!
  この野菜、名前はなあに?
  
  食事は、主食・主菜・副菜をそろえて・・・
  野菜は毎食、ぼくわたしの片手1杯、
  食べて 元気モリモリ!

2.味覚の変化

あれ、泣き声が聞こえるよ。
ピーマンマン、どうしたのかな。

エプロンシアターから飛び出たピーマンマンに、
みんな、真剣なまなざしです!

ピーマンマンの活躍を見て
ぼくも、わたしも、
「今日から、ちょっと苦手な食べ物にチャレンジしよう!」
と心に魔法がかかったよう。
パワーをもらったみたいです。

3.からだを動かそう!

好きな人のまねをしたい・・・
お母さんのまねをして、なんだか楽しそう。
お母さんも、ちょっと気持ちいい感じ。

からだを動かしたら、

最後は、家族みんなに大切なおやつの話です。

4.おやつはちっちゃなごはん

ごはんだけで作る手作りおやつ

ラップにくるんで、
おいしくなあれ!おいしくなあれ!
おにぎり、じぶんでできた!

なぜか、特別。おいしい。
よく噛むと甘くなるよ!


嗜好品の1日の目安量

食事をおいしく食べるためには、空腹が一番です。
甘いお菓子や飲み物を取ると、食欲が落ちたり、情緒が不安定になったり、むし歯の原因になります。
お菓子(嗜好品)の1日の目安量は、右図の手で示されている丸の大きさです。
  子ども 約40キロカロリー
  大 人 約80キロカロリー
あってもなくてもオッケー。適度に楽しみましょう!
好き嫌いや食欲が伸びなくて困っている場合、お菓子はなくてもよいでしょう。

おやつ(間食)は、お菓子と思い込んでませんか。
おやつは、3回の食事でとり切れない栄養素を補うものです。
   例えば、こんなおやつはどうですか。
   果物・牛乳・ヨーグルト・おにぎり・芋・野菜など


もうすぐ3歳!

家族みんなで、健康・成長のために、今からできることを見つけて、始めてみましょう!

次は、3歳児健診だね。

・健診の日程は、郵送でお知らせしています。

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
電話:0533-89-0610