避難勧告等に関するガイドラインの改定について

更新日:2019年6月12日

避難勧告等に関するガイドラインの改定~警戒レベルの運用等について~

「平成30年7月豪雨」では、様々な防災情報が発信されましたが、多様かつ難解であったため多くの住民の方々が活用できない状況であったと報告されました。これを踏まえ、内閣府は平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」を改定し、住民が情報の意味を直感的に理解できるよう、この出水期から避難情報を5段階の警戒レベルでお知らせすることとなりました。警戒レベルについては次のとおりです。

警戒レベル
(洪水、土砂災害)

住民がとるべき行動 行動を促す情報
警戒レベル5 命を守る最善の行動

災害発生情報
(可能な範囲で市が発令)

警戒レベル4 全員避難

避難勧告、避難指示(緊急)
(市が発令)

警戒レベル3

高齢者等は避難
他の住民は準備

避難準備・高齢者等避難開始
(市が発令)

警戒レベル2 避難行動の確認

洪水注意報、大雨注意報等
(気象庁が発表)

警戒レベル1 心構えを高める

早期注意情報
(気象庁が発表)

※身の危険を感じる場合は、レベルを問わず避難を開始してください。

豊川市における情報発信時の取り扱い

本市では、今後避難情報を発令する際に、警戒レベル(3~5)と避難情報を合わせて情報発信をします。

外部リンク

お問い合わせ

企画部 防災対策課
電話:0533-89-2194