令和2年8月17日(月曜日)午前11時、愛知県内に今年第2回目の食中毒警報が発令されました。

更新日:2020年8月17日

 現在、愛知県では、食中毒警報発令基準である
「気温30℃以上が10時間以上継続することが予想されるとき。」及び
「24時間以内に急激に気温が上昇して、その差が10℃以上となることが予想されるとき。」
に該当し、食中毒が発生しやすい気象状況になっています。
 このため、食品関係営業者の方はもとより、一般家庭においても、次の「食中毒予防の3原則」に注意してください。
 なお、この警報は発令時から48時間継続し、その後は自動的に解除されます。

食中毒予防の3原則
菌をつけない

(手や包丁・まな板を洗浄・消毒する、生肉などは容器に入れる、など)

菌を増やさない (早めに食べる、冷蔵庫などで温度管理をする、など)
菌をやっつける (ハンバーグなどの食品は、内部まで十分に加熱する、など)

担当係
豊川市保健センター 保健予防係 電話95-4801

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
電話:0533-89-0610