豊川市のクラウドファンディング(制度)について

更新日:2019年1月9日

豊川市クラウドファンディングはふるさと納税を活用した制度です

1.ふるさと納税の趣旨について

ふるさと納税についての画像

ふるさと納税は、特定の自治体に対し、自分の意志でおさめる(寄附する)制度です。多くの自治体ではそのお礼として地場産品などの返礼品を用意しており、豊川市でも市内協力企業様等の賛同により、官民協働により「とよかわ」の魅力を全国に発信しています。なお、平成30年度から豊川市民の方からの寄附に対する返礼品の提供を、総務省の指針を受け中止しています。

2.豊川市のクラウドファンディングについて

豊川市のクラウドファンディングについての画像

豊川市では、何か問題を解決するための特定のプロジェクトについて、個人(市民含む)や企業の皆様からのご支援(寄附)をいただきながら共同で行いたいと考えています。従来の豊川市ふるさと納税では、寄付金の使途を総合計画に基づく6つの事業区分の中から選択していただいておりますが、このクラウドファンディングは、特定のプロジェクトへの寄附を募るものとなっています。豊川市民や企業の皆様、そして全国の皆様のご支援を一部いただきながら、共同で課題解決を図っていきたいと考えています。
※返礼品なしの純粋な自治体への寄附となりますが、個人の方についてはふるさと納税が適用され、企業の皆様については、全額損金算入(特別寄附金)の対象となります。税控除等については以下をご覧ください。

税控除等について(個人、企業)

1.個人の方からの支援について(ふるさと納税適用)

税金控除の仕組み

個人(市民含む)の方からの支援はふるさと納税となります(ただし返礼品はありません)。そのため、寄附をされる方は実質負担2,000円でプロジェクトを支援していただくことができますが、税控除の上限額は収入や家族構成によって異なりますので注意してください。また、支援者氏名をプロジェクトページに掲載する予定です(希望者のみ)。

個人の寄附金控除についてはコチラ(総務省サイト)
確定申告が不要となるワンストップ特例制度についてはコチラ

2.企業からの支援について(税軽減効果)

法人税軽減の仕組み

豊川市ではクラウドファンディング制度を活用し、企業からの支援(寄附金は全額損金算入となります)もいただきながら実施し、社会貢献に取り組む企業の皆様との共同実施を広くPRしたいと考えています。支援いただいた企業については、応援企業としてホームページ等でのPR(企業ロゴ等設置)に活用させていただく予定です。

自治体への特別寄附金の取扱についてはコチラ(国税庁サイト)

3.ホームページにおける応援企業掲載イメージ

企業ロゴ

画像は、ふるさと納税の返礼品をご提供いただいている企業様のホームページ掲載イメージです。このように、市民の皆様、そして応援企業の皆様の支援をいただきながら、特定プロジェクトの共同実施を行いたいと考えています。
また、応援企業様のホームページやチラシ等にて、豊川市クラウドファンディングプロジェクトを応援していることを広く周知いただいて構いません(CSR活動としてもご活用ください)。

募集するプロジェクトについて

クラウドファンディングを活用して行う事業については、今後、広報や市ホームページ、ふるさと納税専用サイト等に掲載する予定です。

お問い合わせ

企画部 企画政策課
電話:0533-89-2126