このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

食品ロス削減に協力を

更新日:2018年11月26日

食品ロスとは?

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品を、「食品ロス」といいます。

日本では、年間約2,800万トンもの食品廃棄物が出されていますが、このうち食品ロスは、646万トン(環境省・農林水産省平成27年度推計)。これは飢餓に苦しむ国への食料援助量(平成27年:約320万トン)の約2倍の量です。また、国民一人当たりに換算すると、「お茶碗一杯分(約139グラム)の食べ物」を毎日捨てていることになります。
日本は食料の大半を輸入に頼っていますが、その一方で、食べられる食料を大量に廃棄しているという現実があります。
この食品ロスと推計される646万トンのうち、約半分にあたる289万トンは一般家庭から出されています。また、飲食店から出されている食品ロスの過半数がお客様の食べ残しといわれています。

食品廃棄物等の発生量

なぜ食品ロスをへらすの?

家庭から出る可燃ごみの44%が「生ごみ」です。
この「生ごみ」には多くの「食品ロス」が含まれています。
「食品ロス」を減量することは「生ごみ」の減量につながるからです。
※「生ごみ」の81%は水分です。必ず水を切って出しましょう。
水分が多いと
・悪臭が発生します。
・清掃工場での焼却時間が長く、燃料も多く必要となり、二酸化炭素の排出量も増えます。

豊川市の家庭ごみの内訳

食品ロスを減らすポイント

食材を「買い過ぎない!」「使い切る!」「食べ切る!」

家庭から出る食品ロスは、次の理由により発生します。

  • 賞味期限や消費期限が切れて捨てられたもの・・・・直接廃棄!
  • 調理に使いきれずに捨てられたもの・・・・・・・・買いすぎ!
  • 調理のときに食べられる部分が捨てられたもの・・・過剰除去!
  • 食べきれずに捨てられたもの・・・・・・・・・・・食べ残し!

1食品の期限表示⇒「賞味期限」と「消費期限」の違いとは?

  • 賞味期限=「おいしく食べることができる期限」

この期限を過ぎても、すぐに食べられないということではありません。

  • 消費期限=「期限を過ぎたら食べないほうが良い期限」

2買い物では~必要な食材を、必要なだけ~

  • お買い物の前に冷蔵庫の中を確認しましょう。
  • 携帯・スマホで撮影したり、いつ購入したのかわかるように冷蔵庫にレシートを貼るのもいいかも。
  • 買いたい物をメモしておきましょう。

買い置きがあったのに二重買い。
無くなっていたのに買い忘れ。
日々無くなったものをメモに書き込んでいく、そして買い物前に献立に合わせた食材を買い足せば、もれなく買い物ができます。

「買ったまま冷凍庫へ」はNG!使う量に分けて冷凍しましょう!
多めに買って余った肉や魚などは、小分けにして冷凍保存しましょう!
保存できないものは、買いすぎないようにしましょう!

3調理では~食材を使い切り、適量を作ろう~

  • 冷蔵庫の余り物でもう一品
  • 余ったもので、新たなものを作りましょう

食材は丸ごと使おう
皮や芯等、捨てる前にほかの使い道はないか考えてみましょう。
★芯は、火が通りやすいように細かく切って使う。
★にんじんや大根などは、よく洗って、皮ごと使う。
★ちょっと残った切れ端も、小さく刻んで他の用途に使う。

※これまで食べられないと思っていた野菜の皮や茎も、冷蔵庫に残った半端な野菜や余ってしまったお料理も、捨てる前に「消費者庁のキッチン」でレシピを探してみてください。

料理レシピサイト「クックパッド」『消費者庁のキッチン』(公式ページ)詳しくはこちらをクリック

4飲食店等で食事をするときは~おいしく食べ切るために~

  • 出来たての最も美味しい状態で提供された料理を食べましょう。
  • 自分自身の食事の適正量を知り、食べきれると思う量を注文するようにしましょう。
  • 小盛りや小分けメニューを上手に活用しましょう。お店選びの際にも、こうしたメニューを設定しているお店を選ぶことを考慮しましょう。
  • 食べ放題のお店では、元を取るために無理をして皿に盛ったり、食べ残しはやめましょう。

5宴会や結婚披露宴等のときは~おいしく食べ切るために~

  • 企画であれば、参加者の嗜好や年齢層、男女比を考えながら食べきれる量に配慮してお店やメニューの選択をしましょう。
  • お店を予約する際は、こうした参加者の情報をお店側に事前に伝えましょう。
  • 会食や宴席の際は、「3010(さんまる・いちまる)運動」にご協力をお願いします。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛知県食品ロス削減

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 清掃事業課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2166 ファックス:0533-89-2197

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る