サルを目撃したときは

更新日:2021年11月10日

住宅地で野生ザルの目撃情報が寄せられています。
サルに出会った時は、それ以上近づかず、静かにその場を離れてください。

最近の目撃情報

令和3年9月8日(水曜) 午前11時20分頃 御津町西方
令和3年11月10日(水曜) 午後4時30分頃 赤塚山公園内

サルと出会った場合の対応

サルに気のないふりをして、その場からそっと離れてください。
サルが興奮して襲ってきそうな場合は、サルから目をそらし、背中を向けずに後ずさりしてその場を離れてください。

サルに引っかかれたり、噛まれてしまったら

感染症の危険がありますので、必ず病院を受診してください。

サルを寄せ付けない対策

次のことを参考にしてください。

エサを与えない、エサを見せない

家の周り(畑・庭・ベランダ)に、エサになるような物を置かないようにするか、見えないようにしてください。

  1. 野菜や果物くず、生ゴミは、きちんと処分しましょう。
  2. 家庭菜園等で収穫の終わった野菜等の残さは、畑に残さず処分しましょう。
  3. お墓のお供え物は、持ち帰りましょう。
  4. エサを求めて屋内に侵入しないよう、戸締りをしっかりしましょう。

必要に応じて追い払いを行う

注釈1:スターター及び電動エアガンは数に限りがありますが、農務課(電話89-2138)で貸し出しを行っています。貸し出しを希望される方は、事前にお問い合せください。

関連リンク

農作物の被害防止のためのページですが、サルの生態と特徴が書かれていますので、被害防止の参考にしてください。

お問い合わせ

産業環境部 環境課
電話:0533-89-2141