水道管の凍結にご注意ください

更新日:2022年4月1日

気温が氷点下になりますと、水道管内の水が凍って出なくなったり、水道管が破損する事故が多くなります。
宅地内の水道管を点検し、必要があれば凍結防止対策を行いましょう。

凍ったり、破裂しやすい水道管

凍結による破裂を防ぐには

露出している水道管

防寒材や厚手の布などを露出部分に巻いて、さらにその上からビニールテープや防水テープで、水が入らないようにすき間なく巻いてください。

メーターボックス

メーターボックスに保温材を入れて冷気を防ぎます。
細かくした発砲スチロールや、梱包に使われる緩衝材などをビニール袋に入れ、保温材として使用します。
布切れや新聞紙など吸湿性のあるものを使用するときは、必ずビニール袋に入れて濡れないようにします。
ただし、メーターの検針に支障がない範囲で行ってください。

凍結したときは

露出している水道管や蛇口にタオルなどをかぶせ、その上から、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。熱湯をかけますと、水道管が破裂する恐れがありますので注意してください。

破裂したときは

メーターのそばにある止水栓か屋内バルブをしめるか、破損した所に布やテープを巻いて応急処置をし、豊川市指定給水装置工事事業者へ修繕の申込みをしてください。
宅地内の水道設備修繕などの工事費用は、所有者または使用者の方の負担となります。
また、凍結が原因で漏水した場合、水道料金の減免は行いません。事前に水道管の凍結防止を心がけましょう。

お問い合わせ

上下水道部 水道整備課
電話:0533-93-0153