児童手当

更新日:2020年10月15日

お知らせ

この手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを支援するために、児童を養育している方に対し支給されます。

1手当を受給できる方

児童手当は、次の要件のすべてに該当する方が受給できます。

  1. 日本に住所がある。
  2. 日本に居住している中学校修了前(15歳到達後最初の3月31日)までの児童を養育している父または母のうち、生計の主となる方。

2支給額

支給対象となる児童一人につき月額で次のとおりとなります。

児童の年齢 児童手当月額
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円

3所得制限

扶養親族の数 所得制限限度額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円

4手続きについて

手続きには次のようなものがあります。
いずれの手続きについても、子育て支援課、一宮・音羽・御津・小坂井の各支所で受け付けています。

現況届

児童手当を受けている方は、6月1日現在の状況を確認するため、現況届を提出していただく必要があります。該当する方には、6月上旬に現況届を郵送しますので、6月末までに手続きをお願いします。現況届の提出がない場合には、手当の支払いが差し止めになります。

認定請求

新たに受給資格が生じた場合
認定請求に必要なもの

その他、必要に応じて提出、提示する書類があります。

消滅届

受給者が豊川市から転出する場合
受給者が児童を一人も養育しなくなった場合
受給者が公務員になった場合

額改定届

児童が出生などで増えた場合
養育する児童が減った場合

変更届

豊川市内で住所が変わった場合
氏名が変わった場合
振込口座を変更したい場合

別居監護申立書

児童と離れて暮らす場合

5支給時期

6月(2月分から5月分)、10月(6月分から9月分)、2月(10月分から1月分)

6児童手当の趣旨にご理解をお願いします。

児童手当は、次代の社会を担う児童の健やかな育ちを応援するという趣旨のもとに支給するものです。児童手当を受給された方には、児童手当の趣旨に従って、児童手当を用いなければならない責務が法律上定められています。
なお、万一、児童の育ちに係る費用である学校給食費や保育料等を滞納しながら、児童手当が児童の健やかな育ちと関係ない用途に用いられることは、法の趣旨にそぐいません。児童手当の趣旨について十分にご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

7児童手当に係る寄附について

児童手当の支給の決定を受けた者は、支給予定の手当額の一部又は全部を、豊川市が行う次代の社会を担う児童の健やかな育ちを支援する施策のために寄附することができます。
寄附をご希望の方は、手当支給月の前月の20日までに寄附の申し出を豊川市長あてに提出いただきます。

寄附の申し出を希望される方は、事前にお問い合わせください。

8児童手当の給付をよそおった振り込めサギにご注意ください

お問い合わせ

子ども健康部 子育て支援課
電話:0533-89-2133