マイナンバーカード(個人番号カード)申請・交付のご案内

更新日:2020年7月16日

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法

郵送やスマホ等で申請、窓口で受け取る一般的な申請方法

窓口で申請し、ご自宅で受け取る申請方法

(1)交付時来庁方式

交付時来庁方式の申請方法

郵送やスマホ等を使い、ご自身で申請をします。1か月から1か月半後にはがきが届いたら、市役所でマイナンバーカードのお受け取りができます。
市役所でマイナンバーカードをお渡しする際に、本人確認書類の提出、暗証番号の設定のお手続きを行います。
交付時来庁方式の申請の方法は以下の通りです。

郵送で申請する場合

マイナンバーカード交付申請書に必要事項を記載し、申請用の顔写真を貼って郵送します。申請書は次の方法で入手できます。
・通知カードの下部分の申請書を切り取って使用する。
・豊川市役所市民課、各支所、プリオ窓口センターで申請書を入手する。(各窓口でお渡しする申請書は、住所と氏名、申請書IDが印刷された状態でお渡しできます。免許証等の本人確認書類が必要です。プリオ窓口センターでは、平日は18時半まで、土日祝は17時まで、第3土曜日の次の日曜日はお手続きができませんのでご注意ください。)
・個人番号カード交付申請書(手書き用)に必要事項を記入して、申請する。(個人番号がわかる方)

送付先は、豊川市役所ではなく、地方公共団体情報システム機構になります。
申請書送付用宛名台紙封筒をご利用して送付してください。

スマートフォンを利用して申請する場合

通知カードの下部分もしくは豊川市役所市民課、各支所、プリオ窓口センターで入手した申請書に添付されたQRコードを読み取り、申請用ホームページを開きます。画面の指示にしたがって必要事項を入力し、顔写真のデータを添付してデータを送信します。申請には、メールアドレスが必要です。

パソコンを利用して申請する場合

マイナンバーカード総合サイトのリンク先からマイナンバーカード申請用ホームページを開き、画面の指示にしたがって必要事項を入力し、顔写真のデータを添付してデータを送信します。申請には、マイナンバー通知カードの下部分の申請書に記載された申請書IDとメールアドレスが必要です。

まちなかに設置された証明写真機を利用して申請する場合

マイナンバーカード申請に対応した証明写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。

マイナンバーカード受け取り方法

1か月から1か月半程度で、できあがったマイナンバーカードが市役所に届きます。市役所からは、交付の準備が整い次第、ご自宅に封書で交付通知書とご案内を郵送します。
内容をご確認のうえ、必要な持ち物をお持ちになり、市民課までご本人がお越しください。窓口で本人確認の上、暗証番号を設定していただいた後、マイナンバーカードを交付します。

豊川市役所市民課(4番窓口)

月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで。ただし、祝日・年末年始を除きます。
休日・平日夜間に設ける交付日は、「マイナンバー(個人番号)カード休日・夜間交付のご案内(事前予約制)」のページをご覧ください。(予定が決まっていない場合は、ページが表示されません。)

◎マイナンバーカード交付通知書(案内に同封されているハガキ)
◎「通知カード」(お持ちの方のみ)
◎住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
◎みとめ印
◎本人確認ができる書類
 ※本人確認ができる書類については以下をご覧ください。

15歳未満の人や成年被後見人の場合

※マイナンバーカード交付時に顔認証システムによりマイナンバーカードの顔写真と交付申請者との同一性等の確認を行うため、本人(15歳未満、成年被後見人の方)及び法定代理人の同伴が必要となります。
システムの判定において同一性が確認できなかった場合には、再度申請していただくことがあります。

◎戸籍謄本など資格を証する書類(ただし、本籍が豊川市内にある場合や同居の親などは不要)
◎親権者の本人確認ができる書類(顔写真付き公的身分証明書を1点もしくは「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類を2点)

◎成年後見登記事項証明書(原本)
◎成年後見人の本人確認ができる書類(顔写真付き公的身分証明書を1点もしくは「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類を2点)

代理人交付

ご本人が病気や身体の障がい、その他のやむを得ない事情により、来庁することが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます。
※代理人の申請については、以下をご覧ください。

個人番号カードの再交付

再交付申請の場合、申請時に発行手数料(マイナンバーカード800円、電子証明書200円)を徴収します。徴収した手数料は原則還付することができません。カードの受け取り時に手数料の支払いを希望される場合は、郵便やスマホなどによる申請(交付時来庁方式)をご利用ください。

(2)申請時来庁方式

申請時来庁方式の申請方法

申請の際に、必要な書類などをすべてご提出いただき、手続きを完了します。後日、市役所からご自宅にマイナンバーカードを本人限定受取郵便(特例型)でお送りします。ただし、書類の不足や不備があった場合は、郵送できない場合があります。尚、市役所窓口での申請受付は、待ち時間が長くなる場合があります。時間に余裕を持ってお越しください。申請には、一人あたり20分から30分かかります。

マイナンバーカードお渡しまでのながれは、以下の通りです。


マイナンバーカード交付申請書に必要事項を記載し、市民課へご提出ください。または、必要な持ち物をお持ちの上、市民課までお越しください。

・マイナンバーカード交付申請書に必要事項を記載し、申請用の顔写真を貼って郵送します。申請書は次の方法で入手できます。

・通知カードの下部分の申請書を切り取って使用する。
・豊川市役所市民課、各支所、プリオ窓口センターで申請書を入手する。(各窓口でお渡しする申請書は、住所と氏名、申請書IDが印刷された状態でお渡しできます。顔写真付き公的身分証明書(例:転免許証など)又は、「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類を2点(例:健康保険証、年金手帳など)の本人確認書類が必要です。プリオ窓口センターでは、平日は18時半まで、土日祝は18時まで、第3土曜日の次の日曜日やシステムメンテナンス日には、申請書を発行することができませんのでご注意ください。)
・個人番号カード交付申請書(手書き用)に必要事項を記入して、申請する。(個人番号がわかる方)

 ※交付申請書にあわせて、個人番号カード暗証番号設定依頼書をご提出ください。


◎通知カード(お持ちの方のみ)

◎住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

◎みとめ印

◎顔写真 ※顔写真は、申請時、市民課職員が無料で撮影します。ご自身でご用意される場合は、「マイナンバーカード総合サイト」で顔写真のチェックポイント(新しいウィンドウで表示します)をご確認のうえ、ご用意ください。

◎本人確認ができる書類

 ※本人確認ができる書類については以下をご覧ください。

1か月から1か月半程度で、できあがったマイナンバーカードが市役所に届きます。市役所で暗証番号の設定処理を行い、交付の準備が整い次第、ご自宅に本人限定受取郵便(特例型)でお送りします。


ご自宅(住民登録がある住所)または郵便局窓口(お近くの郵便局を指定し、お受け取りも可能)
 ※郵便局窓口での受け取りについては、管轄の郵便局にお問い合わせください。

管轄の郵便局にお問い合わせください。

本人限定受取郵便とは、郵便物に記載された名あて人に限り、郵便物をお渡しする配達方法です。郵便局から連絡が届きますので、郵便局において定めた本人確認ができる書類を提示し、ご自宅または郵便窓口でお受け取りください。本人限定受取郵便については、郵便局のホームページ(新しいウィンドウで表示します)をご覧ください。


 本人限定受取郵便で送付するマイナンバーカードは、受け取ることができなかった場合は市役所に返戻されます。その場合は、マイナンバーカードは再送せず、あらためて交付のご案内を送付しますので、市民課でお受け取りください。書類に不備がある場合は、マイナンバーカードをお送りすることができない場合があります。その場合は、あらためてご連絡しますので、市民課でお受け取りください。

 ※申請時来庁方式での代理受付はできません。代理での申請を希望される場合は、交付時来庁方式をご利用ください。

15歳未満の人や成年被後見人の場合

15歳未満の人や成年被後見人は、ご自身での申請はできませんので、15歳未満の場合は親権者、成年被後見人の場合は後見人と同伴で申請が必要です。

◎戸籍謄本など資格を証する書類(ただし、本籍が豊川市内にある場合や同居の親などは不要)
◎親権者の本人確認ができる書類(顔写真付き公的身分証明書を1点もしくは「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類を2点)

◎成年後見登記事項証明書(原本)
◎成年後見人の本人確認ができる書類(顔写真付き公的身分証明書を1点もしくは「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類を2点)

本人確認書類と代理人による受取について

本人確認書類の例

(1)顔写真付き公的身分証明書

住民基本台帳カード(顔写真入り)、パスポート、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に発行された物)、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、一時庇護許可書又は仮滞在許可書など
(2)「氏名・生年月日」又は「氏名・住所」が記載され、市町村長が適当と認める書類 健康保険証、介護保険被保険者証、年金手帳(各種年金証書)、医療受給者証、社員証、学生証、診察券など

 交付時来庁方式申請時来庁方式
本人

(1)を1点
または
(2)を2点

(1)を2点
または
(1)を1点と(2)を1点

任意代理人

申請者本人の確認書類
(1)を2点
または
(1)を1点と(2)を1点
または
(2)を3点(内1点顔写真付き)
任意代理人の確認書類
(1)を2点
または
(1)を1点と(2)を1点

任意代理人の受付はできません。
交付時来庁方式をご利用ください。


任意代理人による受取(交付時来庁方式)の場合、上記の本人確認書類に加え、以下の書類が必要です。
・ご本人の来庁が困難であることを証する書類(診断書、障害者手帳、施設入所証明書など)
・通知カード、住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
・はがき(交付通知書)…必ず回答書欄と委任状欄、暗証番号の記入と目隠しシールを貼り付けてください。

暗証番号の設定

マイナンバーカードを交付にあたって、暗証番号を設定していただきます。暗証番号はあらかじめ考えていただくと、お手続きがスムーズです。

アルファベット(大文字のみ)と数字の両方を必ず使用した6文字以上16文字以下で設定できます。

数字4文字で設定できます。

数字4文字で設定できます。

数字4文字で設定できます。
※署名用電子証明書以外の3つは、同じ暗証番号を設定することもできます。

お問い合わせ

市民部 市民課
電話:0533-89-2136