このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市子宮頸がん予防プロジェクト

更新日:2024年5月21日

HPVbanner

子宮頸がんってどんな病気なの?

ウイルス感染が原因で、誰でもなる可能性のあるがんです

女性の命と未来にかかわる病気「子宮頸がん」、その発生には多くにヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関連しており、原因のほとんどは、性交渉によるウイルスへの持続的な感染とされています。
日本では20~40歳代の女性を中心に毎年1.1万人の方が新たに子宮頸がんと診断され、年間約 2,900人の方が亡くなっています。
また、がんの治療で子宮摘出などの手術や放射線治療が必要となり、出産ができなくなってしまう方も年間約1,000人います。

HPVワクチン接種」と「子宮頸がん検診

子宮頸がんの予防には、HPVへの感染を予防する「HPVワクチン接種」と定期的な「子宮頸がん検診」が大切です。

「HPVワクチン接種」は、平成25年に定期接種が開始され、ほどなくして積極的勧奨が差し控えられていましたが、国の専門部会がワクチンの有効性と安全性を審議し、令和4年4月から積極的勧奨を再開しています。
「子宮頸がん検診」は、20歳以上の女性が受けることができ、進行すると治療が難しいことから、早期発見が極めて重要とされており、2年に1回、定期的に受診することが推奨されています。

日本ではワクチン接種率、がん検診率のいずれも海外と比べて低いことが課題となっています。

   世界のHPVワクチン接種率と子宮頸がん検診受診率(いずれもクリックすると拡大します)

豊川市子宮頸がん予防プロジェクトについて

豊川市では、HPVワクチン接種率と子宮頸がん検診受診率の向上を目指し、保健センターが中心となり、教育委員会と連携しながら豊川市医師会協力のもと、「豊川市子宮頸がん予防プロジェクト」を立ち上げ、子宮頸がんの予防に取り組んでいます。
 
大切なことは子宮頸がんについて興味を持ち、知ること。そして、女性も男性も一緒に、子宮頸がん予防について考えてみてください。
 

令和6年度の取組強化項目

平成9~19年度生まれの女性に対するキャッチアップ接種の促進
 
※【キャッチアップ接種の対象者】

積極的勧奨の差控えによりワクチン接種の機会を逃した方(平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれの女子)については、キャッチアップ接種の対象となり、令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間、公費で接種が可能となります(この機会を逃して自費で接種すると、3回で約10万円の費用がかかります!)

 

HPVワクチンと検診について

HPVワクチン接種と子宮頸がん検診の詳細についてお知らせします。

講演会を開催します

「ワクチン接種って何となく不安」、「接種や検診って本当に必要なの?」など、疑問や不安に思っている方々に向けて、様々な視点から専門の医師による講演会を開催します。申込方法など詳細については、決まり次第随時お知らせします。

第1弾 『私のからだは私のもの 産婦人科医宮本先生の#めちゃ大事な性のおはなし
 5月18日(土曜)に豊川市中央図書館で開催しました。

第2弾 『「赤ちゃんから思春期まで、みんなに知ってほしいワクチンのこと」~HPVワクチンのこと、知っていますか?~

 日時:5月25日(土曜)午後1時30分から
 場所:総合青山病院 5階 講義室
 講師:総合青山病院 小児科 鈴木 久美子 医師
           婦人科 宮本 由記 医師
 定員:50名(先着順・当日参加可)
 主催:総合青山病院(後援:豊川市)
 
詳しくは総合青山病院(0533-73-3777)へ直接お電話ください。

第3弾 『やさしいHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の話 ~あなたと大切な人の未来のために~
 
 日時:6月25日(火曜)午後2時00分から
 場所:豊川市民病院 1階 講堂
 講師:豊川市民病院 産婦人科 森 亮介 医師
 定員:100名(申込制・先着順)
 主催:豊川市医師会・豊川市民病院
  
※参加申し込みは6月1日(土曜)から市民病院医事課(0533-86-1111)またはFAX(0533-84-1327)で受付開始。
※定員に達した時点で受付終了となりますが、定員に達しない場合は当日参加も可能です。

詳しくは豊川市民病院医事課(0533-86-1111)へ直接お電話ください。

問合せ先

HPVワクチンに関すること:豊川市保健センター  保健予防係 電話0533-95-4801
子宮頸がん検診に関すること:豊川市保健センター 健康管理係 電話0533-95-4802

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
所在地:442-0879
豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る
AIチャットボット
閉じる