このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

法人市民税について

更新日:2015年1月15日

 法人市民税は、市内に事務所や事業所または寮などがある法人(会社など)や、人格のない社団等にかかる税で、資本金等の額や従業員数など規模に応じて負担する均等割と、法人等の所得(国税の法人税額)に応じて負担する法人税割があります。この場合の事務所や事業所等とは、それが自己の所有に属するものであるか否かを問わず、事業の必要から設けられた人的・物的設備であって、そこで継続して事業が行われるものを言います。

納税義務者 納める税金
均等割 法人税割
市内に事務所又は事業所を有する法人
市内に寮・保養所などを有する法人で、その市内に事務所又は事業所を有しないもの  
市内に事務所又は事業所を有する公益法人等や人格のない社団等で、収益事業を行わないもの
※ただし、収益事業を行う場合は、上記区分の定めによります
 

均等割

 法人税額の有無にかかわらず資本金等の額と従業員者数によって納めてもらうものです

法人等の区分 税率(年額)
資本金等の額 市内の従業者数
50億円を超える法人 50人超 3,000,000円
50人以下 410,000円
10億円を超え50億円以下の法人 50人超 1,750,000円
50人以下 410,000円
1億円を超え10億円以下の法人 50人超 400,000円
50人以下 160,000円
1,000万円を超え1億円以下の法人 50人超 150,000円
50人以下 130,000円
1,000万円以下の法人 50人超 120,000円
50人以下 50,000円
上記以外の法人など 50,000円

※資本金等の金額及び従業者数の合計数は、事業年度の末日で判定します。

法人税割

 市内に事務所や事業所などがある法人等に、国税である法人税額に応じて納めてもらうものです。

対象となる事業年度 法人税割の計算方法
平成26年9月30日以前に開始する事業年度

課税標準となる法人税額×12.3パーセント(税率)

平成26年10月1日以後に開始する事業年度

課税標準となる法人税額×9.7パーセント(税率)

※事務所・事業所が他の市町村にもある場合(分割法人)の課税標準となる法人税額は、次の式により算定された額となります。

 法人税額÷全従業者数×市内の従業者数=課税標準となる法人税額

法人市民税の申告と納税についてはこちら

法人市民税に関する届出はこちら(様式ダウンロード)

お問い合わせ

総務部 市民税課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2129 ファックス:0533-89-2299

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る