このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

豊川市防犯カメラ設置費補助金制度

更新日:2015年4月28日

豊川市では、犯罪抑止及び地域の防犯の向上を図るため、平成27年度より、連区・町内会等が新たに設置する防犯カメラに対し、補助金を交付する制度が始まります。

申請ができる方

連区・町内会等で防犯カメラの良好な維持管理ができるもの。
申請は、1年に1申請に限ります。※次年度以降は、再度申請できます。

補助の対象となるもの

防犯カメラ本体(主に道路や公園等を中心に写すように固定して設置される映像記録装置で、映像を記録する機能を有する機器を備えたカメラ)
防犯カメラの模型(防犯カメラと併せて設置する場合に限ります。)
防犯カメラ設置工事費
防犯カメラ撮影に係る調整費
防犯カメラ設置を啓発する表示板製作・設置に要する費用

対象外のもの

維持管理費(電気代、修理代等)、設置による地代及び占用料、操作のための指導料は対象外です。

補助金の額

防犯カメラに必要な費用の8割で、上限については1団体あたり100万円です。
また、その額に1,000円未満の端数が生じたときは、その端数は切り捨てるものとします。

申請手続き

申請書に、防犯カメラの内容と金額がわかる書類(設計書、図面、見積書等)を添えて提出していただきます。

注意事項

関係法令及び豊川市防犯カメラ設置及び運用に関するガイドラインに従って、適切な維持管理を行ってください。
防犯カメラ設置後は、団体で維持管理をすることになります。
補助金の対象となった防犯カメラは、設置後5年間は撤去や移設はできません。

その他

防犯カメラを設置しようとするときは、市民部人権交通防犯課まで事前にご相談ください。
豊川市防犯カメラ設置及び運用に関するガイドラインに沿った設置計画を作成してください。
防犯カメラの設置について町内会総会などで承認を得てください。

提出書類

申請書等については、人権交通防犯課で受けとるか、豊川市ホームページからダウンロードしたものに必要事項を記入して提出してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

市民部 人権交通防犯課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2149 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る