このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

とよかわの工業

更新日:2017年3月14日

代表的な太平洋型気候の中に位置し、冬でも温暖な恵まれた環境をもつ豊川市。日本列島のほぼ中央に位置し、交通アクセスも至便です。

こうした環境を生かし、市内各地域で産業がバランスよく発展しています。

豊川市は、東京・名古屋・大阪を結ぶ三大都市圏の中央に位置し、東名高速道路、国道1号線・151号線を始めとする主要な幹線道路が縦横に配置され、市内の工業団地等には輸送機器・一般機器・電気機器を中心に多くの工場が進出し、中小の地場産業も数多く、東三河内陸工業地帯の中核を担っています。

工業に関するデータは「豊川市の統計」をご覧ください。

豊川工業団地

豊川市南部に位置する工業団地。昭和43年に県企業庁が造成した33ヘクタールの団地で、輸送機器や電気機器の工場が進出しています。

穂ノ原工業団地

豊川市の中心に位置する工業団地。昭和32年から豊川海軍工廠跡地である当地区に工場の進出が始まり、豊川市の工業の中心地となっています。企業再編成として、昭和53年に協同組合豊川工業団地、昭和58年に穂ノ原工業団地、平成7年に穂ノ原第2工業団地、平成11年に穂ノ原第3工業団地を開発しました。

御津1区工業団地

豊川市南西部に位置する臨海型工業団地。昭和61年に県企業庁が埋立造成した14ヘクタール(第1期)の団地で、この中にはマリーナ施設も立地しています。現在第2期として67.5ヘクタール(分譲面積41.8ヘクタール)の埋立造成が進められ、主に中小区画の用地を計画しています。

御津2区工業団地

豊川市南西部に位置する臨海型工業団地。昭和52年に県企業庁が埋立造成した223ヘクタール(うち豊川市118ヘクタール)の団地で、最大20ヘクタール以上の区画に対応できる大規模団地であり、工業用水も通水しています。この中には三河臨海緑地があり、日本列島を模した緑地公園等がつくられています。
現在分譲中

  • 企業立地促進制度は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ

産業部 商工観光課
住所:豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2140 ファックス:0533-89-2125

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る