戸籍謄抄本等の交付

更新日:2022年4月1日

戸籍に関する証明書などを有料で発行しています。

受付時間

市役所市民課または各支所(一宮、音羽、御津、小坂井)
 平日 午前8時30分から午後5時15分(年末年始を除く)
プリオ窓口センター
 毎日 午前10時00分から午後7時00分(プリオビル休業日、年末年始を除く。また、システムのメンテナンス等により臨時休業があります。)

戸籍謄本等

請求できる方

※第三者請求については、「戸籍謄本等の第三者請求とは」をご覧ください。

請求に必要なもの

戸籍謄本等の第三者請求とは

当該戸籍に記載されている方またはその配偶者、直系親族以外で、戸籍法第10条の2第1項に定められている次の人からの請求をいいます。

※本人から委任状で委任されている人は、第三者ではなく代理人となります。

注意事項

主な証明手数料

区分 種類 金額
戸籍 全部事項証明書(謄本) 1通450円
個人事項証明書(抄本) 1通450円
身分証明書 1通200円
戸籍の附票の写し 1通200円
除籍
改製原戸籍
全部事項証明書(謄本) 1通750円
個人事項証明書(抄本) 1通750円

上記の証明は市役所市民課、各支所(一宮、音羽、御津、小坂井)、プリオ窓口センターで交付しています。

コンビニ交付

マイナンバーカード(個人番号カード)を利用して、全国のコンビニエンスストアにあるコンビニ交付対応のマルチコピー機で住民票の写しなどの証明書が取得できるコンビニ交付サービスが始まりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

郵送での請求

戸籍に関する証明書は、郵送で請求することができます。
詳しくはこちらをご覧ください。

戸籍謄抄本等の交付に係る本人通知制度について

本市では、戸籍の謄抄本などを本人の代理人や第三者に交付した場合において、市役所に事前に登録した方に対して、その交付した事実を通知する本人通知制度を実施しています。
これにより戸籍謄抄本などの不正請求や不正取得の早期発見、事実関係の早期究明が可能になり、また、本制度が周知されることで、委任状の偽造や身元調査等がしにくくなり、個人の権利侵害の未然防止につながることが期待されます。

詳細についてはこちらをご覧ください。
住民票の写し等の交付に係る本人通知制度の実施について

住民基本台帳事務における支援措置について

住民基本台帳事務において、ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為等及び児童虐待の加害者が、戸籍の附票の写しの交付制度等を不当に利用して、それらの行為の被害者の住所を探索することを防止するための制度です。
詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

市民部 市民課
電話:0533-89-2136