このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年3月18日

中国湖北省武漢市を中心に、昨年12月以降新型コロナウイルス感染症が報告されています。愛知県内でも、感染者が複数報告されていますが、過剰に心配することなく、「手洗い」や「咳エチケット」の励行など通常の感染症対策に心掛けていただくようお願いします。

新型コロナウイルス感染症とは

新型コロナウイルス感染症は、ウイルス風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)で、飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意が必要です。特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出されて、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後に、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

日常生活で気を付けること

まずは手洗いが大切です。外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなどより一層注意してください。

相談窓口

帰国者・接触者相談センター

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」へご相談ください。
風邪症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
高齢者や基礎疾患等がある方は、上の状態が2日程度続く場合

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(厚生労働省)

一般的なお問い合わせ

厚生労働省
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 午前9時から午後9時(土日、祝日も実施)
聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方 ファックス 03-3595-2756
愛知県
電話番号052-954-6272
受付時間 午前9時から午後5時(土日、祝日も実施)
豊川保健所
電話番号 0533-86-3188
受付時間 午前9時から午後5時(平日)

新型コロナウイルス関連リンク先

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナ感染症対策(内閣官房)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。中国湖北省で報告されている新型コロナウイルス感染症について(愛知県)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども健康部 保健センター
所在地:442-0879
豊川市萩山町3丁目77番地の1・7
電話:0533-89-0610 ファックス:0533-89-5960

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る