このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2014年8月15日号 テキスト1

更新日:2014年8月15日

スポットライト

9月6日(土曜)・7日(日曜)
救急フェア2014を開催
 市では、9月7日から13日までの救急医療週間にあわせて「救急フェア2014」を開催します。これは、救急医療、応急手当に対する正しい理解と認識を深めていただくとともに、皆さんの行動でたいせつな命が救えることを知っていただくためのものです。
 詳しいことは、消防署(89局9751番)へ、お問い合わせください。
日時 9月6日(土曜)・7日(日曜)の午前10時から午後3時まで(小雨決行)
会場 東三河ふるさと公園管理棟
内容 応急手当セミナー(胸骨圧迫、AED(自動体外式除細動器)取り扱い)、救急隊員によるデモンストレーションや消防車両の展示など

  • 救急車の適正な利用をお願いします

 最近、軽いけがや病気などでの救急車の利用が増えており、重症患者に対する救急車の到着が遅れ、助かるはずの命を救えなくなることが心配されます。救急車の適正利用を心掛けましょう。
 また、救急車を呼ぶときは慌てないで、(1)どこで(住所・付近の目標)(2)誰が(氏名・性別・生年月日)(3)どうした(事故の種類・けがの程度・意識の有無・持病やかかりつけの医療機関など)―をお話しください。

重症患者の受入体制を充実します
 市民病院では、救急搬送や緊急な入院への対応を充実させるため、9月から救急病床を4床増やし、計24床となります。
 なお、救急センターでは、看護師が患者の症状について重篤か、悪化する恐れがないかなどの優先順位を判断した上で適切な診療を行っています。そのため、場合によっては診療順が前後したり、待ち時間が長くなることがあります。
 詳しいことは、市民病院(86局1111番)へ、お問い合わせください。

看護師・准看護師の再就業を支援します
 市では、看護師・准看護師の資格をお持ちで、現在、何らかの事情で看護職についていない方を対象に、医療機関への復帰を支援する看護職再就業支援研修を実施します。
 詳しいことは、保健センター(89局0610番)へ、お問い合わせください。
コース・期日・時間・会場・内容 下表のとおり
定員 各回15人
受講料 無料(臨地実習コースは保険料として、1千700円程度が別に必要)
申し込み 8月18日から9月5日まで受け付け。直接、または電話で、保健センター、または豊川市医師会(86局7606番)へ
その他 10月2日(木曜)・3日(金曜)・8日(水曜)については、託児(1歳以上の未就学児5人まで。1人につき100円が必要)があります。申し込み時に、受け付け

コース、期日、時間、会場、内容
技術コースA、10月2日(木曜)、10:00~12:00、保健センター、心肺蘇生法(AED含む)、吸引など
技術コースA、10月2日(木曜)、13:00~15:00、保健センター、採血、感染対策など
技術コースB、10月3日(金曜)、10:00~12:00、保健センター、導尿留置カテーテル、褥瘡予防対策など
技術コースB、10月3日(金曜)、13:00~15:00、保健センター、注射法(筋肉注射・静脈注射、輸血管理など)
臨地実習コース、10月6日(月曜)・10月7日(火曜)、 9:00~16:00のうち研修実施医療機関の指定する時間、医療機関での臨地実習
臨地実習コース、10月8日(水曜)、10:00~12:00、保健センター、臨地実習を踏まえた検討会・修了式

注記:技術コースA・Bの片方だけでも受講できます。また、臨地実習コースの受講は、技術コースA・Bのいずれかを受講した方に限ります。

サトコン!を初開催
天平の里史跡めぐりで男女交流活動
 市では、天平ロマンの夕べの開催にあわせ、天平の里にある史跡を周知するとともに、男女交流の場を提供することを目的として、「サトコン!(天平の里めぐりで男女交流活動)」を開催します。
 詳しいことは、企画政策課(89局2126番)へ、お問い合わせください。
日時 9月20日(土曜)午後2時から5時まで(雨天の場合は21日)
集合場所 三河天平の里資料館
会場 三河国分尼寺跡史跡公園他内容 オリエンテーリング、天平の里ボランティアガイドによる史跡めぐり、手作り体験活動など
対象 概ね40歳未満で未婚の方(在住場所・結婚歴・子どもの有無は問いません)
定員 約20人(男女各10人程度)
参加費 無料
申し込み 所定の用紙に記入の上、直接、郵送、またはEメール(kikaku@city.toyokawa.lg.jp)で、企画政策課(〒442―8601諏訪1の1)へ。市ホームページからも応募できます。用紙は、企画政策課(本庁舎2階)、生涯学習課(音羽庁舎2階)、各支所などにあります(市ホームページからもダウンロード可能)。応募者多数の場合は市内在住の方を優先の上、抽選
申込期限 8月29日(金曜)=消印有効

駐車場の利用規制のお願い
 8月23日(土曜)(雨天の場合は24日)の「豊川手筒まつり」の開催に伴い、中央図書館東側・西側駐車場は、午後3時で閉鎖します。中央図書館・ジオスペース館は、通常通り、午後6時まで開館とさせていただきます。ご理解とご協力をお願いします。
 詳しいことは、中央図書館(85局5536番)へ、お問い合わせください。

赤坂の舞台
小屋掛け作業見学会
 明治時代の農村舞台を今に残す「赤坂の舞台」では、10月5日(日曜)に開催される歌舞伎公演に向けて、小屋がけの会の手で、「小屋掛け」と呼ばれる特設観客席の設営を行います。作業終盤の屋根作りの様子や舞台の裏側を見ることができます。
 詳しいことは、生涯学習課(88局8035番)へ、お問い合わせください。
日時 9月13日(土曜)午前10時から11時まで(雨天決行)
集合場所 音羽支所
参加費 無料
申し込み 当日、集合場所へ
その他 車でお越しの際は、音羽支所駐車場をご利用ください

私立幼稚園の来年度入園者を募集します
子ども課電話:89ー2133
 各園では、それぞれ特色を生かし、幼児の発達に応じた楽しい保育を行っています。また、保護者の負担を軽くするため、授業料の一部を補助する制度もあります。なお、入園要項・願書の配布は9月1日(月曜)から、願書の受け付けは10月1日(水曜)から、各幼稚園で行います。
 詳細については、各幼稚園へ、お問い合わせください。

募集幼稚園(50音順)入園説明会日時
愛知双葉幼稚園(下野川町)
電話:86-54069月11日(木曜)10:30~
光明寺幼稚園(西豊町)
電話:86-28799月10日(水曜)10:30~
西明寺幼稚園(八幡町)
電話:87-26619月12日(金曜)10:30~
豊川幼稚園(幸町)
電話:86-25149月12日(金曜)13:30~
豊川東幼稚園(末広通)
電話:86-26079月17日(水曜)13:30~
花井幼稚園(新宿町)
電話:86-44169月18日(木曜)10:30~

本年度の国民健康保険料率を
お知らせします

平成26年度の国民健康保険料率
 平成26年度の年間保険料は、3つの区分の合計額となります。介護分保険料は、40歳以上65歳未満の方(介護保険第2号被保険者)だけに掛かります。なお、資産割は、平成26年度分から廃止となりました。
区分、内容、医療分料率、支援金分料率、介護分料率
所得割額、平成25年中所得から33万円を差し引いて右の率をかけた額、100分の5.8、100分の1.8、100分の1.7
被保険者
均等割額、被保険者1人当たり、26,900円、8,500円、9,400円
世 帯 別
平等割額、1世帯当たり、22,000円、6,900円、5,200円

 平成26年度の保険料率が左表のように決まりました。保険料は(1)所得割額(被保険者の前年所得に応じて計算)(2)被保険者均等割額(被保険者1人当たりで計算)(3)世帯別平等割額(1世帯当たりで計算)の合計額が1年分となります。
 この保険料率により、年間保険料を本算定として計算し、仮決定による第1・2期分を差し引いた金額を、第3期以降の6回に分けて納めていただきます。特別徴収(年金天引き)は、年間保険料から4月・6月・8月分を差し引いた金額を、10月・12月・2月の3回に分けて納めていただきます。
 また、特別徴収の対象者は、被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯で、被保険者である世帯主が原則として年間18万円以上の老齢基礎年金などを受給しており、国民健康保険料と介護保険料の合計額が老齢基礎年金などの年金受給額の2分の1を超えない方です(平成26年度中に65歳、または75歳に到達する方を除く)。ただし、口座振替で保険料を納めており、未納のない方は口座振替が継続されます。
 なお、本年度の賦課限度額(年額)は、医療分保険料が51万円、後期高齢者支援金分保険料が16万円、介護分保険料が14万円です。 本算定の保険料は、8月中旬に郵送で「平成26年度納入通知書」としてお知らせします。
 詳しいことは、保険年金課(89局2118番)へ、お問い合わせください。

  • 保険料の減免制度(申請必要)

 平成26年4月1日現在、世帯主が次のいずれかに該当する世帯は、保険料の減免が受けられます。
減免が受けられる世帯 (1)20歳未満の子どもを養育している母子・父子・寡婦世帯で、世帯の合計所得金額が125万円以下の世帯(2)身体障害者手帳▽療育手帳▽精神障害者保健福祉手帳―の交付を世帯主が受けており、世帯の合計所得金額が125万円以下の世帯
申し込み (1)に該当する世帯は「平成26年度納入通知書」と母子医療受給者証を、(2)に該当する世帯は「平成26年度納入通知書」と該当の手帳をお持ちの上、保険年金課(本庁舎1階)へ
その他 国民健康保険から後期高齢者医療制度へ移行した方がいることにより、その世帯の国民健康保険の加入者が1人となった世帯を「特定世帯」といいます。特定世帯になった月から5年を経過する月の属する年度までは、国民健康保険料の医療分と支援金分の平等割額は2分の1を軽減して算出されます。
 また、特定世帯となってから5年を経過する月の属する年度以降も引き続き国民健康保険と後期高齢者医療制度に分かれている世帯を「特定継続世帯」として、国民健康保険料の医療分と支援金分の平等割額は4分の1を軽減して算出されます

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る