このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊川市 きらっと☆とよかわっ!
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • モバイルサイト
  • English
  • Portugues
  • Espanol
  • 中文
  • Tiếng Việt
  • サイトマップ
  • くらし・手続き
  • 子育て・学校
  • 催事・文化
  • 公共施設
  • 市政情報
  • きらっと☆とよかわっ!
サイトメニューここまで


本文ここから

「広報とよかわ」2016年1月号(MY COLOR)

更新日:2015年12月21日

MY COLOR

きらっと☆とよかわっ!輝くひとVol.10
さまざまな分野で活躍する豊川市出身のトップランナーを紹介します

ささいなことでも感謝できる
それは山でしか味わえないこと

〈アルピニスト〉 稲吉 佑紀さん

稲吉 佑紀さんの写真

平成25年、日本人女性14番目となるエベレストの登頂を果たし、昨年、世界で2番目の標高を誇る「K2」踏破に挑んだ稲吉佑紀さんにお話を伺いました。
 
 子どもの頃から、キャンプや山登りに親しんでいたいた稲吉さん。アルピニストとして、本格的に活動を始めたのは、25歳のとき。剣岳、穂高岳など標高3千メートル級の山々を踏破する中、さらに高い山へ登りたいという思いから、豊橋山岳会に入会。
 夢であったエベレストへの挑戦は、30歳のときだった。「登っている時は、苦しさよりも、チャレンジできているということが何よりもうれしかった」と話す。それでも、世界最高峰の登頂は過酷を極めた。標高6千メートルから7千メートルにかけて、徐々に高度を上げながら体を慣らす作業を繰り返す。こうした作業に体が順応せず、頭痛や倦怠感に襲われ、寝ているときでさえ心拍数は100を超える状態が続いた。しかし、この状況下で登頂を果たすも、想像するほどの達成感を得ることはなかった。それは「日常で経験する緊張感をはるかに超える環境にいたため、感情さえも停止した状態になっていた」と振り返る。
 そして、昨年6月、さらなる高みを目指す。山頂へのルートはエベレストよりも険しく、多くのアルピニストが命を削り踏破を目指す「非情の山」K2。「同行者が落石により骨折するなど、雪崩や落氷に神経をとがらせる緊迫した局面が続いた」
 結果は、登頂断念。天候不順に加え、感染症による体調不良を起こしたことが原因だった。同行するドクターから、下山するように指示をうけた時は、悔しくて涙が止まらなかった。それでも、「できれば来年、もう一度挑戦をしたい。それまでに、体づくりに力を入れていきたい」と気持ちを切り替えている。
 K2登山を経て、常に危険と対峙する高所登山の魅力を「極限の環境下では、ささいなことも感謝の気持ちが生まれる。苦しいという感情でさえ楽しいと思うことができる」と語る。
 視線の先には、挑戦を待つ、名だたる世界の山々が広がっている。

プロフィール

稲吉 佑紀(いなよし ゆき)

御津南部小学校、御津中学校、御津高校、愛知大学を卒業。2013年、日本人女性14番目となるエベレスト登頂を果たす。現在、豊橋山岳会に在籍

お問い合わせ

企画部 秘書課
所在地:442-8601
豊川市諏訪1丁目1番地
電話:0533-89-2121 ファックス:0533-89-2124

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊川市役所

〒442-8601 愛知県豊川市諏訪1丁目1番地 電話:0533-89-2111(代表)
開庁日時:月曜から金曜 午前8時30分から午後5時15分 閉庁日:土曜・日曜、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
法人番号:1000020232076(法人番号について
Copyright © Toyokawa City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る